ひばさんの映画レビュー・感想・評価

ひば

ひば

Twitter @hbhbrn

映画(138)
ドラマ(8)

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

-

まず最初に言い訳をすると、知らなかったんです何も。私が生まれる前の映画だし。だからちょっと前、突然タイムラインにたくさん流れ出して興味が出たので見てみました。

そして流星群のように現れるチカチカした
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.9

「もう時間がない」
これ、誰の言葉だと思う?なんとクリストファーロビンの娘から出てくるんです。私はこの言葉に一番心を抉られた。
子供にとっては悠久にすら感じる終わることない時間の流れ、あのときは永遠だ
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

4.8

予習不足か新展開かわからないけど、えっなんかプレデター種多くない…?た、多様性…?そうだよね、プレデターの星があるんだもんプレデター種の木やプレデター種のカニ🦀もいるかもしれないよね。性格も"紳士"と>>続きを読む

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ(2015年製作の映画)

5.0

君は人生でストリップの意義について考えたことがあるだろうか。私は考えた。ストリップとは、誘惑するものであり、笑いを生むものであり、根性を焚き付けるものであり、涙を誘うものであるのだ。つまりストリップと>>続きを読む

エンド・オブ・ザ・ワールド(2012年製作の映画)

3.6

まず私は滅亡エンドの映画は好きじゃないです。だって悲しいじゃん、そんな絶望しかないのなんかいやだ。思いつく限り『ノウイング』、『メランコリア』くらいしか見てないけど『メランコリア』に至っては見て体調壊>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ほんとうは劇場上映しているときから気になっていたけど勇気がでなくてレンタル待ち。きつくて何度も何度ももうやめようかな…と思いつつ休憩入れて見ました。
なによりキツいのが、あの場でハイドリヒを射殺できて
>>続きを読む

ハロー!?ゴースト(2010年製作の映画)

4.2

気付いたら横にティッシュの山ができてたんですよ。ゴーストめ。

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

私たちが気付くことのない小さなもの、間、影が大きな味方となって助けてくれる心強さが見事にユニークな引き出しとなっており、これでもかとワクワクさせてくれる。またストーリーの本筋である量子空間への再突入と>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.8

出た写真が槍一本ステイサムvsメガロドンだったので嘘つけと思ってたけどマジだった。まさかのマンツーマンラウンド勝負!呼んでないのに来るイカ小鮫鯨!!!種類かき乱れた入れ食い状態にボルテージは最高潮に!>>続きを読む

ファンボーイズ(2008年製作の映画)

3.8

『500ページの夢の束』で思い出したので。
こちらはスターウォーズファンとスタートレックファンが殺し合う映画でしてね…いや本当は余命わずかな友人に公開前の『ファントムメナス』を見せたい!ルーカスフィル
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.8

旅は道連れというけれど、犬、勇気、忍耐、信念、寛容、道行く中でたくさんの同行を引っ提げ最強のクルーとなったウェンディは未知の地を目指す。脚本という自己表現で宇宙に存在を発信した女性のFascinati>>続きを読む

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

4.0

・好き放題やる人(攻撃専門)
・間違ったことは基本やりたくない人(方向性専門)
・自分さえよければいい人(なんかもう駄目、でも顔がよい!)
の組み合わせってこんなに面白いんですね!予想以上に楽しかった
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.5

『オーシャンズ8』を見るために着る服がない

私の鑑賞への妨げの一つだった。こんなゴージャスな映画に普段と同じ格好で行くのはなんだか…だから、可愛くて買ってみたけど少し自分には派手かな?と箪笥に入れっ
>>続きを読む

追想(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なぜ人は結婚するのだろう。
どうして恋人のままではだめなの?
そう聞かれたとき、今の私なら、そうだな…保険に入れるしお金関係が円滑になるからじゃないかな…と答える。ほんとうに夢がないね。
よく恋人にす
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.3

映画には三種類の技法がある。実写、CG、そしてトムクルーズだ。実写にもCGにも限界があるがトムクルーズは違う。あまりの狂気に上映中ざわつく客席、そしてトムクルーズならあり得るというまた違った狂気、一体>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

金ロー記念に掘り起こし
『心さえ前を向いてればどんなことも乗り越えられる』というあるあるのエクストリーム版!宇宙独りぼっち(全力ポジティブコース)をMARVELヒーローたちが支え、なんと地球にはボロミ
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

3.7

面白かったよ!!!???
高校生と死神とディザスターとモンスターとかいうハンバーグカレーうどん~海の幸をのせて~みたいな無茶苦茶具合、エネルギーのぶつけ合いで核融合でも起こす気なのかな…荒廃した世界に
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

4.0

狂気の沙汰
すべてが狂っている
こんな映像の暴力は見たことない
優勝
マジでやばいこんなにやばい以外の言葉を使えない映画はない
映像の暴力で脳は死ぬし身体も死ぬ皆死ぬ
マイケルベイ監督が今作でついに
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.8

ヒーロー願望というのは、自分の生まれ変わりが根元にあると思う。小さな田舎町うんざりする毎日と自分。それが変わるきっかけを掴めたら。隣に誰かが立ってくれたら。バンド練習のように鍛錬に励み、ライブ公演のよ>>続きを読む

戦火の馬(2011年製作の映画)

3.8

第一次世界大戦下、騎馬隊に売られた馬をオムニバス形式で描く。神話にも馴染み深い馬が悲惨な戦地を駆け回る姿の神々しさと馬の目に映る戦争。ジョーイの目には何が映っていたんだろう。何度も人と出会って別れてま>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

前情報を一切いれず見ました。涙が出そうだった。この作品は自分が渇望している何かを満たし、その穴を埋めてくれる。新しいことに挑戦したくなりました。こんな素晴らし作品に出会えるとは…パンフにあった"あの夏>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.6

バヨナ×子供の恐怖に更に恐竜もかけやがった!今作は初めから、"さよなら恐竜"。子供の夢から大人の遊び道具になった彼らのリーズナブルさは皮肉にも彼らのフットワークを軽くもさせる。作者も怪物作品も怪物、で>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.7

犬。飼ったことないし、犬ボイスはこっちのご都合主義…と思っていても、こんなに表情で思いを伝えてくるとは。玩具として扱う人には声が聞こえないし表情も見えない。ただの風景の一つだから。でも家族になったとき>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.3

25年間世界から隔離され育った彼の心には空想のクマが住み着いていた。誘拐を一切肯定しない姿勢が良い。誘拐犯とその産物を同じ目で見るのは少々勿体ない。そこに幸福が詰まっているなら忘却は空虚で暴挙な選択。>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

5.0

I'm gonna be a pilot.
予告で見たときからこの台詞が大好きだった。スターウォーズの主人公たちは諦めにも近い今にも消えそうな圧し殺した切望があっても確かな夢を持つことはないように思え
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

-

あまりに遠い。何もかも。何もかもが追いつかないところにあって、いつかそれに追いついたとき世界は変わるのでしょうか。
R指定はついてません、誰にでも見る知る権利がある。血を流し目を見開き倒れている青年、
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2000年製作の映画)

5.0

私が小学生の時に見ていたら
将来の夢:チャーリーズエンジェル
ですよ、正直まだいける、夢は期限とかないからね、誰にだって見る権利がある!多方面への配慮とかはね、いいんですだって18年も前だからね、今の
>>続きを読む

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)

4.8

この映画は、タイムトラベルにしては珍しいと思う要素だと思うんですが、主人公とその父親が異なるタイムラインで同方向に同速度で同目的を持って動きます。巻き戻しは不可。
未来を知っていたら人間というのはとて
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

予告と印象が違かった、これは太陽と太陽系をまわる星たちの宇宙の物語。昨今では珍しい家族大団円で勝負をかけたこの作品は、外部からの刺激をうまいこと取り込み全員が手を取り理想のステップを一段一段登っていく>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

守るべきは今か未来か?友情と大義は同じ天秤にかけられるものなのか?自分にそれを背負う責任があるか?罪悪感と贖罪を通じて、曖昧な領域から抜けついに青年たちは大人になる。文明の崩壊と人類の終末を飾るヤケク>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.1

夢の国の外側に広がるポップでカラフルな貧困地帯。現実に滲み出た少しの魔法の力を使って今日を生きる。僅かでも夢を見させたい、無垢な笑顔を見守る無責任な大人達は手に届く範囲でしか子供を守れない。排除するか>>続きを読む

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

5.0

あの子白血病になったの…友達なら励ましてあげなさいと無理矢理家に通わされることから始まる物語。いや友達じゃない。恋でもない。粋な言葉もない。しかし沈黙を愛した彼女の部屋はなによりも雄弁に語りかける。ダ>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

4.5

あの時ああすればよかったなっていつも考えてる。けど1つしか選択できないし他の選択を体験することはできない。そんなことわかってる16歳だって16年も生きてるんだから。でも20歳になっても変わらないよ、5>>続きを読む

さらば、わが愛 覇王別姫(1993年製作の映画)

4.5

悲しい
まともな感想が書けないので記録だけ。
もっと歴史の勉強しとけばよかった。今からでもするかぁ…

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.2

【たいへん!】 サノスめ…ゆるせん…こっちでも悪役とか…ないわ…ゆるせん…ゆるせ……せ…………せ、せ、せ、セクシーダイナマイト!!!!!!

あのメチャクチャヒーローが愛すべき仲間、潤沢な予算を引き連
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.2

"ウェスアンダーソン"と書いて"狂気"と読む。今作は"マジウェスアンダーソン"でした。開始数秒で、ちょ、ちょっと待って、ちょっと待ってくれと制止も聞かずに怒濤のごとく走り抜ける!!!どうかしてるぞ!!>>続きを読む

>|