ビアンコネッリ:ユヴェントス・ストーリーの作品情報・感想・評価

ビアンコネッリ:ユヴェントス・ストーリー2016年製作の映画)

Black and White Stripes: The Juventus Story

製作国:

上映時間:129分

4.2

あらすじ

「ビアンコネッリ:ユヴェントス・ストーリー」に投稿された感想・評価

あっこ

あっこの感想・評価

4.8
WORLD PREMIERE TOUR TOKYOという上映会にJCGが招待していただいて観たのが2017年。その後、あちこちのイベントで上映がかかる度に観てる。
Juventiniである双子の監督が9年かけて作ったアニェッリ家とJUVEのドキュメンタリー。
スキャンダルや低迷期のことまでちゃんと描きつつ、最後は小気味よく終わるから何回観てもいいんだよね〜。
惜しむらくは、女性の言葉の日本語字幕をラフな男言葉で入れちゃったことくらい。ちゃんとチェックしようね〜
面白かった。ジャンニ・アニェッリが男前すぎる。アレがユーヴェでの最後の試合の時の映像もあって、「ああ自分はあの時あの場にいたんだなぁ」と感慨深く観てしまった。
久しぶりにボヌッチのあの後頭部の「30」見た(笑)
それにしても、ラポ・エルカーンですよ。ジョンもアンドレアもきちっと座って話してるのに、ラポだけリラックスし過ぎ(笑)あとジジの周りで虫が飛びまくってるのが気になりました。

インテルとラツィオの試合を裏で確認しつつ、試合してた時の様子をアレとパヴェルが話してるんだけど、パヴェルが代表での同僚を信じてなさ過ぎて笑った。あと、「どっちがどっち?」と聞いてる様子を話すアレがいかにも伊男子。
エモ

エモの感想・評価

3.7
ユベントス好きとしてはとても勉強になるドキュメンタリーでした。
経営する家族の思いなど常勝軍団を築く難しさをリアルに描けていたので、サッカーファンとしては凄く勉強になる作品です。
ミラン、インテルは完全に悪といった演出に少し偏りを感じました。

あなたにおすすめの記事