Pnoriさんの映画レビュー・感想・評価

Pnori

Pnori

ホラー大好き。特にゾンビ映画は大好物です。今までに見た作品もちまちまと記録しています。最近このアプリのシステムを理解しました(笑)

映画(128)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

7500(2013年製作の映画)

1.3

ご飯食べながら観るのが丁度いい映画(笑)

明らかに怪しい乗客。乗り合わせた乗客達は被ることなく職業もタイプも違い、何か秘密を持っていそう。
怪しい荷物。意味不明な行動。
対比するように取って付けたよ
>>続きを読む

ゾンビ・リミット(2013年製作の映画)

3.3

切ない…。
ただただ切ない。

ゾンビ映画が観たくて何気なく観た。
人を襲い恐怖に陥れるゾンビ映画とはちょっと違い一風変わったお話。
ストーリーは寄り道の少ない一本道。少々中だるみがあるが、お話にメリ
>>続きを読む

感染列島(2008年製作の映画)

3.0

もしも未知のウィルスが日本に入ってきたらどうなるのか?日本版アウトブレイク。
豪華俳優総出演!渾身の大作。
普段B級映画もどきばかり観ているので、豪華絢爛な俳優陣が眩しい眩しい(笑)

徐々に感染が広
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

4.3

日本のゾンビ映画に衝撃が走った。
アイドルがお色気か低予算か。底辺扱いでB級の部類だった(失礼)邦画ゾンビを一気にメジャーに押し上げた作品。

正直、観てびっくりした。
有名どころの俳優達が皆自分のイ
>>続きを読む

ザ・ピラミッド デビルズ・パワー(2013年製作の映画)

1.0

わはは。たまにはいいよねこういの。
ミュージックビデオ仕立てのホラー映画?
台詞が少ないので、居眠りにはもってこいですな。

入れたいシーンや観せたい演出を詰め込んだらお話は二の次になってしまった印象
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.3

何回も観ているんだけど、レビューを書く気が起きない映画。

色々詰め込んだ割には上手くまとまっていて面白い。だが、数ある中で後味の悪さはピカイチ。何回観てもピカイチ(笑)

真木栗ノ穴(2007年製作の映画)

2.0

あらすじを読んだだけで8割方お話の内容が読めてしまう作品ではあるが残りの2割にあるだろう、どんでん返しに期待して、ついつい最後まで観てしまった(笑)

血の凍るような恐怖は全く無く、お話は淡々と進む。
>>続きを読む

スペル(2009年製作の映画)

3.7

人を呪わば穴二つ。

自己中同士、女の意地の張り合いホラー(笑)
やられたらやり返す、呪われたら呪い返す!先に折れた方が負けとばかりに泥沼にハマっていく恐ろしいお話。

たとえ相手が腰の曲がった婆さん
>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.7

続きであって続きじゃない。本家の世界観と同じ「フィールド」で展開するお話という設定?(笑)

狭い閉鎖空間で繰り広げられるシチュエーションスリラー。
主な登場人物は3人。初めはそれで約100分
保つの
>>続きを読む

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

2.0

続けて3部を鑑賞。
もうテンションただ下がり(笑)

始めから終わりまで退屈で仕方がない。
キングギドラとの戦闘ですら退屈だった。

前作のレビューで、もう一つのテーマは異種族とか言ってたのが恥ずかし
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

2.8

1部から続けて鑑賞。

熱く激しいゴジラとの戦いにまたもや敗北した人類。だが絶望を受け容れるわけにはいかない。若者達に命運を任せたまま、迷走を始める。

1部の終盤のテンションをそのまま持っていくが、
>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

2.8

虚淵玄の脚本に期待して、実写ではできないゴジラ攻略をやってくれるのかと思い観てみれば…ちょっと肩透かしを喰らった感じ。

圧倒的で巨大生物の脅威に対し、貧弱で無力な人類。
滅びゆく運命を直視できず、藁
>>続きを読む

ゆりかごを揺らす手(1991年製作の映画)

3.3

今ではそう珍しくもないが、女の怖い怖い逆恨みの復讐劇。当時はその姑息なやり口に震え上がったもんです。食事しながら観ちゃったから箸が止まる止まる(笑)

恨まれるのは絵に描いたような理想の家族。
専業主
>>続きを読む

クローバーフィールド/HAKAISHA(2008年製作の映画)

3.6

新たなPOV撮影手法が出てきた(当時)

SF怪獣映画で逃げ惑う脇役な人々が中心になるお話で、着眼点が面白いし、それをPOV方式に持っていった発想がお見事。いや、逆か。POVだからこその蟻視点。

>>続きを読む

レック2(2009年製作の映画)

4.0

正に1の続き。コレだよコレ!純粋に続きが観たかったんだよ!

作品がちょっとヒットすると直ぐに続編を制作する昨今。前作が面白かったからヒットしたのに、それと同じでは進歩がないとおかしな方向に行ってしま
>>続きを読む

ウォーキング・ゾンビランド(2015年製作の映画)

2.0

狙い過ぎていて逆に面白くないというデススパイラル状態なのがより苦笑を誘う。

ボケも中途半端。中途半端なのに何度もボケてしつこい。ちょろっと触れてスルーみたいなシーンがあっても面白いと思うのだが。
>>続きを読む

ザ・ヴィレッジ(2016年製作の映画)

1.0

わぁ!ひっさしぶりに時間の無駄遣いしちゃったよ(笑)

冒頭のツカミは良かった。お兄ちゃんが死んだ動画の流出。何故か村を巻き込んだ大問題に。うんうん、トラウマだね、どうすんだ?と単純に興味が湧いた。
>>続きを読む

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

3.0

とにかく目が大きいアンハサウェイは美人でした(笑)

中盤辺りから先が読めた。主役ペアがロマンスな関係になった時、ラストまでを確信。
後は予想と答え合わせをしながら観てた感じ。

ジャンルとしては。サ
>>続きを読む

ザ・インシデント(2011年製作の映画)

3.0

結論から言えば結構好きですこういうの(笑)

常に狂気と常識のバランスが危うい精神病院というシチュエーションは面白い。

ただね、もう少しキャラクターにパンチが欲しかった。患者側のね。
何をするか分か
>>続きを読む

バイオハザード・アイランド(2012年製作の映画)

2.3

こんな邦題つけられて可哀想だなと思いつつ、やっぱりタイトルに負けないB級映画でした。

全体的にのっぺりとした印象。大した山も谷も無く、人物像も掘り下げが浅くぺらっぺら。誰が誰だか名前も覚えないまま、
>>続きを読む

オキュラス 怨霊鏡(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

過去と現在がクロスしながらストーリーが進んでいく。時系列を追う構成が良くできていて非常にテンポがいい。緩急もあってどんどん話にのめり込んでいって離してくれない(笑)

ひねりの効いた謎解きもなく、お話
>>続きを読む

ザ・モンスター(2016年製作の映画)

2.0

堂々とタイトルにモンスターとあるが、ダメ母とその母親に依存する娘の話が前面に出ているお話。

娘はまだ10歳だから甘えたいし、食わせてもらわな生きていけないからしょうがないかなと思いつつ、圧倒的に母親
>>続きを読む

キーピング・ルーム(2014年製作の映画)

1.5

スリラーじゃない。サスペンスでもない。

全編を通して静かに進むお話。
登場人物が少ないにもかかわらず、ほとんど家の中と離れの建物、その前の草原で展開され、状況説明も不親切。人物背景も見えにくい。
>>続きを読む

ホラー・ストーリーズ(2012年製作の映画)

3.3

最近妙に勢いのある韓国ホラー。オムニバス形式を見る機会があまりなかったけど、挑戦状を叩きつけられたので受けてみました。

結果。
なかなか面白かった(笑)

普段オムニバスは好んで観ないけど、4話とも
>>続きを読む

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち(2014年製作の映画)

2.3

精神病患者の扱われ方は時代が古くなればなるほど酷い。
医者は患者に治療と称した人体実験を行い研究材料にする。人間としての尊厳を奪い、踏みにじる事に罪悪感など無いに等しい。

そんな時代背景をベースにし
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.6

遺体安置所、検死官、火葬場。
このシチュエーションで期待しないわけがない(笑)

殺人事件には必ず出てくるおなじみの場所。検死官はかなりリスクの高い仕事であり、周りには死体がゴロゴロあるという恐怖映像
>>続きを読む

白い沈黙(2014年製作の映画)

2.0

のっけから雪。辺り一面が銀世界。静かなの雰囲気でどんなミステリーなのかと期待した。

…が、まず戸惑うのが時系列。何度も過去と現在が入れ替わるのに、とてもわかりづらくて不親切。
いつも外は雪。季節感も
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.8

ドキュメンタリータッチの心霊番組は昔から大好きだったので、あらすじを読んでワクワクして観た。

現象、調査、考察、解明or推測。
この流れをしっかりとストーリーに折り込んで構成されている展開に、ニヤリ
>>続きを読む

不安の種(2013年製作の映画)

1.8

人気アイドルやメジャーすぎる俳優さんもあまり出ていなかったので、思い切ってグログロにしてくれているのをちょっぴり期待して鑑賞(笑)

出だしはOK。ホラー映画定番の昼間なのに薄暗い画面。不気味さはバッ
>>続きを読む

バード・ボックス(2018年製作の映画)

2.5

発想は面白いと思うけど、今までどうしてこういう設定の話がなかったのか。
設定に無理があるから(笑)

「目隠しは」この映画にとって非常に重要なルール。

船に乗って川を下る。
森を歩く。
「目隠し」を
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.0

神の恵を忘れ、自然さえもコントロールしようとするおごれる人間共に自然の猛威が襲い掛かり、天罰が下る。
そんなディザスタームービーかなと思って観た。

気象をコントロールする宇宙ステーションが暴走して、
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

4.0

POV形式か…流行りなので仕方がないが、最近は微妙な作品ばかりだったので一抹の不安がよぎる(笑)

冒頭の楽しそうな雰囲気から、姉弟が祖父母の家に遊びに行き、祖母の奇行を目にした辺りから徐々に薄気味悪
>>続きを読む

インサニティ(2016年製作の映画)

2.8

ジャケット裏のあらすじを見て、あまり期待しないで観た。

冒頭でつかみはオッケー!(笑)
その後もしっかりとストーリーが進んでいくのでちょっと安心。

別荘で楽しむはずの男女グループが、狂暴化して恐ろ
>>続きを読む

ヨンガシ 変種増殖(2012年製作の映画)

4.2

感染系パニック映画は好物なので楽しんで観た。

序盤は政府も市民もメディアも無関心だったが毎朝起こる事態に気づき、不安が恐怖、パニックに変わる。

日に日に悪化していく状況。
とんちんかんな対応の行政
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.8

なんて胸糞が悪い映画なんだ。

映画全編に漂う、掃き溜めのような臭気。
繰り返される性と暴力。それは表裏一体で非常に生々しい。
極悪非道を詰め込んだ救いのない話とは、まさにこういう映画のこと。

金儲
>>続きを読む

ババドック 暗闇の魔物(2014年製作の映画)

3.7

ホラーとしては平凡。
ドーーン!と出てくるババドックは、何ともちゃちい姿で子供騙しのお化けのよう(笑)

ただ、それが出るに至るまでの過程が壮絶。
驚かされるのとは違う怖さがある。
普通はいかに怖がら
>>続きを読む

>|