半月板損傷さんの映画レビュー・感想・評価

半月板損傷

半月板損傷

映画(202)
ドラマ(0)

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.0

法治国家において、復讐は禁断の果実。

復讐は何も生まない。
法の裁きを。

「終わったのよ。
忘れて前に進みましょう」


美徳、というか、矜持というか
こんなふうに終わるストーリーが世に溢れるなか
>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

恥ずかしながら寅さん映画を全く観たこと無くてさほど興味もなかったんだけど、シアターで「いま観なかったら今後もレンタルしてまで観なさそう」と思ったので観ることに。

吉岡秀隆のムズ痒い演技とゴクミの棒読
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

一瞬、ずんの飯尾が役者デビューしたのかと思ってしまった。

田中裕子はさすがに名優。

しかしカーチェイスは必要ですかね?笑

一番気になったのはエンドロールの
「照明 かげつよし」

細い目(2004年製作の映画)

3.4

さてラストの解釈はどうしたものか。

初恋は、確かに一秒だったかもしれない。

マレーシアに行ったことはないが、タレンタイム同様、その市井の人々の日々の生活感が感じられた。

クロちゃん似の父ちゃん、
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

DCはやはりこの路線でしょう。
この陰鬱路線。

原作コミックのジョーカーとは些か違うみたいだけどそっちはあまり知ないんですよね俺。
ただ、超絶アタマの切れるサイコパスという印象があったのに対して、む
>>続きを読む

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

4.0

何度も繰り返し観たいタイプの映画じゃないが強烈無比な一撃だった。
これはちょっと頭を整理してちゃんと感想まとめたいな。

英雄は嘘がお好き(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

気軽に観られるライトなコメディで、そもそもの設定が好き。

しかし姉がこの男とくっつく経緯が雑すぎてそこは気持ちが追いつかなかった。

台風家族(2019年製作の映画)

3.2

はぐれSMAP主演映画三連戦計画。

半世界(主演:稲垣吾郎)
台風家族(主演:草なぎ剛)
凪待ち(主演:香取慎吾)

彼らに対して特段の思い入れがあるわけでもないのだが、心情的になんか応援したい気持
>>続きを読む

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

3.2

主人公の役者が育ちが良さそうでスラム街っぽくもヒップホップぽくもないイケメンなのでイマイチしっくり来ない部分もあるが、青春映画として爽やかな好感はもてた。
インド映画の水準の高さを感じた。

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

3.5

マフィアのボスにお前は友達だなんて言われて陶酔しちゃってのめり込むんだけど結局のところ自分というものを持たないパシリに過ぎない。言われるがまま手を汚し続けた男が老い先短くなって至る境地があの空虚なラス>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

結論からいうとあまり刺さらなかったけれども、過度な期待はしてなかったし、苦しみながらも何とかまとめてくれたかな...という感想。

やはりシスはいい。パルパティーンはいい。
何だかんだここ最近、暗黒面
>>続きを読む

2人のローマ教皇(2019年製作の映画)

4.4

バチカン=キリスト教の総本山
ローマ教皇=キリスト教のトップofトップ

...ぐらいのことをボンヤリ認識してる程度だし、内容もほぼ全編おじいちゃんふたりの会話だし、特に何も起きないんですけども、ブッ
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.1

もうすぐSW:ep9、来年はブラックウィドウ公開ですが、一足早くカイロ・レンvsブラックウィドウの超絶離婚バトルを。

...なんて感じで観に行ったら名画でした。
殊にアダムドライバーは今まで観た中で
>>続きを読む

永遠の門 ゴッホの見た未来(2018年製作の映画)

3.3

絵画にもゴッホにも疎いボンヤリ層ながら、予告編のウィレム・デフォーにプラトーンポーズまでキメられては、もう無視できません。

ゴッホといえばひまわりの絵が有名というのはなんとなく知ってますが、アルルの
>>続きを読む

半世界(2018年製作の映画)

2.7

脚本、台詞まわし、全体的に舞台演劇っぽいなと思った。
いや舞台は舞台で好きなのだが、映画となると情報量からして別物なので、いやそこはいいんじゃね?っていうような細かい事まで全て台詞で伝えようとしてくる
>>続きを読む

アースクエイクバード(2019年製作の映画)

3.4

高身長に濃い顔、英語力とミステリアスな影を纏い、ブロンドのチャンネーにもモテモテで昼も夜もワールドワイドに羽ばたきたかった人生でした。
いやそれはともかく。

あー写真てやっぱ魂抜かれるんですね。
>>続きを読む

>|