ねこ無双さんの映画レビュー・感想・評価

ねこ無双

ねこ無双

野獣死すべし(1969年製作の映画)

4.0

連投につきスルーしてください
(,,ᴗ ᴗ,,)ペコ


🐾
シャブロル監督作。
子供を殺された男の復讐の軌跡を描く。
復讐者の複雑な心理描写は細やかに感じたけど、今まで観たシャブロル作品で感じた不
>>続きを読む

トーテム 呪いの首飾り(2017年製作の映画)

3.8

鬼作『デッドガール』(2008年)を撮ったサーミエント監督の次作
(『デッド・ガール』2015年の方じゃないです。そちらも好み)

母の死後、高校生の長女と幼い次女、そしてパパの3人で仲睦まじく暮らし
>>続きを読む

パペット・マスター(1989年製作の映画)

3.5

リメイク(2018年度版)は観ていたので、いつか本家をと思っていた。CS放映でやっと鑑賞。
なんとシリーズは多分Ⅺまで、その後も何作か(日本未公開作も含む)あるという人気シリーズなのです。
全体的なゆ
>>続きを読む

ミートキュート 最高の日を何度でも(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ラブコメ風なのにかなり気の狂ったタイムトラベルもの。
ここからはほんとにほんとにネタバレなので、観てない人は読まないでくださいね☺️









幸せな1日を繰り返すために今日もその日を繰
>>続きを読む

バージン・ゾンビ/悪魔の死霊軍団(1971年製作の映画)

3.8

連投につきスルーしてください
(,,ᴗ ᴗ,,)ペコ


🐾
ジェス・フランコ版と、それに追加撮影・編集したジャン・ローラン版。
両方鑑賞。
個人的偏愛映画(なので参考にはなりません)

私はジャン
>>続きを読む

1942奇談(2007年製作の映画)

3.8

古き日本の怪談を思わせる韓国ホラーミステリー。
静寂に響く研ぎ澄まされた音、恐怖を増幅させる間、演出にとても好感が持てる。
和と韓国様式とモダンが組み合わさったしっとりとした映像美。
愛情が哀しみと恐
>>続きを読む

バーバリアン(2022年製作の映画)

4.3

オンラインで民泊を予約した女性。
激しい雨の中たどり着いた民泊先の一軒家にはダブルブッキングで先着の男がいた。
そこから始まる恐怖の体験。

前半は先入観を利用した展開。
ビル・スカルスガルドが効果的
>>続きを読む

恐怖のいけにえ(1980年製作の映画)

3.8

田舎町のお祭りを取材に訪れた女性たち3人組。
手違いで宿が取れず、親切な小博物館の主人の案内で彼の自宅に泊めてもらうこととなる。
館長は妹さんと二人暮らし。妹さんは怯えた様子でどこか変だ。
そしてひと
>>続きを読む

悪霊少女/ドーン・オブ・ザ・デッド・チャイルド(1977年製作の映画)

3.8

連投になりますので、
例の如くこちらはスルーしてください。

🐾

怪奇なムード満点の70年代ホラー。
恐るべき少女の物語。

田舎の森の奥深く、大きなお屋敷で父と兄と暮らす少女のところへ子守のお仕事
>>続きを読む

ディアスキン 鹿革の殺人鬼(2019年製作の映画)

4.0

『地下室のヘンな穴』のカンタン・デピュー監督のホラー作品。

ホラーだと思って観て観たら実際はホラーじゃない!って映画ってあると思うんですけど、これはそんな映画ではないでしょうか?
ホラーというよりも
>>続きを読む

私のプリンス・エドワード(2019年製作の映画)

4.0

連投につきこちらどうぞスルーで。


ラブコメかな?、と思ったけど違う。
自由選択をしているようで、実は不自由な選択でしか生きられない女性。
その揺れ動く心の描写がうまい佳作。
不自由な選択で生きてい
>>続きを読む

シェラ・デ・コブレの幽霊(1964年製作の映画)

3.5

アメリカで過去余りにも恐ろしすぎるという理由でお蔵入りになったといういわくつきの映画。
日本では見ることが出来ない伝説の映画ということで一時期真面目に海外版買ってみようかなと思ったほど。
そんな映画が
>>続きを読む

パペット・キラー(2019年製作の映画)

3.5

幼い少年ジェイミーは母の影響で無類のホラー映画フリーク。
傍らにはいつも仲良しのパペット人形。
だが主人公の継母が行方不明になったのを境に、そのパペット人形は地下室にしまわれ、忘れられていた。
それか
>>続きを読む

イエス様 マリア様 ヨセフ様(2018年製作の映画)

4.0

『ジャッリカットゥ 牛の怒り』の監督作品。
タイトルから想像するような宗教色はあまり感じなかった。
インドの漁村に暮らす一家に起きた家長の突然死。
一家の長男の願いは死んだ父と生前約束していた豪華な葬
>>続きを読む

吸血鬼(1932年製作の映画)

4.0

カール・テオドア・ドライヤー監督の初のサウンド映画。

クルタンピエールという村に辿り着いた青年。
彼が知り合う館の主とその二人の娘たちは正体不明の邪悪なものに脅かされていた。
主人から託されたパウル
>>続きを読む

スケア・キャンペーン(2016年製作の映画)

3.8

記録です🎞(スルーしてください)

褒められてる方多数でずっと気になっていた。
実際観てみたら…おっ面白い。
RUNTIMEも短くて、展開も早いのでENDまであっという間。
どっきり番組を作る人たちの
>>続きを読む

フィニアスとファーブ/マーベル・ヒーロー大作戦(2013年製作の映画)

3.8

「ペリーどこだ?」
「呪ってやるカモノハシペリー!」
のいつものセリフそのままに。
フィニアスとファーブの世界にMarvelヒーローたちがやってきた!

謎の光線によってスーパーパワーを失ったヒーロー
>>続きを読む

ダーケストアワー 消滅(2011年製作の映画)

3.5

連投・短評につきスルーしてください🫠

電磁波のエイリアンらしく、
マッハで追いかけてくる。
それに飲み込まれると竜巻みたいに巻き込まれ、砂塵のように体が粉砕されてしまうのが見もの。

やつらに狙われ
>>続きを読む

センチネル(1977年製作の映画)

4.3

主人公は売れっ子ファッション広告モデル。
都心から20分程離れた郊外に移り住んだことが恐怖のはじまり。
そこは豪奢な邸宅の各室をアパートメントとしている賃貸物件。
そこで出迎えてくれたのは奇妙な住人た
>>続きを読む

テリファー(2016年製作の映画)

4.0

ピエロもの🤡3連チャン③

『テリファー2』が来るという事で、
せっかくアマプラにピエロホラーもの3作あるので続けて観てみました。
①クラウン
②道化死てるぜ
③テリファー

今までなんとなく手が伸び
>>続きを読む

道化死てるぜ!(2012年製作の映画)

3.5

ピエロもの🤡3連チャン②

🐾感想は『テリファー』にまとめました

クラウン(2014年製作の映画)

3.3

ピエロもの🤡3連チャン①

🐾感想は『テリファー』にまとめました

ガール・アンド・スパイダー(2021年製作の映画)

4.0

連投ですのでスルーしてくださいませ🫠

意味深な視線、意味深な会話、特に衝撃的な事件が起こるわけじゃ無いのに、何故か最後まで目が離せない群像劇。

3人でルームシェアしていたが、そのうち1人の女性が出
>>続きを読む

マーベル・スタジオ スペシャル・プレゼンテーション:ウェアウルフ・バイ・ナイト(2022年製作の映画)

3.5

モノクロ映画。
本編の前に見てた予告編が好みど真ん中で素晴らしすぎた!
クラシックな恐怖映画こてこて、しかも狼人間!

ところが本編鑑賞してみると、予告編とはかなり雰囲気違った作品となっていて…とって
>>続きを読む

アデルの恋の物語(1975年製作の映画)

4.0

不毛な愛情の記録。
ヴィクトル・ユゴーの次女アデルの日記、実話を基にした物語です。

アデルは愛する男(イギリス士官)を追いかけ、単身カナダへ渡る。
再会した男からもう愛していないとはっきり拒絶された
>>続きを読む

血の本(2020年製作の映画)

4.0

クライヴ・バーカー
(ヘル・レイザーやミッドナイト・ミートトレインなどで知られる)のホラーアンソロジー「血の本」をベースにした3つのオムニバス。

それぞれの話の始め、小タイトル画面には人間の皮膚が裂
>>続きを読む

アッテンバーグ(2010年製作の映画)

3.3

連投なのでスルーしてください🙇‍♀️

性への関心と無関心、好奇心と嫌悪、双方持つ女性が性と死を受容してゆく(過程を描いているように私には思えた)。

主人公は父親と二人暮らし。
父は病が進行しつつあ
>>続きを読む

アクアスラッシュ(2019年製作の映画)

3.8

(低評価だけど私は楽しめましたよ〜というシリーズ)

犯人、意外とじみ〜な手作業で仕掛け作ってるんですよ…!
そして刃物の切れ味抜群過ぎて。
骨ごとスパスパ。
今は難しい事考えたくない!気楽にぽかんと
>>続きを読む

セイント・フランシス(2019年製作の映画)

3.8

連投なのでスルーしてください🫠

ーーー

34歳、シングル。
大学は途中でドロップアウト。仕事はダイナーのウェートレス。
そこへ舞い込んだ同性婚カップルの娘を世話する仕事。
そこから主人公と依頼主一
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.8

火星の未確認生命体を採取。
宇宙船に持ち込み、クルーたちはその観察を始めるのだが…。

序盤はナメクジみたいな形態に発狂しそうになり、ほんとに家で変な声出ました。
劇場で観てたら、きっと震え上がって大
>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

3.8

原作は未読です!

ちゃんと暴走列車ものでもあるのが良い!
キャラクターもみんないい!
メンタルヘタレなプラピもいいし…侍、真田さんもステキ!
舞台が日本とは思えないようなオリエンタル異国テイストなの
>>続きを読む

殺しを呼ぶ卵(1968年製作の映画)

3.8

愛人と一緒になりたくて妻が邪魔な男。
でも財産家の妻と別れると無一文になってしまうため、なかなか離婚へ踏ん切ることが出来ない。
そこで妻を亡き者にしたいと考えるようになる…。

主演はジャン=ルイ・ト
>>続きを読む

ブエノスアイレス 4Kレストア版(1997年製作の映画)

4.8

香港からアルゼンチンへ旅に出たカップル。
やり直しの旅になるはずが、二人の男はぶつかり合い離れては再会を繰り返す。

意外とモノクロ多め、そして深い赤と緑の世界。
異邦人の二人。
どうしても辿り着けな
>>続きを読む

少年には楽しい夏休みと新鮮な空気が必要だ(2018年製作の映画)

4.3

『ビヨンド・サイレンス』のカロリーヌ・リンク監督の作品。

いつもならスルーしてたジャンル。
そんな私でも素直にステキだと思えた。
巡りあわせてもらえて良かったです。

ドイツの実在のコメディアン、エ
>>続きを読む

勤務につけ!(2018年製作の映画)

3.8

連投なのでスルーでOKです。

『地下室の変な穴』のカンタン・デュピュー監督作品。

死体の第一発見者の男と、それを取り調べする警視。
話が脱線ばかりするせいで一向に進まない取り調べ。
警視が席を外す
>>続きを読む

マンディブル 2人の男と巨大なハエ(2020年製作の映画)

3.3

連投なので、スルーでOKです。

『地下室の変な穴』のカンタン・デュピュー監督作品。

車のトランクを開けたら、巨大なハエがはさまっていたのを発見する二人。
ハエをなんとか調教しようとする二人だったが
>>続きを読む

>|