永遠の寂しんぼさんの映画レビュー・感想・評価

永遠の寂しんぼ

永遠の寂しんぼ

映画(110)
ドラマ(0)
アニメ(0)

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021年製作の映画)

4.0

『エグみが足りない』

1作目よりは面白かったし、最近長尺化してきてるアメコミ映画の中で尺も短く気軽に観れたのは良かった。ただ引き続きR指定にできなかったことで残虐さが足りない。カーネイジによる虐殺シ
>>続きを読む

ミラベルと魔法だらけの家(2021年製作の映画)

3.5

『ディズニーにしては微妙』

結局この映画は何を伝えたかったんだろう?中身があるのか無いのかよく分からない作品だった。
『ラーヤと龍の王国』が個人的にはめちゃくちゃ良かっただけにこっちは割と残念な出来
>>続きを読む

恋する寄生虫(2021年製作の映画)

4.5

『人間嫌いのための映画』

個人的には大好物な作品。ベスト10に偏愛枠があったら入れたいくらいに刺さった。

普通の評価軸ではあまり評価されないのは仕方ないと思う。映像と音楽が凝りすぎてて映画というよ
>>続きを読む

CUBE 一度入ったら、最後(2021年製作の映画)

1.2

『閉ざされているのはこの映画自体』

完全な劣化版リメイク。よくこんなのにヴィンチェンゾ・ナタリ監督が制作に協力してくれたもんだ。オリジナル版にあったCUBEのトラップの数学的な仕組みの件も雑になって
>>続きを読む

由宇子の天秤(2020年製作の映画)

2.0

『人の心に土足で踏み入るな!』

2時間半も尺を使う必要性は全く感じなかったし、間延びしてるシーンが多すぎてうんざりした。手持ちカメラで撮った様なシーンもあるし、女子高生の家のシーンとかもリアルではあ
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

4.2

『ヒント出し過ぎじゃない?』

これは絶賛評を聞きつけて観に行ったけど、ちょっと期待値を上げすぎた感がある。傑作だと思うけどそこまで刺さらなかった。初体験となったR18指定だけにかなり身構えていたが、
>>続きを読む

サマーゴースト(2021年製作の映画)

4.4

『あの子の命は線香花火』

事前情報からかなり期待していたし、だいぶ小規模公開だったにも関わらず近くの映画館でやってたことに運命を感じて鑑賞。個人的には期待通りの素晴らしい短編映画だった。
今作は芸術
>>続きを読む

エターナルズ(2021年製作の映画)

4.4

『2021年神々の旅』

僕はアメコミ映画の好みは結構ズレてて、アイアンマンとかスパイダーマンみたいな王道ヒーローよりも、ドクターストレンジとかワンダみたいなファンタジー寄りの変化球ヒーローのほうが好
>>続きを読む

映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ(2021年製作の映画)

4.0

『じぶんさがしは夢さがし』

前作が完璧な脚本&意外かつ心打たれる展開のある大傑作だっただけに、前作と比べると厳しいけどこの2作目も十分いい映画。とかげくんとそのお母さん、月からやってきた魔法のコたち
>>続きを読む

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

4.5

すみっコぐらしはキーホルダーとかUFOキャッチャーで取るぬいぐるみとかで存在くらいは知ってたけど、まともにアニメ作品を見たのはこれが初めて。
『青い月夜のまほうのコ』の予習がてら観てみたら、子供向け映
>>続きを読む

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

4.3

『神はなぜこんな醜い生き物を創ったのか』

権力と欲に溺れ、突き動かされていた中世ヨーロッパの男たちの醜さを生々しく描いている為にかなり胸糞悪い。決闘を行う2人の騎士やベン・アフレック演じる領主の男は
>>続きを読む

アイの歌声を聴かせて(2021年製作の映画)

4.5

『シンギュラリティの幸福論』

この映画は一言で言えば女子高生版ドラえもん。未来から来た猫型ロボットのドラえもんと小学生ののび太達の日常を描いた『ドラえもん』と、近未来を舞台にAIを搭載した女子高生型
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2020年製作の映画)

3.8

『花束みたいなジョゼ虎』

2020年公開のアニメ版『ジョゼと虎と魚たち』は映画では殆ど滅多に泣けない自分が号泣するほどあまりに刺さりまくった作品で、僕の生涯ベスト映画は現状それだったりするのだが、韓
>>続きを読む

Our Friend/アワー・フレンド(2019年製作の映画)

3.2

『……』

この映画が合わなかった事は、2021年でも特にショックだった出来事だった。

これを観る前は過剰なくらい本作に期待していた。もしかしたら年間ベストに入るかもって。(あくまで日本の)ポスター
>>続きを読む

光を追いかけて(2021年製作の映画)

4.5

『少年少女のサンクチュアリ』

僕も中学・高校の時、退屈な授業中ずっと思ってたよ。学校にミサイルでも突っ込んで学校ぶっ壊れて休校にならねぇかなーってw

秋田の田舎町に越してきた中学生の少年と町で出会
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

4.7

『荘厳なる宇宙叙事詩の始まり』

IMAXレーザー/GTで鑑賞。映画にハマりだして一年くらい経ち、今作が記念すべき池袋のグランドシネマサンシャインの超ドデカスクリーン初体験の映画となった。公開前に散々
>>続きを読む

MINAMATAーミナマター(2020年製作の映画)

4.4

『これをアメリカに作ってもらう日本って…』

実は、当初は観るつもりはなかったものの父に薦められて観た。父の父、つまり僕の祖父が熊本出身だから薦めたかったのかな?結論から言えば事前の予想よりもずっと見
>>続きを読む

護られなかった者たちへ(2021年製作の映画)

4.2

『作為と不可抗力の狭間』

原作は未読。
震災という不可抗力と社会制度の歪みの中で起こった悲劇を役者陣の見事な演技で体現した社会派映画。生活保護の不正受給や行政側の苦悩を描く事で物語のバランスも取れて
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

4.5

『少し寂しいけど、それもいいね…。』

IMAXで鑑賞。
これは賛否割れるのも納得。上映時間がちょっと長すぎる上にツッコミ所が多いのも否定できない。ただ、過程はどうあれシリーズの最終作に大団円を観せら
>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

4.3

個人的なこの『スペクター』の見どころは、冒頭3分半くらいの長回しシーンとローマでのボンドとミスター・ヒンクスのカーチェイスかな。今作でようやくQお手製のボンドカーが活躍しだす。前シリーズのピアーズ・ブ>>続きを読む

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

4.5

ダニエル版ボンド最高傑作と呼ぶ人も多いこの三作目。僕も1作目の『カジノ・ロワイヤル』とほぼ同じかそれ以上の傑作だと思っている。
冒頭のトルコでのバイク、列車上での怒涛のチェイスアクションで一気に引き込
>>続きを読む

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

4.1

ダニエル・クレイグ版007の中では唯一これだけがちょっと微妙だったかな?まず冒頭、Mr.ホワイトが再び逃げた時点でだいぶガッカリ。前作同様ボンドと敵とのチェイスシーンとなるが、『カジノ・ロワイヤル』と>>続きを読む

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

4.5

最新作ノー・タイム・トゥ・ダイ前に鑑賞。個人的なダニエル・クレイグ版007最高傑作は、コレか3作目のスカイフォールが競り合っている感じ。

まず冒頭のチェイスシーンが素晴らしすぎる。下手なアクション映
>>続きを読む

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

2.0

『役者頼りのカッコつけ映画』

前作とどっこいどっこい。前作よりはホテル業務の件は減り、事件解決に直接関係のあるシーンが多かったのは良いと思うけど、前作以上に既に別の場所で起こっている事件の背景の説明
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

2.0

役者陣と舞台のセット、劇伴音楽が豪華なだけの雰囲気映画。ドラマスペシャルでやればいいような内容を映画にしちゃっただけ。前半の事件とは本来無関係なホテル業務の件を無理矢理後半の事件の件に繋げてて、やり方>>続きを読む

クーリエ:最高機密の運び屋(2020年製作の映画)

3.8

『スパイだって人間だもの』

米ソ冷戦の佳境、キューバ危機の裏側で西側のスパイとして動いていた英国人セールスマンの実話を元にした映画。

とりあえずカンバーバッチの役作り&体作りは凄い。最初はMI6の
>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

4.6

『自分で自分を助ける事が一番難しい』

間違いなく今年観た実写邦画の中ではほとんどぶっちぎりでベストの大傑作。鉛でも飲まされたかのように重くて苦しい映画だけど、邦画でここまで作品にのめり込まされたのは
>>続きを読む

プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第2章(2021年製作の映画)

4.1

『因習と革新の戦いが始まる』

“ここでロックロアのシングルグレーンが飲めるって聞いたんだけど?”

3回鑑賞。結論から言えば期待通りの面白さだった。プリンセスが女王となりアルビオン王国と共和国を隔て
>>続きを読む

レミニセンス(2021年製作の映画)

4.0

"HE CAN (NOT) ADVANCE."

日本のワーナーの宣伝の仕方が悪さがかなり足を引っ張ってる印象だけれど、内容は全然悪くない。公開開始から数日経って予告が詐欺ってる事をおおよそ知った上で
>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

3.8

『前半と後半の温度差がすごい』

前半のカンフーアクションはすごく良かった。香港のビルでの夜景をバックにしたアクションは『007/ スカイフォール』を意識してるのかな?と思ったり。

後半の『ラーヤと
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

4.4

『時間泥棒に気をつけろ』

中盤はちょっと地味で少しダレたものの全体としては結構引き込まれた傑作。色々おかしい所はあるものの、あのビーチで描くべき事はだいたい全部やっていたと思う。あのビーチで不本意に
>>続きを読む

岬のマヨイガ(2021年製作の映画)

3.5

『ちょっと生ぬるい心の復興』

この映画は『けいおん!』『ガールズ&パンツァー』『聲の形』など、数々の名作アニメの構成や脚本を手がけた吉田玲子さん脚本のオリジナルアニメ映画として結構期待していた作品だ
>>続きを読む

かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル(2021年製作の映画)

1.5

『愛のない実写化は結局皆を不幸にするの!!』

真似でいいんだぁ ふぅ~~~~ん。
面倒臭くても意図や表現…「魂込めなきゃ」違うんじゃないかなぁと思って…

結論から言えば前作よりはマシ。多少褒められ
>>続きを読む

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(2019年製作の映画)

1.0

『ゴミかクズのどちらかです』

脚本は適当。演出も雑。まるで学芸会でも作るかのように適当に人気エピソードを並べて…… 折角の原作が可哀そう……

原作マンガとアニメが好きで公開当時に鑑賞済み。今年(2
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

4.4

『悪党はもう、死んでいる』

DCヴィラン達の死屍累々な殺戮祭りと怪獣バトルを楽しめるイカれっぷりを突き通した良きエンタメ映画。DCEUはアクアマンしか観たことがなかったが、そんな僕でも全く問題なく話
>>続きを読む

>|