竜平さんの映画レビュー・感想・評価

竜平

竜平

映画(747)
ドラマ(4)

凶悪(2013年製作の映画)

4.2

ある記者が面会することになる死刑囚の男。彼の証言から明らかになっていく一連の殺人事件と、背後に潜む「先生」と呼ばれる男の存在。どんより暗くてずっしり重たい、邦画的クライムサスペンス。
フィクションでは
>>続きを読む

MONSTERZ モンスターズ(2014年製作の映画)

3.7

意のままに人を“操る男”と、唯一その男に“操られない男”。出会ってはいけない二人が出会ってしまうことで勃発する禁断のバトル。果たしてその行方は、という話。
藤原竜也と山田孝之、この二大キャストによる人
>>続きを読む

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

4.0

「BR法」という架空の法律により中学生のクラスメイト同士が殺し合いをさせられてしまう話。製作されてからかなり年月が経つけども未だにセンセーショナルで、じつは現代的で、なんなら更に深みを増してるようにさ>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

3.8

ある高校で人気者的な立ち位置にいる英語教師「蓮見」にはとんでもない秘密があった。学園モノ及び超絶バイオレンスムービー、にして衝撃的問題作。
ハツラツとしていて生徒からも慕われていて、絵に書いたような善
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

4.4

中学校のとあるクラスのホームルームにて、生徒たちに向けて教師が放つ衝撃の告白。やがて明かされていく事実と巻き起こる新たな問題。中島哲也監督が贈る極上の学園ミステリー。
チャプター形式で展開していくそれ
>>続きを読む

GO(2001年製作の映画)

4.3

在日である高校生「杉原」が人生や恋や将来など様々な問題にもがきつつ、日々を駆け抜けていく。青春系ヒューマンドラマ。
この頃のクドカン脚本作品を見てたのが個人的には青春真っ只中の時期で、いやはや当時の記
>>続きを読む

ピンポン(2002年製作の映画)

3.7

とある高校の卓球部にいる友人同士の二人、星野「通称ペコ」と月本「通称スマイル」を軸に描くスポーツ青春映画。松本大洋原作の漫画実写化作品。
まず原作がめちゃくちゃ好きな身として、メインとなるキャラクター
>>続きを読む

デンジャラス・ラン(2012年製作の映画)

3.8

裏切り者としてCIAに指名手配されている男「トビン・フロスト」のまさかの出頭から始まってしまう危険な任務と、そこに渦巻く陰謀。
アクションありサスペンスありのスリリングな展開を存分に楽しむべきな内容。
>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

3.8

ロボットの警察が街を守る近未来の南アフリカ、ヨハネスブルグにて、その設計者や製造会社、そして新たに生み出される超高度な人工知能を巡って巻き起こる事件を描く。ニール・ブロムカンプ監督によるSF的ヒューマ>>続きを読む

エリジウム(2013年製作の映画)

3.8

貧民たちが暮らす荒廃した地球と、そこから移住した裕福な者たちが暮らすスペースコロニー「エリジウム」を舞台に巻き起こる事件と攻防。マット・デイモン主演で贈る近未来SFアクション。
SFのジャンルを土台に
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

4.4

リュック・ベッソンが贈る近未来SF。遥か昔から伝わる「4つの要素を司る石」と、至高の存在「フィフス・エレメント(第5の要素)」を巡る摩訶不思議アドベンチャー。
これまた小さい頃から何度も何度も見てる大
>>続きを読む

NEXT -ネクスト-(2007年製作の映画)

3.4

ニコラス・ケイジ扮する“2分先の未来を見ることができる”男が核爆弾を巡る巨大な事件に巻き込まれていく。SF的ファンタジックサスペンス。
設定だけで言えばここ最近見た作品の中でもかなり上位に食い込むおも
>>続きを読む

127時間(2010年製作の映画)

4.2

アメリカはユタ州、ブルー・ジョン・キャニオンにて「アーロン・リー・ラルストン」という人物が見舞われる「不慮の事故」を描く。
これは人生のターニングポイントとでも言うべきなのか。なんとも「怖いもの知らず
>>続きを読む

28日後...(2002年製作の映画)

3.5

とある事故から28日後、ロンドンの病院で目を覚ます男が見る見るうちにその異常事態に巻き込まれていく。ダニー・ボイルが贈るゾンビサバイバル映画。
全編に渡っての、わりと静めな雰囲気というのが非常に印象的
>>続きを読む

人生、ブラボー!(2011年製作の映画)

4.1

若い頃に行った精子提供により533人の遺伝子上の父親となっていたことが発覚する42歳独身男の話。ゆるめに、そしてユーモアたっぷりに描かれるハートフルコメディ。カナダ映画。
「そんなバカな」的なストーリ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

「半地下」に住む無職の家族のもとにひょんなことから舞い込む仕事。やがて巻き起こる奇妙な人間模様。彼らの行き着く先は、という話。
ブラックコメディともダークファンタジーとも違う、ダークコメディとでも言お
>>続きを読む

ロニートとエスティ 彼女たちの選択(2017年製作の映画)

4.0

厳格なユダヤコミュニティのもとで生まれ育った女性が父の死をキッカケにその故郷へと帰ってくる。そこに待つ幼馴染みとの再会、そして忘れ得ぬ思い出。同性愛と信仰を題材に贈るラブロマンス映画。
個人的なことか
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.6

第二次世界大戦下のドイツにて、少年ジョジョとその取り巻きが織りなす「愛」の物語。ハートフル的ブラックコメディ。
時代的な繋がりで『ライフ・イズ・ビューティフル』を思い出した、ってのはこっちの話。ユダヤ
>>続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

3.7

余命僅かの重病を告げられてしまう見知らぬ二人の男がひょんなことから意気投合、“海を見に行く”ために病棟から抜け出す、というところから始まる話。ドイツ映画。
突然の思いつきによる旅、そして逃避行。そこに
>>続きを読む

サンシャイン・クリーニング(2008年製作の映画)

4.0

とある姉妹がひょんなことから「事件現場の清掃」の仕事を始めることに。自身の人生と向き合っていく様をユーモラスにハートフルに描く、ほのぼの系ヒューマンドラマ。
エイミー・アダムスとエミリー・ブラントとい
>>続きを読む

バニラ・スカイ(2001年製作の映画)

3.7

やり手でプレイボーイで、若くして出版社の社長という金持ち男の身に起こる事件。そこから徐々に夢と現実の区別が曖昧になっていく、という話。
スペイン映画『オープン・ユア・アイズ』のリメイク、というのは今更
>>続きを読む

ザ・エージェント(1996年製作の映画)

4.2

あるスポーツエージェントの男の苦悩と再起を描く、ラブロマンス的ヒューマンドラマ。
コメディタッチでありつつ、そこに掛かるエモーショナルな展開が印象的。主人公ジェリーがひょんなことから起こす「ある行動」
>>続きを読む

ゴーストライダー2(2011年製作の映画)

3.0

邦題で『2』を冠していて、更にニコラス・ケイジ主演というのも同じなのに、じつは『ゴーストライダー』の続編というよりもリブートというべきか、ストーリー的な繋がりがないという変な作品。何も知らずに見て「な>>続きを読む

ゴーストライダー(2007年製作の映画)

3.0

バイクスタントマンの男「ジョニー・ブレイズ」が青年期にひょんなことから交わす悪魔の契約。それがキッカケとなって誕生する摩訶不思議ヒーローの話。アメコミ原作のヒーロー映画。
同じマーベル作品で言うところ
>>続きを読む

バンコック・デンジャラス(2008年製作の映画)

2.8

ニコラス・ケイジ扮する完璧主義の殺し屋「ジョー」の物語。
タイトルにある「バンコック」ってタイの「バンコク」のことだったんだねー気づかなかったー、ってのはまぁ置いといて。主人公の男はこれまでたった一つ
>>続きを読む

タンジェリン(2015年製作の映画)

3.0

クリスマスイブのロサンゼルス、ドーナツショップで話すトランスジェンダーの娼婦二人。何気ないその雑談があれよあれよという間に騒動へと発展する。
オカマって書こうとしたけど、トランスジェンダーというのはそ
>>続きを読む

リバー・ランズ・スルー・イット(1992年製作の映画)

3.8

舞台はモンタナ州ミズーラ、牧師で釣り好きの父を持つ二人兄弟の人生の物語。俳優ロバート・レッドフォード監督作品。
少年期から青年期にかけての成長を軸に、恋や就職、大人になるにつれての心境の変化などが描か
>>続きを読む

メイフィールドの怪人たち(1989年製作の映画)

2.9

住宅街メイフィールドにて、少し前に引っ越してきたというどっからどう見ても怪しい隣人の謎を追って住人たちが奔走する、という話。
「脱力系コメディ」と言うべきなのかな、と思ったけどあとで調べたらこれは古典
>>続きを読む

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)

4.0

米ソ冷戦下、スパイが横行する時代。ある弁護士の男が請け負うことになる裁判と、それを皮切りに張り詰めていく国と国との問題、その行方やいかに、という話。実話を基にしたサスペンス的史実映画。
スティーヴン・
>>続きを読む

グリーンマイル(1999年製作の映画)

4.4

とある刑務所を舞台に、送り込まれてくる死刑囚とそこにいる看守たちの間で起こる問題、そして目の当たりにする「奇跡」を描く。フランク・ダラボン監督が贈る言わずと知れた名作。
これまた何度も見てるんだけど、
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.8

舞台は架空の国ズブロフカ共和国。山の麓に建つ、とあるホテルにまつわる物語。ウェス・アンダーソン流、ミステリー的あっさり系コメディ。
とまぁ彼の作品って基本「コメディ」だと個人的には捉えてるんだけどどう
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.3

1962年アメリカにて、ある白人の男が黒人ピアニストに用心棒として雇われ共にコンサートツアーを回ることに、という話。人種も性格も違う二人が織り成す笑いありほっこりありのロードムービー的実話。
なんとい
>>続きを読む

アメリカン・ギャングスター(2007年製作の映画)

4.2

自らの力で麻薬業界をのし上がっていくギャング「フランク・ルーカス」と、正義の道を真っ直ぐ行く警察官「リッチー・ロバーツ」。双方の視点からその時代を描いていく、事実を基にした犯罪映画。
実話というのもあ
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.3

イラク戦争に従軍し伝説と呼ばれた実在のスナイパー「クリス・カイル」の半生を描く。事実に基づく戦争及びヒューマンドラマ。
終始静かで暗めの作風ながら驚くほど見入ってしまうという、これはまさにイーストウッ
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.2

どこにでもいる至って「普通」の大学生たちが起こすことになる「とある事件」。その経緯から結末までを描く実話。
個人的なことから言えば、今作はあらすじなどの前情報を何一つ入れずに鑑賞。序盤からある「まさか
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.4

美人コンテスト「リトル・ミス・サンシャイン」に出場するため、マイクロバスに乗り込んでの家族総出の旅が始まる。問題ありあり一家が織り成す、珠玉のロードムービー。
見るたびにどんどん味わい深くなっていくよ
>>続きを読む

>|