denizさんの映画レビュー・感想・評価

deniz

deniz

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑(2020年製作の映画)

3.7

「よく2が作れたよ!」

まっすぐもふもふのお尻を目指して行ってください。
ぴくぴく震えるとても可愛い毛玉がいます。
それが全てです。笑
いやー本当に可愛いかったんです。笑
隠し味として、都会に行く話
>>続きを読む

もうひとりのシェイクスピア(2011年製作の映画)

3.8

「"言葉"が王国に勝利したことがあるか?」

ローランド・エメリッヒ監督による「シェイクスピア別人説」を題材とした本格派史劇。
孤独な女王、平民出の宰相、それを妬む貴族、玉座を窺うスコットランド、宿敵
>>続きを読む

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

3.8

「君はいつも急に来るね。」

え、ヒナタ可愛い…。(一目惚れ)
原作もアニメも未見ながら、ポスターのビジュアルと今旬俳優目白押し!なキャスティングに惹かれて鑑賞。
いやー面白かった!
タイムリープ系へ
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

3.9

「ポイントは、はじめて自分で決めたってこと。」

おかえりMARVEL‼️
エンドゲームからの2年に思いを馳せ、ナターシャへの愛を深める133分。
(上映開始直前のMARVELの予告?ですでに感極まり
>>続きを読む

スーパーノヴァ(2020年製作の映画)

3.8

「今夜は晴天だ、望遠鏡を出そう。」

20年間連れ添ったパートナーが、不治の病を宣告されたら。
貴方は、ふたりは、最期のときをどう迎えるか。
そんなシンプルなストーリーを、コリン・ファースとスタンリー
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

3.9

"彼女はデザイナーか、破壊者か"

デザインという言葉の語源は“計画を記号に表す”という意味のラテン語から来ているらしい。
つまり、問題を解決するために思考・概念を組み立て、それを表現することと解釈で
>>続きを読む

ゴジラ(1954年製作の映画)

3.8

「これは劇でも映画でもありません。
現実の奇跡、奇跡の怪事件です。」

『GODZILLA vs KONG』公開のひとり前夜祭として、今ひとたび原典であるゴジラオリジナル(1954)を。
人類は度重な
>>続きを読む

あの夏のルカ(2021年製作の映画)

3.8

「ベスパを手に入れて、世界を見にいこう!」

北イタリアの美しい港町を舞台に、シー・モンスターの少年が人間の世界へと足を踏み入れる冒険物語。
何の予備知識もなく観始めたら、おや?これはリトル・マーメイ
>>続きを読む

恋におちたシェイクスピア(1998年製作の映画)

3.7

"ああ、光など要らぬ
シルヴィアがいないのならば
喜びなど要らぬ
シルヴィアがいないのならば"

若き日のシェイクスピアの恋模様を軽快に描いた恋愛史劇。
イングランド黄金期エリザベス1世の治世である1
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.6

「NYを救っておバカな受付を取り戻そう!」

地上波の放送開始に間に合わなかったのが悔しかったのでネトフリにて久々鑑賞。
主要メンバーを女性に変更してリブートした今作。
せっかくなのでオリジナルも見返
>>続きを読む

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

3.9

「…私が、一歩を踏み出す。」

東南アジアを思わせる、架空の古代アジアを舞台としたディズニーの異色作。
不吉な煙の怪物によって分断された世界をひとつにするため、大切な人を取り戻す為、主人公ラーヤが伝説
>>続きを読む

シドニアの騎士 あいつむぐほし(2021年製作の映画)

3.9

「身長差だって、たったの15mだ!」

映画館再開に心から感謝を。
砲弾の破裂音を、人型兵器・衛人(もりと)の加速音を、宇宙の片隅で恋が始まる音を、無重力空間で涙が溢れる音を、ぜひ映画館で体感して欲し
>>続きを読む

ジュリエットからの手紙(2010年製作の映画)

3.7

"All of my love,Juliet."

「ロミオとジュリエット」の舞台、イタリア・ヴェローナに実在する観光名所"ジュリエットの家"には世界中からジュリエットへの手紙が届く。
NYの新聞記者
>>続きを読む

ゾンビーズ(2018年製作の映画)

3.6

「僕はモンスターじゃない、ゾンビだ!」

人と違うことを怖がってみんなが同じ理想像を追い求めている町、シーブルックを舞台に、裕福だけど窮屈そうな"人間"たちと、たくさんの抑制を強いられているのに自由そ
>>続きを読む

アーミー・オブ・ザ・デッド(2021年製作の映画)

3.6

「あとは持ってきた金をヘリに積んで夕日に向かって飛ぶだけだ」

ゾンビ×金庫強盗の超エンタメ。
ゾンビ苦手さんでも観れるゾンビ映画と聞いて、好奇心に負けて恐る恐る鑑賞…🙈

名曲「Viva Las V
>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

3.7

「なぜ誰もヒーローにならない?」

正義感だけを武器に、ネット通販で衣装を買い、ヒーローになろうと一念発起した至って普通の高校生デイブ。
ホント、アメコミヒーローは基本衣装は自ら作るスタンスですよね、
>>続きを読む

ラブ&モンスターズ(2020年製作の映画)

3.7

「それじゃ ハッチを開けて、
新鮮な空気を吸って、人生を楽しもう」

なんだこの戸惑うほどの読後感の良さは😳
想定外の、恐ろしいほどの爽快感…!!

ある日を境にモンスターが蔓延る大地と化した地球。生
>>続きを読む

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

3.7

「あざ笑え、痛みを知らぬ者。」 

誰もが知る世紀の悲恋を現代に置き換えた一作。
メキシコを思わせる架空の街、ヴェローナ・ビーチが舞台。
冒頭のリズミカルで踊るようなアクションから早速世界観に惹き込ま
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

3.8

「仏陀曰く、無間地獄に死はない。
長寿は無間地獄最大の苦しみなり。」

『ディパーテッド』のリメイク元である香港映画の金字塔。
原題は"無間道"で、仏教の用語で無間地獄を表し、絶え間なく続く地獄とのこ
>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

3.8

「警官になりたいのか。
警官に見られたいのか、どっちだ」

香港映画『インファナル・アフェア』のリメイク。
警察のネズミとしてアイルランド系マフィアに潜入する男と、そのアイルランド系マフィアのネズミと
>>続きを読む

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒(2019年製作の映画)

3.8

「あなたが見た広い世界を忘れないで。」

スタジオライカの長編映画第5弾。
とうとうライカは水中戦までもモノにしたのか…!
という、初っ端での驚愕のネッシー(!)との闘いは、あくまで胸躍る冒険譚のプロ
>>続きを読む

るろうに剣心(2012年製作の映画)

3.7

「維新志士とは、そういうものだ」

最終章観たいでござる…!涙
の想いをこめて、シリーズ再履修。
第一作公開当初、原作過激派だった為食わず嫌いでなかなか鑑賞出来なかった思い出…(すみません💦)
時を経
>>続きを読む

小さい魔女とワルプルギスの夜(2018年製作の映画)

3.6

「"ヴィントルス・ヴェントルス"……?」

4/30の今夜は"ワルプルギスの夜"。
ということで、ずっと観たいと思ってた、プロイスラーの児童文学が原作のこちらを鑑賞。
子どもの頃大好きだった本のひとつ
>>続きを読む

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

3.8

「ジャズるのは得意だろ?」

祝アカデミー賞受賞記念に鑑賞。
初っ端のシンデレラ城のオープニングタイトルからジャズアレンジで異色感ばっちり。
マンホールに落ちたら、そこは人間が生まれる前に「どんな自分
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

-

「生きることは、苦しいことと楽しいことの繰り返し。」

理解も及ばない壮大な全宇宙的哲学論と、共感せざるを得ない等身大なエモさの挟撃。
それが私の中でのエヴァンゲリオンのイメージなのですが。
今回はそ
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

3.7

「エヴァに乗ってくれた、それだけでも感謝するわ。」

噂のシン・エヴァの世界に行くために。
リアルタイムで観てたテレビシリーズ以来に映画版の序・破・Qを鑑賞。
碇シンジくんよりも幼いチルドレンだったあ
>>続きを読む

モンスターハンター(2019年製作の映画)

3.6

「あれは我らの世界のモンスターだ」

繁忙期で1ヶ月近く映画が観れず…。
禁断症状に耐えかねて駆込みモンスター鑑賞…!

原作ゲームの知識は「美味しく肉が焼けたらなにか良いことあるらしい」レベルです…
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

3.9

「ここなら安心よ、レオン。」

以前知人に欲しいものを尋ねたら、"アグラオネマ"と返事が来た。
え、新種のワクチンか?と思ったら、映画『レオン』に出てくる観葉植物とのこと。
…ヤバい、私レオン観たこと
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.0

「俺にとっての父親は、オヤジだけです」

こういったジャンルで、こんなにも涙腺を抉られたのは初めてで、正直戸惑い。
20年の時の流れとともに描かれる、寂しさを抱えた人々の宛名の無い手記のようだった。
>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.7

「今更十字架もクソもねえだろう」

ただ柔道の強さを乞われて北海道警の警察官となったひとりの男の、栄枯盛衰の物語。
とは言え、タイトルが示す通り、見せたいものは"日本で一番悪い奴"ではない。
日本で一
>>続きを読む

処刑人(1999年製作の映画)

3.6

「黒い翼を広げた男たちが神の裁きを下すだろう」

敬虔なカトリック教徒であるマクマナス兄弟は、ある日神からの啓示を受ける。
"悪なる者を滅ぼし、善なる者を栄えさせよ"と。

見どころはとにかく"処刑人
>>続きを読む

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~(2012年製作の映画)

3.6

「愛がなければ何もできない」

20年間三ツ星を守ってきたパリの高級レストランを舞台に、スランプ気味のベテランシェフと才能豊かながら若干生意気な若手シェフがタッグを組み、レストラン継続の為に奮闘するコ
>>続きを読む

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

3.7

「40代後半客2人、コースとアラカルト。
…来たぞ、ミシュランだ。」

一流の腕を持ちながらパリのレストランでトラブルを起こしすべてを失ったワケ有りの二ツ星料理人が、三ツ星を手にすべくロンドンで再起を
>>続きを読む

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

3.8

「You're always a day away.」

子供の頃観たミュージカル映画といえば。
私は迷わず『Annie』を挙げる。
もちろん1982年版の。。
リメイク版鑑賞にあわせて改めて観たら凄
>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

3.8

「彼の名はニッキー・ラーソン。」

吹替だと主人公はちゃんと"冴羽獠"ですが
、オリジナルでは"ニッキー・ラーソン"。演じるのは監督も務めるフィリップ・ラショー。
元来は金髪のフランス国籍の俳優さんな
>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

3.6

「俺にとっちゃ変わんねえよ。
綺麗なものも、1番大切なものも。」

冴羽獠のくせして何カッコいいこと言ってるんだ?!
と思いつつ、いや冴羽獠はカッコいいヤツだった、そうだった。
そう、思い出しました。
>>続きを読む

>|