ジャン黒糖さんの映画レビュー・感想・評価

ジャン黒糖

ジャン黒糖

映画(2157)
ドラマ(0)
アニメ(0)

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

3.3

アメリカで実写邦画史上No.1ヒット、アカデミー賞でも視覚効果賞ノミネートされるなど、興行・評価共に既に輝かしい記録を叩き出している日本が世界に誇る和製ゴジラ最新作。
山崎貴監督による、SNS上でのハ
>>続きを読む

ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突(2024年製作の映画)

3.6

計画外だったけど、三連休初日から雨ということで家族総出、思いつきで行ってきました公開初日のウルトラマンブレーザー劇場版!

自分はウルトラマンティガドンピシャ世代ながら、ほとんどウルトラマンシリーズは
>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

3.7

ヨルゴス・ランティモス監督ギリシャ時代の作品。
本作は2009年のカンヌ国際映画祭である視点部門グランプリ受賞、翌年のアカデミー賞では外国映画賞にノミネートされ、ギリシャ映画界を牽引する若手監督として
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

3.8

一躍その名が知れ渡ったきっかけともなったランティモス監督、初の英語圏作品『ロブスター』。
自分も公開当時からこの作品の存在は知っていたものの、結婚しないと動物に姿を変えられてしまうという奇妙な世界観と
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.9

『哀れなるものたち』鑑賞以降、完全にランティモス監督の沼にハマってしまったわし。
いままで一作も観たことがなかったことが悔やまれると同時に、立て続けに初見で監督作を観られる喜びを味わっております。
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.1

『哀れなるものたち』が話題のランティモス監督&エマ・ストーン初のタッグ作。

面白い!!
え!これ史実なの?!

【物語】
18世紀初頭、フランス王国との渦中にあった英国の君主アン女王は健康状態があま
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.5

ヨルゴス・ランティモス監督×エマ・ストーン三度目のタッグにして、ベネチア国際映画祭で金獅子賞受賞、今年度第96回アカデミー賞で大本命『オッペンハイマー』に次いで11部門ノミネートされている話題作。
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.9

人類史上初めて月面着陸を果たした男の半生を、デイミアン・チャゼル監督が映画化!
主人公ニール・アームストロングを演じるのは同監督前作『ララランド』に引き続き、ライアン・ゴズリング。
チャゼル監督作の自
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.7

2016年に公開され賞レースでは軒並み受賞、第89回アカデミー賞では13部門14ノミネート、うち監督賞、主演女優賞を含む6部門で受賞した言わずもがな2010年代を代表する一本。
作品賞発表の瞬間には本
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.8

『バビロン』のデイミアン・チャゼル監督が弱冠28歳の時に撮った商業長編デビュー作。
狂気じみた鬼教師フレッチャーを演じたJ・K・シモンズの助演男優賞や編集賞、録音賞の3部門でアカデミー賞最優秀賞を受賞
>>続きを読む

バビロン(2021年製作の映画)

3.5

デイミアン・チャゼルが1920年代のハリウッドを舞台に描く大作!
賛否両論ある、と云われている所以もまぁ納得の部分もありつつ、個人的にはこれの次に撮る監督作がどんな映画になるのか、寧ろ凄く楽しみになり
>>続きを読む

Saltburn(2023年製作の映画)

4.5

『プロミシング・ヤング・ウーマン』のエメラルド・フェネル監督、またしてもやってくれた!
というか、改めて2作を通じてこの監督の作風が自分にはめちゃくちゃ好きだと思った!

【物語】
2006年、オック
>>続きを読む

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

4.2

昨年のカンヌにて柳楽優弥以来、日本人2人目となる男優賞に輝いた役所広司主演、監督はなんとヴィム・ヴェンダース。
とても静謐な作品ながら、人生の意味を見出される哲学的な味わい深さのある一本でした!

>>続きを読む

ザ・ホエール(2022年製作の映画)

3.7

トムばかり感想投稿し続けたのでそろそろ、と2023年に観た映画の感想も。
2023年のアカデミー賞にてブレンダン・フレイザーが主演男優賞を受賞したこちらの作品。

【物語】
オンライン教室で授業を行っ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE(2023年製作の映画)

3.7

やっとここまで来た、シリーズ最新作。
あと1作で終わっちゃうってちょっと寂しいけど、現役最高を更新し続けるトムの、おそらくは老いへの抗いも考えるともう感謝しかない、そんな一作!

【物語】
高度且つ最
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.4

トム映画連続感想16本目&シリーズ6作目!
シリーズ集大成的な要素もありつつ、アクション映画史をさらに更新するような危険スタントもあり、シリーズ中でも自分は本作が1番好きです!

【物語】
シンジケー
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

2.6

トム映画連続感想15本目!
稀代のスーパースター、トム・クルーズが次に挑戦したのはまさかの古典映画『ミイラ再生』のリメイク作!!
自分はこのタイミングで今回初めて鑑賞した!
いまとなってはダークユニバ
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.9

トム映画連続感想14本目!
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』で初タッグとなったダグ・リーマン監督との2本目!!
邦題も相まって勘違いしちゃうけど、本作はあくまでも実話を題材にしたフィクションであり
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

4.1

トム映画連続感想13本目!そしてシリーズ5作目!
シリーズで個人的に1番好きなのは次作『フォールアウト』だけど、映画の完成度としては本作が1番じゃないか?!
これぞスパイ映画としての醍醐味である騙し騙
>>続きを読む

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.1

トム映画連続感想、12作目!
この作品は公開当時観たのだけれど、今回見直したらポスターにあるようなビジュアルと、オルガ・キュレリンコがモノクロで出てくる場面以外、全くといっていいほど覚えてなかった!!
>>続きを読む

ロック・オブ・エイジズ(2012年製作の映画)

2.8

トム映画連続感想、11本目!
こちらは初めて観ましたブロードウェイの同名人気ミュージカルの映画化!!
監督は『ヘアスプレー』などのアダム・シャンクマン!

【物語】
舞台は1987年のLA。
シンガー
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

3.6

トム映画連続感想、10本目!
シリーズ4作目、製作がトム・クルーズ×ポーラ・ワグナー体制からトム・クルーズ×J・J・エイブラムス×ブライアン・バーク体制に変わり、監督はまさかのアニメ界からブラッド・バ
>>続きを読む

ナイト&デイ(2010年製作の映画)

4.0

本当はチャチャっと『デッドレコニングPART1』までシリーズ7本を投稿しようと思ってたのに、「他のトム作品もちゃんと感想書くか…」と妙な使命感が湧いて、本作でやっと9本目。笑

そして妙な使命感が湧い
>>続きを読む

トロピック・サンダー/史上最低の作戦(2008年製作の映画)

3.9

トム・クルーズ映画の感想を投稿し続けた結果、自分のfilmarks上のMypageがトムの顔だらけになってきました笑
綺麗な横顔ねぇ。

さて、ジャケットには映っていないけど引き続きトム繋がりで本作!
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

3.7

トム・クルーズ作品を投稿し続けてやっとシリーズ3作目!
監督は『エイリアス』『LOST』などのドラマシリーズを手掛けてきたJ・J・エイブラムス!

ミッションインポッシブルシリーズのレビューとかを観る
>>続きを読む

ラスト サムライ(2003年製作の映画)

3.6

トム・クルーズ主演、日本を舞台とした大作映画!
日本からは渡辺謙、真田裕之、小雪、原田眞人(そしてまだ子供だった池松壮亮!)ら、日本人キャストがそのまま日本人役として出演。
言語も英語と日本語がおよそ
>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.7

スピルバーグの偏愛的、悪趣味的なディテールへのこだわりと、トム・クルーズとの初コラボによるマリアージュを感じる一本。笑
公開当時小学生の自分は何遍も映画館に観に行くお金も当然ない訳で、「映画館に行った
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.2

大人気スパイ映画シリーズの第二弾!
前作のブライアン・デ・パルマ監督にかわって次に撮ったのはまさかのジョン・ウー!
前作とはガラリと作風が変わったことが上映開始5秒でわかるぞー!笑

【物語】
研究者
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

4.0

言わずと知れた名匠スタンリー・キューブリック監督の遺作にして、当時実際に夫婦関係にあったトム・クルーズ&ニコールキッドマンが夫婦役で共演した本作。
昔、学生のときにキューブリック監督作を一気見して以来
>>続きを読む

ザ・エージェント(1996年製作の映画)

3.5

同じくトム・クルーズ主演の人気作『ミッション:インポッシブル』と同年公開(日本公開は翌97年)され、実はこのタイミングになって初めて観た本作。

【物語】
大手スポーツ・エージェント会社SMIの敏腕エ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.6

何回も鑑賞したことあるシリーズだけど、感想を残したことがなかったので、PART2を観終わったらもう書き残すタイミングも失せるだろうからこのタイミングで書いておく!笑
言わずとしれた、トム・クルーズの代
>>続きを読む

MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない(2022年製作の映画)

4.1

今年も8月になりまして、プロフィールに載ってるいまだに完成していなかった2022年ベストを完成すべく、トップ10最後の1本がこちら!

【物語】
小さな広告代理店で働く吉川朱海は、憧れの大手広告代理店
>>続きを読む

RRR(2022年製作の映画)

3.9

昨年、日本に先駆け公開されたアメリカでヒットを記録していることをIMDbで知ったときから、気になっていた本作。
なにしろ自分にとって人生ベスト級の1本となってしまった『バーフバリ』二部作の監督SSラー
>>続きを読む

しん次元!クレヨンしんちゃんTHE MOVIE 超能力大決戦 〜とべとべ手巻き寿司〜(2023年製作の映画)

1.9

子供たちと観てきましたクレしん最新作!
上映したばかりの作品にこれいうのも申し訳ないけど…子供と一緒に観るにはキツく、残念ながら今年ワースト候補です…!!
子供たちが楽しめなかったら本末転倒だよ…!
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

4.5

アマプラで視聴可能なセリーヌ・シアマ監督作、ついにこれで3本目の鑑賞、『燃ゆる女の肖像』

【物語】
画家のマリアンヌは貴婦人からの依頼で娘エロイーズのお見合い用の肖像画を描くため、彼女らが暮らす島を
>>続きを読む

ガールフッド(2014年製作の映画)

3.4

『燃ゆる女の肖像』『秘密の森の、その向こう』のセリーヌ・シアマ監督2014年製作のフランス映画。

【物語】
郊外の集合団地に暮らすアフリカ系移民のマリエムは、仕事で忙しく普段家にいない母や地元の不良
>>続きを読む

>|