sanbonさんの映画レビュー・感想・評価

sanbon

sanbon

映画(231)
ドラマ(0)

仮面病棟(2020年製作の映画)

3.6

歯切れの悪さが非常に勿体ない。

今作は「屍人荘の殺人」でやらかしちゃった「木村ひさし」らしからぬ、理路整然としたフェアな作品に仕上がっていてちょっと意外だった。

木村ひさしといえば、屍人荘〜のレビ
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.4

無理矢理過ぎて納得しにくい。

これ、ハッキリ言ってちょっと評価が高すぎる気がする。

確かに「密室もの」でありながら、殺人事件などでは使えないトリックを用いていた分、非常にトリッキーで技ありな作品で
>>続きを読む

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

3.1

脚本まで底辺にしなくてもいいのに。

今シリーズは、原作者が絡んだせいで悪くなるという特殊なパターンを繰り返す希有な作品と言えよう。

そりゃ、生みの親公認で上がってきた脚本にケチを付けられる人間など
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

3.5

悪くはないが、これが海外の映画賞に招待されたと聞くと恥ずかしくなるジレンマ。

まず、単刀直入に問いたいのはタイトルの意味である。

いや、意味は分かるが意図が分からない。

余命宣告を受けた全てに無
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.7

料理に対する信憑性がイマイチ。

韓国映画を観ると常々思う事があるのだが、整形大国と謳われる韓国において、何故役者業をしている方達はあまり見た目がよろしくない…失礼、ナチュラルな方が多く見受けられるの
>>続きを読む

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング(2019年製作の映画)

4.3

劇場版でやる意義を十分に感じられる大作。

今作は、累計発行部数2000万部超の人気マンガの劇場版第二弾であり、僕も原作コミックは最新刊まできっちり読んでいるのだが、ハッキリ言ってなにがそこまで人気な
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.2

今の映画界のトレンドを物語の設定にまで活かした素晴らしき構成力。

まず、今作で一貫して取り入れらている手法として、"二段構造"がある。

二段構造とは、一つの作品に異なるジャンルを複数採用し、前半と
>>続きを読む

劇場版 おいしい給食 Final Battle(2020年製作の映画)

3.6

給食があった事を有り難く思える映画。

前置きとして、今作は2019年に放送されていた深夜ドラマの劇場版であり、内容もスケールもドラマ版のクオリティの域を一切抜け出ていない為、作品のファンでもなければ
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.7

戦争×子供+笑い=複雑

率直な感想を言うと、今作がこんなにも多くの人に高い評価を得て受け入れられている事に正直驚いている。

なにせ、第二次世界大戦末期を舞台に、ナチス信者の少年が徴兵を夢見て洗脳訓
>>続きを読む

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.5

"妖怪もの"としては面白い。

今作は、日本でいうところの「学校の怪談」シリーズのような、ティーン向けのファンタジーホラーとなっており、(ところで今の十代は学校の怪談を知っているのか?)純粋な恐怖より
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.1

人を裁くのは法律ではなく人。

この作品で語られた"事実"は、国の在り方をも覆しかねないセンセーショナルな内容であり、それがまさかの実話である事におぞましさを感じずにはいられない程であった。

アラバ
>>続きを読む

ルパン三世 THE FIRST(2019年製作の映画)

3.8

「ルパン三世」はこれでいいんだよ。

オールドファンが大勢いる作品のフルCGアニメ化は「山崎貴」監督としては「ドラゴンクエスト」に続き2作目であり、前作の壮絶なるちゃぶ台返しを知っている方なら、今作の
>>続きを読む

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

3.5

初々しいカップルが観たら白目不可避な映画。

今作は、純愛系のキラキラ映画を観たいと思っている方には全くオススメ出来ない。

ましてや、付き合いはじめのまだお互いに手探り状態のカップルは、決して手に取
>>続きを読む

ゴーストマスター(2018年製作の映画)

3.5

映画愛ってなんなんだ。

今作は、言ってしまえば「テレ東」あたりの深夜枠で放送されるような、挑戦的と言えば挑戦的だが言い方を変えれば程度の低い内容の作品であった。

僕はこの映画を、メインビジュアル以
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.7

「カワイイ!」だけが褒め言葉の映画で本当にいいのだろうか。

僕が「DCEU」の作品の感想を述べる際には、必ずと言っていい程「MCU」を比較対象として引き合いに出してしまうのだが、その理由は一貫してな
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.8

これは「欲」のお話。

昨今「イメージ」や「憶測」だけで人物像を形成し、それが一人歩きした結果その人の人生を踏み荒らし、追い詰め、最悪死に至らしめる事件が多発している。

発端になるような事は確かにあ
>>続きを読む

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

3.4

内容と演出の驚異的なミスマッチ。

何故これを「木村ひさし」に撮らせた。

今作は、国内のミステリー賞を4冠もして、僕の敬愛する「浜辺美波」(通称まべみな)が主要人物を演じる事から、公開前からかなり気
>>続きを読む

EXIT(2019年製作の映画)

3.9

"やりたい事"とそれをする"動機付け"の高度なかけ算。

最近目新しい作品を観たいなあと思っているのなら、まずはこれを手にとる事をオススメしたい。

間違いなく、今まで観た事のない"新機軸"のタイトル
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

3.4

"エピソード0"的な映画。

どうやら、今作はリブートではなく2000年版の流れを汲む続編という位置付けらしく「チャーリー・タウンゼント探偵社」が世界規模の秘密組織になって登場する。

その為、司令塔
>>続きを読む

AI崩壊(2020年製作の映画)

3.5

緻密なテクノロジー描写と雑過ぎるストーリー展開。

「AI」が暴走する話はこれまでも数多く製作されてはきたが、もはや何を観ても同じような展開になってしまうのは、現実的でありながら未だに仮定でしか物語を
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.6

これってほぼ「異世界転生もの」じゃね?

どうせなら邦題は「12秒の全世界同時停電の最中に交通事故にあって目を覚ましたら世界最強の武器を手に入れてた」にした方が日本人は喜んだだろうな。

正直、あまり
>>続きを読む

バッドボーイズ フォー・ライフ(2020年製作の映画)

3.8

「ウィル・スミス」が出てるのに「マーティン・ローレンス」から「山寺宏一」の声がしてくる違和感。

ぶっちゃけ、過去作は観たのかどうかすら曖昧な程何一つ記憶に残っていないのだが、このシリーズの吹き替えっ
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.2

モータースポーツはこれだから面白い。

モータースポーツは、数あるスポーツの中でも群を抜いて異質な部分がある。

それは、とんでもない額の金がかかる事だ。

基本、スポーツとは個人の才覚によって優劣が
>>続きを読む

インデペンデンス・デイ:リサージェンス(2016年製作の映画)

3.3

中国による名作の食い潰し(仮)。

公開当時、ビッグタイトルの続編にも関わらず評判が芳しくなかった為レンタル待ちを決意した今作。

しかし、その判断以降も評価はダダ下がりする一方で、結局のところはレン
>>続きを読む

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

3.9

明日多分、必ず会える。

僕らは、そんな"確証なき確信"を無意識に抱き、"あくまで未定"の命をただ漠然と無自覚に消費し続けられるから、未来というものがさも当たり前にある前提で"将来"を想い描く事が出来
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.7

リアリティを度外視する事により起こる化学反応。

こういう"ディストピアを謳歌しちゃおう"的な作品は、時折り各メディアで制作されては話題に上る事が多くなってきたが、その火付け役を担ったと言っても過言で
>>続きを読む

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(2019年製作の映画)

3.3

もっと心理戦を観たかったし「佐藤二朗」は観たくなかった。

原作漫画は、発売当初一巻だけ読んで肌に合わずそのままフェードアウトしていったのだが、その後のメディアミックスが凄まじかった事もあり、僕の見切
>>続きを読む

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.4

個人的にコレジャナイな「ジュマンジ」

今作は、リブート版ジュマンジにしてその第二弾にあたる作品な訳だが、僕はこのシリーズとはどうもウマが合わないようで、今作も前作同様終始集中が全く出来ない状態のまま
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.5

たった一人の願いが世界を滅ぼす。

正直、今作に至っては数多くの意味深なアイテムや事柄よりも、恐怖と謎を牽引する役目を担う"地下の存在"に関する設定があまりにもガバガバで、そちらが気になりすぎて考察う
>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.5

ニップルピアスって何故空けるの?

今作は、単純明快にして全く考察出来る余地のない構成であった為、長らく下書きに残留していた作品なのだが、Filmarksを始めてから鑑賞した映画は必ずレビューを書くと
>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

3.5

懐古厨へのスパルタ的教育〜大人になれない君たちへ〜

今作は「ドラゴンクエスト」をフルCGアニメで再現した作品であり「your story」という副題が付けられている。

わざわざ、これまでの関連作品
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.3

映画の"可能性"と"素晴らしさ"を再認識させてくれる傑作。

今作の舞台である1969年当時のハリウッドは「ヒッピー文化」全盛の時代であり、それに反するように「西部劇」は「明日に向かって撃て!」等の名
>>続きを読む

マレフィセント2(2019年製作の映画)

3.7

王道から超展開へ。

前作は、原点となる「眠れる森の美女」のアウトライン以外の要素をこれでもかと魔改造した様な作品ではあったが、舞台設定や世界観等は広げ過ぎる事が無かった事もあり、辛うじてオリジナルの
>>続きを読む

マレフィセント(2014年製作の映画)

3.6

これこそが王道「ディズニー」。

今作は「眠れる森の美女」の亜流として「マレフィセント」と「オーロラ姫」の関係性を一新させた、完全なる"パラレル"として作品を再構築している。

とはいえ、僕にとってマ
>>続きを読む

ジェミニマン(2019年製作の映画)

3.3

白眉ですらありきたりに。

今作最大の見どころといえば、なんといってもフルCGで蘇らせた20代の若き「ウィル・スミス」と現在のウィルとの絡みであろう。

確かにあれだけの精巧なCGは、現行の作品と比べ
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.6

最終回を無理矢理引き延ばし続けている漫画みたいな映画。

「ターミネーター」は、何故ここまで綺麗なまま終わろうとしないのだろうか。

ハッキリ言って「ジェームズ・キャメロン」が製作から抜けた「3」以降
>>続きを読む

>|