のん

恋は雨上がりのようにののんのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.1
小松菜奈の吸引力

おっさんと女子高生の痛い恋愛劇だと侮るなかれ。
「恋は雨上がりのように」は真っ直ぐな青春映画であり、胸が晴れるような爽快感がラストに待っている。


永井聡監督はさすがMVの出身だけあって、全てのシーンが画になる。かつ音楽の入れ方がとても巧みで、テンポよく物語を紡いでいる。


その中心にいるのは小松菜奈であり、彼女の吸引力が作品全体を引っ張る。


対する大泉洋は何をやっても大泉洋なわけだが、冴えないおっさんをやらすと天下一品。小松菜奈との対比が鮮やかで、ダメダメだけど憎めない中年像を見事に体現している。


小松菜奈みたいな女子高生がファミレスで働いていること自体がフィクションのようで、かつそんな可愛い子がおじさんを好きになる展開はこれはもうアベンジャーズを超えるとんでもないファンタジーでありSFな世界だが、梅雨にはぴったりの心が晴れる快作。