bluemomday0105さんの映画レビュー・感想・評価

bluemomday0105

bluemomday0105

洋画中心ですが 邦画やアジア映画も時々。割と雑多に観ています。拳で解決する系もミニシアター系も好き。英国や北欧系はマスト。2016.11より

映画(189)
ドラマ(4)

美人が婚活してみたら(2018年製作の映画)

3.4

恋愛と結婚は別物。
恋愛強者=婚活勝者ではない。
なんだかんだ言っても美人は機会豊富。見た目も大事。
美人に美人と伝えてもポイントは稼げない。気を引くならむしろ褒めない。
自己肯定感の低い美人は不倫し
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

絶対に!バレてはいけない!!KKK潜入!!!

序盤からずっと画面の圧が強くて、緊張感めいっぱいの2時間16分。あまりに持って行かれたから、1時間くらいしか経ってない感じ。メッセージとエンタメが両立し
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.8

最近のアカデミー賞はポリコレ匂わせる作品が多くて、そういう目線は大切だけどちょっと偏りすぎてない?とやや閉口してたんですが。
差別を扱ったこの「グリーンブック」にもやはりそういう目線は感じられるけど、
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.8

前々から気になりつつもなかなか観る機会がなかったところ、アカデミー賞監督賞及び外国語映画賞受賞を記念して劇場公開。劇場で観れてよかった…自宅だったら生活音を意識しなかっただろうし、背後から声が聞こえる>>続きを読む

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

3.9

変わりのない日常を送る43歳の独身OL節子。姪に頼まれて向かった英会話教室で、アメリカ人英会話教師のジョンと出会う。
フレンドリーで「ハグ魔」のジョンと、彼から与えられた「ルーシー」という名前と金髪の
>>続きを読む

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

4.2

「神の恵みの土地(ゴッズ・オウン・カントリー)」と呼ばれる、自然豊かなヨークシャー地方。
日常に疲弊しやさぐれる、奔放な牧場の跡取りのもとに、東欧出身の季節労働者がやってくる。1人での仕事に慣れていた
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.2

「オーケー、じゃあもう一度だけ説明するね?僕は(俺は)(あたしは)(私は)この世界でたった1人のスパイダーマン!」

アカデミー賞最優秀長編アニメーション部門受賞、アニメ門外漢な方も大絶賛も納得!
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

スーパーヒーロー誕生譚でもあり、地球に落ちてきた女の失われた過去を取り戻す、自分探しのストーリーでもあった。

サノス余裕で倒せそうなくらい最強な彼女がキャプテン・マーベルとなるまで、サスペンス的なス
>>続きを読む

ノーザン・ソウル(2014年製作の映画)

4.1

イギリス地方都市の高校生ジョン。学校にも家にも居場所がなく、孤独で悶々とした毎日。
彼の心の支えは通学のバスで出会う可愛い黒人看護婦、離れて暮らす唯一の理解者である祖父。そして時折衝動にかられて吹き付
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.7

18世紀のイギリス王室の愛憎劇を描いた本作、主演女優賞のオリヴィア・コールマンをはじめオスカー9部門ノミネートと高い評価を得たのは周知の通りですが、正直そこまでの高評価にびっくり。
昨年同様にオスカー
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.9

DCEU史上最大のヒットとなってるらしいアクアマン。下馬評通り「暴れラッセン」「海のバーフバリ」「凶暴なポニョ」「ワイルド・スピード アクアミッション」でしたが、海鮮版ハイローでもあったしマッスルファ>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.8

本作を観てから1ヶ月、「こじらせ女子とは何ぞや」と考え続けてきたけど、つまるところ「自意識過剰かつ自己肯定感が低く、自分に価値を見いだせない女性」ということなんだろうな…。自意識が逆噴射して、常に頭の>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.7

エミリー・ブラント版メリーポピンズ、「基本表情崩さず、上から目線な物言い。でもすごく頼りになる」キャラクター造形に既視感あると思ったんですが…シャーロック+ドクターストレンジぽい? くるくるパーマのダ>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

女性だけの名門舞踏カンパニーの入団テストのため、アメリカからベルリンへやってきた若手ダンサー、スージー。類まれなる才能をカリスマ振付師マダム・ブランより認められ入団した彼女は、歴史あるカンパニーの最後>>続きを読む

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.7

サブプライムローンの破綻により、アメリカのみならずグローバル経済を崩壊させたリーマンショック。世界経済に大打撃を与え、多くの人々が財産や職を失った中、いち早くバブル崩壊の予兆に気付き莫大な利益を得た金>>続きを読む

ポーラー 狙われた暗殺者​(2019年製作の映画)

3.6

定年退職年齢の50歳を控えた、凄腕ベテラン暗殺者ダンカン。心安らかな余生を過ごそうとする彼の居場所を探る、元同僚の暗殺者たち。実は高額の退職金を出し渋る所属組織の差し金だった…!

いやもう、「退職金
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.2

インド映画の主役のおじさんは、何故こうもスーパーヒーローなのか…!

愚直さと信心深さが取り柄の男性パワンが、ふと出会ったパキスタン人の喋れない幼女シャヒーダーをお家に帰す旅。
バーフバリほどキメすぎ
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.9

前作よりベタだけど熱い!アドニス貫禄ついてる!MBJちょうかっこいい!スタローンの老犬みたいなロッキーしぶい!テッサ・トンプソン歌うまいな!アドニスの母ちゃん男前!

作品としては前作の方が現代的にア
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.7

戦前のヨーロッパの重い雰囲気が影響してるとはいえ、相変わらずの圧倒的な映像! 5部作らしいファンタビシリーズ、前作がキャラクター紹介としたら今作はこれからの展開への序章的な扱いになるんだろうか。
よっ
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

3.7

米国と英国の女性同士のホームエクスチェンジをモチーフにした、ロマンチックコメディ。キャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレットの、キャリアを重ねてがんばってるのに損してきた大人女性の主演2人は、働く大>>続きを読む

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス(2018年製作の映画)

3.5

ハイプと見下されてたヴィヴィアンが大英帝国勲章を授与されるまでの流れは熱くなるし、77歳でも元気でかっこいい女性だな!と。
そういえばヴィヴィアンの服って胸周り大きめ/腰周り小さめの、まさに中世のドレ
>>続きを読む

マネーボール(2011年製作の映画)

3.7

オークランド・アスレチックスが金銭面でのハンデを乗り越え躍進した2002年シーズン。主力を狩られたチームの躍進は、選手の能力を統計した理論「セイバーメトリクス」に基づいたチーム運営にあった。
セイバー
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.8

たまたまムービープラスでやってたので観ましたが、なるほど「泣けるゾンビ映画」と言われるのも納得な、ゾンビ+アルマゲドンみたいな映画でした。
やりすぎな韓国映画らしかぬ、適度にグロくて適度にエモい作風が
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

クイーンというよりは完全にフレディ・マーキュリーの話なのだけど、数日前に見ていまだ記憶に残るのはクイーンというバンドの頭のおかしさや発想の豊かさ。皆けっこうなインテリだから、音楽に対する探究心を純粋に>>続きを読む

幸せをつかむ歌(2015年製作の映画)

3.6

落ちぶれロッカーのリッキーがかつて捨てた家族と対面する物語。かつて捨てたものを通して、自分の性に向き合う因果応報的なストーリーは、何だか山本文緒の「落花流水」を思い出してしまった。

捨てた家庭にも新
>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.3

映画というか会話劇。ガーデンウェディングに招かれた男女が出会い、衝突するも不思議な縁が芽生えていくお話。全方位にフレキシブルな毒舌漫才的会話を続けるこじらせ中年男女は、かつて90年代の若者が憧れたキア>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.0

2019年の映画はじめにふさわしい、ハッピーで泣かせる映画!
面白くて優しいけど容姿にコンプレックスを持つヒロインが、頭を打ったショックで自分の姿が絶世の美女に変わったと思いこみ、どんどん行動が、世界
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.2

嗚呼!心に愛がなければ、スーパーヒーローじゃないのさ!

安価の生理ナプキンの開発に人生を捧げ、インド人女性の健康と地位の向上に貢献した男性の実話に基づいたお話。
当時のインドでは生理の期間、みすぼら
>>続きを読む

40歳からの家族ケーカク(2012年製作の映画)

3.7

いつまでも大人になりきれないような、若くないけど惑いまくる夫婦と家族の物語。これは一応シリーズもの?スピンオフになるのかな?
単体でも楽しめましたが。

いつまでも分別ついた大人になりきれず、人生設計
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.7

「妻が心配で成仏できません」的な話かと思ったら、もっと壮大な感じの話だった。思ってたより時間軸が長くて壮大だった。

ケイシー・アフレックとルーニー・マーラだからかなり期待してた本作。
そういう意味で
>>続きを読む

モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~(2017年製作の映画)

3.5

ブラーの同名タイトルのアルバムは人生のベスト20くらいにはランクインするほど好きなので、タイトルとロンドンが舞台と聞いて楽しみにしていたのですが、ブラー言うほど関係なかったw
(500)日のサマーのス
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.7

宇宙から持ち帰ってきた生命体シンビオートが宿主を探すため、人間に寄生していく。そしてシンビオートを持ち帰ってきたライフ財団の闇を暴こうとするジャーナリスト、エディ・ブロックにシンビオートの「ヴェノム」>>続きを読む

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.5

14歳にして飛び級でハーバード大に入学したIQ185の天才少女キャリー。しかし卒業後は人と関わりたがらない引きこもりのニート。
キャリーの将来を憂えたセラピストは、もっと人と関われるように年末までにや
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.8

失踪した美女の行方を探すニートオタク青年の話だったはずが、どうしてこうなった!と言いたくなる展開。
サブカル、オカルト、スピリチュアル。次々出てくる新展開と登場人物。着地の行方が全く見えないストーリー
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

4.2

キスをした相手と顔を交換できる、不思議な力を持つ口紅。孤独で醜い少女、累(かさね)が大女優の母親から譲り受けたもの。
母親同様、類まれなる演技力を持ちながら、容姿のために日の目を見ることがなかった累が
>>続きを読む

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

本国版のダークファンタジー風ポスターとの違いが揶揄されているけど、日本版の方が内容に沿ったデザイン。
本国版のイメージで観に行ったら、正直炎上も有り得る。あのビジュアルを出せるのは、本国で原作の世界観
>>続きを読む

>|