ぬるはちさんの映画レビュー・感想・評価

ぬるはち

ぬるはち

ターミナル(2004年製作の映画)

4.7

お気に入り映画の一つ、トムハンクス好きにとってと最高の作品の一つ
ナボルスキー(トムハンクス)は東欧の小国からNY空港にくるが、祖国でクーデターが起こりパスポートが無効のため入国出来なくなる、片言しか
>>続きを読む

ミッドナイト・スペシャル(2016年製作の映画)

2.7

説明ない系SF、目が光る未知の言語を喋る衛星を墜落させるなど不思議な能力がある少年、少年曰く人間の世界の上に別な世界がある、少年を宗教組織のようなところから連れ出した父親、母親も合流し、FBIの捜査を>>続きを読む

フローズン(2010年製作の映画)

3.3

男女3人で夜のスキー場、営業時間終了間際に係員をごまかしリフトに乗り込むが、係員が存在を忘れてリフトストップ、吹雪の高所で置き去りにされた、3人は脱出しようと試みる、しかし1人は飛び降りるが足が折れグ>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.7

最悪な結末の映画の一つ、見終わった後の脱力感、後味の悪さは抜群
スティーブンキング原作の割に、比較的まともなお父さん(スティーブンキングの作品で描かれる父親は家庭内DVやアル中が多い)
ある日突如町が
>>続きを読む

感染(2004年製作の映画)

4.0

豪華俳優陣のグロホラーとしてオススメだが、初心者にはちょっとよろしくない
ヤバい、グロい、気持ち悪い、後味悪い、気味がわるい、おかしい、そんな映画
病院が舞台だが、出てくる人みんなだんだんおかしくなる
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.7

スティーブンキングに興味を持ち始めた作品
過去から何度も見ているが色褪せない名作、見る年齢によって見え方が変わる作品は名作だと聞いたことがあるが、まさにこれ、大人になって見てもノスタルジックな感覚であ
>>続きを読む

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

3.3

高倉健、松田優作、ダグラス、あぶれものアメリカ人警官が、米でヤクザ抗争を起こした松田優作を日本に護送するが逃げられる、その責任を感じで日本に残り捜索する、高倉健は日本警察のお目付役、松田優作はヤクザ内>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.2

アメコミ原作、灯台守の男が海岸に打ち上げられた女性を助ける、その女性は海底国アトランティスの王女、男と王女の間に子供アーサーが産まれるが王女は海底国に連れ戻される、アーサーが大人になるが、アーサーの兄>>続きを読む

デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2(2003年製作の映画)

4.0

ファイナルディスティネーションシリーズの2作目
前作同様主人公の女の子が高速道路の玉突きで死ぬ予知夢を見て回避するが、実際に事故は発生する、それにより生きながらえた複数人が、やはり次々に不可解な死を迎
>>続きを読む

ファイナル・デスティネーション(2000年製作の映画)

4.7

初めて見た時は衝撃的だった映画
主人公は高校生で修学旅行に行く飛行機で墜落する夢を見て、慌てて飛行機から降りる、騒動になりクラスメイトと先生の数人も同じく降りる、しかしその飛行機は実際に墜落する、死を
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.2

不眠症に悩むエドワードノートンは、偽ってガン患者などの自助グループに参加し大泣きによって症状が落ち着いていたが、謎の女を頻繁に目撃することで症状が悪化、ある飛行機の中でタイラーに出会う、タイラーは真逆>>続きを読む

ラストサマー(1997年製作の映画)

4.0

ジェニファーラブヒューイットの美貌に震えた思春期を思い出す作品
田舎の高校生4人がある夏の夜、ドライブ中に人を跳ねてしまう、発覚を恐れてその死体を海に登記する、一年後に去年の夏のことを知っているぞ、と
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.4

ストーリーについては述べない

何度見ても時間が経っても色褪せない、これが時代を超える名作という雰囲気、若いディカプリオの自身なのでは無いかと思えてしまうほど、目線ひとつ表情ひとつ、全てが自然かつ説得
>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

4.5

パリの悪臭漂うスラム街で産み落とされたジャンバティスト、生まれながら異常に嗅覚が発達していた、孤児院後に過酷な労働を強いられていたがある日街中で今まで嗅いだことのない娘の匂いに惹かれる、その娘の跡をつ>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

スピルバーグ製作、アバターの仮想空間オアシスが当たり前になり、現実世界の一部になっている近未来、主人公は貧乏でアバターの世界に逃避する傾向、オアシスの創設者が死に、残された3つの謎を解いたものに莫大な>>続きを読む

ブラックホーク・ダウン(2001年製作の映画)

3.7

ジョシュハート、戦争映画の良作の一つ、ソマリア、米軍軍隊での敵軍将をとらえる作戦でブラックホークが政府軍の攻撃で墜落、それを助けに行くが包囲される、また別のヘリも墜落、助けに行くがどんどん撃たれて死ん>>続きを読む

ジャンパー(2008年製作の映画)

3.3

ヘイデンクリステンセン、レイチェルビンソン、Lジャクソン、瞬間移動能力を持つヘイデン、能力者を捕まえる集団パラディン、高校生の時にイジメうけ父子家庭から家出、能力で銀行強盗、大人になり初恋の人に会いに>>続きを読む

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

4.3

アカデミー主演男優賞、正義感が強く麻薬捜査官新人のイーサンホーク、それをトレーニングするデンゼルは違法なやり方で取り締まる、大麻を吸わせたり、金銭をやり取りしたり違法の限りを尽くす、しかしマフィアとい>>続きを読む

マチルダ(1996年製作の映画)

3.2

コメディヒューマンドラマ、どーしようもないネグレクト気味の小ズルい夫婦に生まれた女の子、実は幼児の頃から天才的な頭脳をもっており、それを使い悪いことをする親をイタズラして懲らしめる、小学校に入学し、実>>続きを読む

ギャング・イン・ニューヨーク(2017年製作の映画)

3.2

トラボルタがマフィアのボス、ゴッデイ、マフィアで冷酷ではあるが筋を通し、家族を守る、地域住民からも信頼が厚い、息子は堅気で育てるはずが、問題を起こし跡を継ぐことに、マフィアの大ボスを殺しトップにのし上>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.5

トムハンクス、離陸直後バードストライクでエンジン2基消失、空港に引き返すことも出来ずニューヨークのハドソン川に不時着、奇跡的に155人全員無事で英雄となったが、しかし運輸安全委員会より空港に引き返すこ>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.7

売れない記者、弁護士の彼女の機密情報を盗み見て、大企業の人体実験のスキャンダルを取材するが、企業の根回しでクビになり彼女にも振られる、彼女は医師と新たに付き合う、同時期に宇宙から液体生物を複数捕獲、そ>>続きを読む

猫の恩返し(2002年製作の映画)

3.0

女子高生ハル、ある日車に引かれそうになった猫を助けるがその猫は猫の国の王子で、半ば強引にお礼としてフィアンセとして猫の国に連れていかれる、猫王はハルを猫に変えて逃げれなくしようとする、助けを求めたバロ>>続きを読む

妖怪大戦争(2005年製作の映画)

3.5

神木隆之介、両親離婚して母方の田舎に引っ越しなかなか馴染めない、田舎の祭りで突然、麒麟送子に選ばれる、言い伝えに従って山に剣を探しに行き、妖怪たちに出会う、妖怪達を助けるべく妖怪を壊滅させようとする親>>続きを読む

グラディエーター(2000年製作の映画)

4.5

ラッセルクロウ、リバーフェニックスの兄弟のホアキン、ローマ皇帝の忠実な北方司令官であったが、老いたローマ皇帝が子であるホアキンに暗殺される、死に疑念を感じた矢先ホアキンに捕まり処刑されそうになる、なん>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

3.8

何度見たかわからんが夏に見たくなる映画、とても12年前とは思えない画、ストーリーの軸がしっかりしつつごちゃごちゃし過ぎてない、シンプルだが奥が深い、全体的に非現実過ぎるがここまでだと逆に気にならない

バケモノの子(2015年製作の映画)

3.5

母親が死に親戚に馴染めず家出をした小学生、街を彷徨ってたらバケモノの町に辿り着く、「宗氏」を決める戦いの候補である熊徹の弟子になり、9才から17まで剣の修行、もう1人の候補の猪王山の子供は実は人間で闇>>続きを読む

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

3.5

人狼と結ばれた女性、人狼子供を2人産む、父親は突然川で死んでしまう、人目と人狼の子育てに悩み田舎引っ越し、シングルマザー奮闘、学校で同級生に怪我、弟は不登校に、最終的には姉は人間として、弟は狼として生>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.5

売れない貧乏役者堺雅人、殺し屋香川照之、婚活広末、堺雅人が自殺する前に銭湯に行く、香川もたまたま銭湯に行き転んで記憶を失い、堺雅人は落ちた銭湯の鍵を交換してそのまま服を着てなりすます、香川は自分は貧乏>>続きを読む

アフタースクール(2008年製作の映画)

4.0

序盤はつまらなかったけど終盤のどんでん返し過ぎて凄かった。もうひっくり返りすぎる。一流企業サラリーマン堺雅人、幼なじみのヤクザの愛人常磐貴子、学校教師大泉洋、チンピラ探偵、ヤクザに頼まれてチンピラ探偵>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

4.2

福島第1原発、渡辺謙、最後まで原発で戦った50人、地震で電源喪失、津波で非常用電源も完全喪失で原子炉は管理不能でメルトダウンの危機、実話というのが頭にこびりついてるので非常にのめり込んだ、俳優達の鬼気>>続きを読む

青天の霹靂(2013年製作の映画)

4.0

劇団ひとり原作、大泉洋が売れないバーのマジシャン、父親はホームレス、人生に絶望していたところ突然過去に戻り、偶然であった若い頃の母親に会い、母親は実は病死だと知る、過去の父親にろくな人生じゃないから子>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

4.0

三谷幸喜、中井貴一が乱暴で粗野な首相、ある日記憶をなくしてしまい優しく思いやりがあって善良な首相になる、ばらばらだった家族も徐々に絆が復活し立て直す、実は途中から記憶は戻っていたが自分自身もやり直した>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.5

3話。小学校の忘れられない女の子、転校し中学生、大雪の時に栃木にあいにいく。1年ぶりに好きな人に会いに行くのに、床が水で濡れているとか、外は一面闇だとか、そのネガティヴ描写はなんなんだろう、と違和感。>>続きを読む

252 生存者あり(2008年製作の映画)

2.5

レスキュー台場を辞めた伊藤英明、耳が聞こえない娘、天災で地下に閉じ込められる、遭難したメンバーは悪くない、
都合よく進む話や非常識がイラつく、伊藤英明よりもレスキューが早く救出されたり、隊長が兄弟だっ
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.4

堺雅人、高畑充希、作家の主人公堺雅人、妖怪幽霊が出る鎌倉という設定、突然死んでしまった妻高畑充希を取り戻すために黄泉の国に向かう堺雅人、妖怪の世界観は好き、カエルの堤真一の家族を思うシーンは好き、
>>続きを読む

>|