KOUSAKAさんの映画レビュー・感想・評価

KOUSAKA

KOUSAKA

100日間生きたワニ(2021年製作の映画)

3.6

カエルが登場してから一気に良くなった。そして、ネズミの前でカエルが心情を吐露するシーンで泣きました😭

桜の花の散り具合や芽吹き具合だけで、さりげなく時の流れや季節感を示す演出も素敵でした。

最近す
>>続きを読む

かば(2021年製作の映画)

5.0

今年2021年は、邦画が豊作の年かもしれん😵

今日8月1日現在で2021年の劇場鑑賞数256本目やけど、西成エリアをこよなく愛する自分にとって、全力で愛するしかない大傑作やと思います‼️

過去にも
>>続きを読む

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

4.8

アブエラの「小さなことで尊厳を守るのよ」という言葉が心に深く沁みました😭あと美容室トリオ、最高でした😆

とにかく143分があっという間。ミュージカル映画の最新形、文句なしの大傑作です‼️

そもそも
>>続きを読む

茜色に焼かれる(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

キネカ大森、尾野真千子&石井裕也監督トークイベント付き鑑賞。

もっと早く見ておけば良かったと思うほど、邦画では2021年ベスト級の素晴らしい作品で、尾野真千子キャリアの中でもベストかと。

河瀨直美
>>続きを読む

返校 言葉が消えた日(2019年製作の映画)

3.8

白色テロ時代を取り上げた台湾映画が『悲情城市』と『牯嶺街少年殺人事件』以降は途絶えているという事実にまず驚きました😵

そういう意味では、この作品のようにホラー的なエンタメ要素を取り入れることで間口を
>>続きを読む

バケモン(2021年製作の映画)

4.0

落語「らくだ」をちゃんと見たくなった。あと鶴瓶噺も生で見たいと思いました‼️

小~中学生の頃から、テレビで「突然ガバチョ!」を見て、ラジオでは「ヤングタウン土曜日」を聴いて育ったので、鶴瓶はずっと大
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.2

ヒョジン役のキム・ファニちゃん、大熱演‼️拍手‼️

実は公開当時リアルタイムで見逃してから、いつかスクリーンで見たいと思って、ソフトや配信を見ずにずっとガマンしてたので、今回のシネマート新宿、ブース
>>続きを読む

走れロム(2019年製作の映画)

3.4

個人的にはロムの顔芸に座布団10枚‼️😆彼のキャスティングは今作の肝かと。ホンマに良い表情するんよな〜。

タイトルどおり、とにかくロムがスラム街の狭い通りを右へ左へ走る、走る。違法宝くじのシステムの
>>続きを読む

ココ・シャネル 時代と闘った女(2019年製作の映画)

3.2

まさにタイトルどおりの内容😵大変勉強になりました。

当時の恋人カペルから「僕のこと本当に愛してる?」と聞かれて「私が完全に自立してから答えるわ」と言ったというエピソードは、めちゃくちゃカッコいいと思
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

4.2

前半、幼少時のすずがカツオのたたきを頬張ってるシーンで、何故か早くも泣けました😭

今から考えたらラストの伏線への予感やったんかな〜😎

細かい事を言い出したら脚本のツッコミどころはあると思いますが、
>>続きを読む

ジャッリカットゥ 牛の怒り(2019年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ジャジャジャジャジャジャジャジャ(ジョ、ジョ、ジョ、ジョ)・・・というわけで、残念ながら期待はずれやったー😣

オープニングからの数分間、一見斬新な演出やと思わせるけど、登場人物が誰が誰やら全然分から
>>続きを読む

ビリー・アイリッシュ 世界は少しぼやけている(2021年製作の映画)

4.2

今、リアルタイムでスクリーンで上映されてるうちに絶対見に行くべきです‼️

自分は、立川シネマシティ(シネマ・ツー)の極上音響上映で鑑賞。

この映画は絶対にデカい音で観たかったんですが、ヒューマント
>>続きを読む

片袖の魚(2021年製作の映画)

3.8

説明的なセリフではなく、繊細かつ明確に組み立てられた演出で登場人物の心情を伝える手腕が素晴らしく、34分の短編ながら非常に見応えがありました。

特に主人公のひかりが、トランスジェンダーゆえの苦悩と常
>>続きを読む

83歳のやさしいスパイ(2020年製作の映画)

3.8

これは面白い‼️撮ってみたらめちゃくちゃ面白くなったという奇跡的なマジックを目の当たりにすることが出来て、ただただ有難い作品です。

おじいちゃん&おばあちゃんって「ゼロを中心にしたら絶対値は一緒」み
>>続きを読む

17歳の瞳に映る世界(2020年製作の映画)

5.0

傑作です‼️全く新しい価値観で紡がれた大傑作ですよ、皆さん‼️

たまたま『83歳のやさしいスパイ』の次に見たんですが、83歳→17歳の振れ幅に我ながら笑えました😆

本日2021年7月22日時点で劇
>>続きを読む

大綱引の恋(2020年製作の映画)

4.0

本当に素敵な映画でした。また一つ、地方映画の良作に出会うことが出来て嬉しいです。前から行きたかったジャック&ベティの上映最終日にギリギリ間に合って、わざわざ横浜まで行った甲斐がありました😊

地方映画
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

4.2

『101匹わんちゃん』と『101匹わんちゃんII パッチのはじめての冒険』を予習していたにもかかわらず、ロジャーとアニータに最後まで気づかんかった‼️やられた~😵

やっぱりエマ・ストーンはいつ見ても
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

5.0

完成披露プレミア先行上映会「孤狼祭(コロフェス)」にて鑑賞。

140分くらいあるはずやのに、体感1時間くらいやった😵前作の数倍はパワーアップしてて、とんでもないスケールの大傑作でした‼️

2020
>>続きを読む

101匹わんちゃんII パッチのはじめての冒険(2002年製作の映画)

3.6

ジャスパーの女装、普通騙されへんやろ😆‼️

『101匹わんちゃん』に続いて、遅まきながら『クルエラ』の予習のために鑑賞。

101分の1でしかない自分について、1人(1匹)思い悩むパッチがまず可愛す
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

4.2

フローレンス・ピューとスカーレット・ヨハンソンの共演というキャスティングが実現した時点で、クオリティは保証されたようなもんやという「絶大な信頼」を寄せていましたが、見事に期待通りの傑作でした‼️

>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

これ、かなり駄作じゃない?😫

もちろんゴジラとキングコングの戦闘シーンは迫力あったけど、ホンマにそれだけっていう感じ。

とにかくストーリーが全然面白くないのが致命的で、脚本も演出もかなり雑。

>>続きを読む

少年の君(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

2020年3月、大阪アジアン映画祭で見て衝撃を受けて以来、1年4ヶ月たってようやく日本でも正式に公開。2回目見るのをホントに待ち望んでいたので、早々にムビチケも買って、万全の状態でル・シネマに駆けつけ>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.2

時間がたまたま合ったから見たんやけど、めちゃくちゃ面白かったです‼️気分爽快‼️

冒頭の日常ルーティンシーンから、ラストに至るまでずっと編集テンポが良いし、アクションシーンも良く考えられてて目が離せ
>>続きを読む

東京クルド(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

こんなひどいことが横行してるなんて、全然知りませんでした・・😣

不勉強な自分を恥じるとともに、日本の政治家は何でこんな状態をいつまでも放置してんねん!という怒りの気持ちが湧き上がって来ました。

>>続きを読む

ベルヴィル・ランデブー(2002年製作の映画)

3.8

おばあちゃん、脚力と腕力強すぎ!😆

最初は結構微笑ましいお話なのかなーと思ってましたが、だんだん毒っ気が多くなってきて、それがクセになって来ました。

日本のアニメとは全然違う絵のタッチが凄く良くて
>>続きを読む

ビーチ・バム まじめに不真面目(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ムーンドッグ、自由すぎるやろー!😆

くだらん下ネタと、おバカすぎる戯言が全体の85%くらい占めてます。

でも途中で「お金は良いよなー、結局金だよな」みたいなセリフがあって、さすがのハーモニー・コリ
>>続きを読む

ジャズ・ロフト(2015年製作の映画)

3.0

角川シネマ有楽町、ピーター・バラカン監修・作品選定による音楽映画祭「Peter Barakan’s Music Film Festival」にて鑑賞。

想像してたよりユージーン・スミス個人に関するエ
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.8

かなり期待値を上げた状態での鑑賞でしたが、それをはるかに上回る出来で、魂こもりまくり、怒りの感情溢れまくりの大傑作やと思います‼️

他の人には絶対譲りたくなかったと語るほど、主人公キャシー役に強い思
>>続きを読む

Billie ビリー(2019年製作の映画)

3.8

角川シネマ有楽町、ピーター・バラカン監修・作品選定による音楽映画祭「Peter Barakan’s Music Film Festival」にて鑑賞。

ビリー・ホリデイの歌には触れていたものの、彼女
>>続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

4.0

前作よりさらにパワーアップ‼️アクション映画として、相当高いレベルの1作だと思います。

特に誰もが驚いたであろう、立体駐車場のカーアクションと、市営住宅のような団地で組まれている足場で繰り広げられる
>>続きを読む

ベル・エポックでもう一度(2019年製作の映画)

3.8

音楽良し、脚本良し、オシャレでユーモラス。リアルとファンタジーのバランスも上手い。下ネタもバンバン飛び出すけど、あっけらかんとしててヤラしくはない。

フランス映画の「粋」を集約させたような、なかなか
>>続きを読む

RUN/ラン(2020年製作の映画)

3.8

サラ・ポールソンの、狂気に満ちたクソ毒親っぷりはホンマにムカつくし、怖かった〜😱素晴らしい演技力やと思います‼️

もちろんキーラ・アレンの「受け」の演技も素晴らしく、特に、母親のある秘密を知った時の
>>続きを読む

カタブイ 沖縄に生きる(2016年製作の映画)

3.8

おばぁラッパー、最高‼️エミネムのTシャツがキマってた👍

自分は、母方の祖父母が沖縄人で4分の1は琉球の血が入ってる事もあって、個人的に昔から沖縄文化に強い関心を持っています。

今作は、沖縄に魅せ
>>続きを読む

返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す(2018年製作の映画)

3.8

熱いぜ、千葉一夫‼️😭

日本の外務官僚にも、これほど国のことを憂えて、自分の仕事に情熱を捧げた人がいたんだなーと大変勉強になりました。

逆に、今の日本のヘタレ外交と、責任逃れしか脳がない官僚や政治
>>続きを読む

ライトハウス(2019年製作の映画)

3.4

オナラをこきまくるパワハラくそオヤジ上司VS人魚の幻覚に取り憑かれたカモメ殺しの部下。これだけの情報やったら絶対訳わからん😆

あと「ステーキが食いたい!」VS「オレが作った食事を美味いと言ってくれ!
>>続きを読む

スケッチ・オブ・ミャーク(2011年製作の映画)

4.2

角川シネマ有楽町、ピーター・バラカン監修・作品選定による音楽映画祭「Peter Barakan’s Music Film Festival」にて鑑賞。

御嶽(うたき)で執り行われる神事の様子や、そこ
>>続きを読む

>|