八咫さんの映画レビュー・感想・評価

八咫

八咫

映画(132)
ドラマ(15)

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.1

みんな意地悪だ。本当に意地悪だ。何の権利があってマルコを不当に、不当に扱うの。両親が同性愛者で、一人がゲイバーで女装をして働いている、それが理由になるなんて笑わせる。どんな職業差別よ、どんな同性愛者差>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

2.6

うーーーーーーん…。
俳優たちが悪いのか、演出が悪いのか、、サスペンスやミステリー程確信に迫ろうと動く話でもないし、かと言って日常系でもない。『怒り』を観てしまうと、この映画だってどの映画だって、そこ
>>続きを読む

バトル・ロワイアル 特別篇(2001年製作の映画)

1.8

端端がクソ映画なのに満足度が3ある稀有な映画。キャラクターの台詞を黒背景の白文字で縦読みにする謎の演出が随所で見られます。
この映画なかなかに知名度が高いのはクソ映画すぎるからか?
前田亜季が教師キタ
>>続きを読む

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

3.0

純粋な娯楽映画。何にも考えずに観れる。そこに含蓄とかメッセージ性はない。ドラマも1話しか観たことなくてそれも私には合わないなあと思って切ってたことを思い出した。この映画はドラマファンが観るんだろうな。>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.3

娯楽映画としては満点。綺麗にまとまってるし話もどんどん進むしこういう頭使わないで観れる映画は暇つぶしに最高。
主人公役の俳優のあの目がギョロっとしてて不気味な感じがすっごくキャラクターに合ってた。てか
>>続きを読む

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

1.0

視聴し続けるのが困難なほどの退屈さ。
不評の意味がわかった。ドラマ版の方の絶賛の嵐はこちらの映画と相対している意見がかなりある。ドラマの方がどれだけの出来なのかは分からないけど、もうどうしようもなく下
>>続きを読む

天空の蜂(2015年製作の映画)

3.0

上映当時映画館で観た思い出。
綾野剛月間だし満足度が高かった記憶があるので再視聴。しかし…。
なんだろ?演出の問題なのか所々間延び感がすごいし、今思えば佐藤二朗のあのわざとらしい演技とか松島花の演技の
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.0

ごめんなさい、私にはハマりませんでした。
ためになったことは
「脳死状態になっても、
脳死判定をしてから臓器提供ではなく
臓器提供の意思表示があると脳死になる
世界でも稀な考え方」
ということ。
川栄
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

2.5

ドラマHANNIBALにどハマりしたので原点とも言われるこちらの映画を漸く視聴。結果、不発に終わった。
やはりどうしてもマッツミケルセンのハンニバルを思い出してしまうし、それと比べてしまう。どちらもハ
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

3.6

涙活したくて。大号泣ってわけではないけど、場面場面結構泣いてしまった。
沢山のメッセージが込められている映画。協調性がない少年主人公オスカーは9.11で父(トムハンクス)を亡くす。その父の遺品にBla
>>続きを読む

新宿スワン(2015年製作の映画)

1.0

は?なにこれ、ってエンドロール入った瞬間声出た。もう途中からつまらなすぎて、いや最初からつまらないんだけどそのつまらなさも天元突破して我慢ならなくてケータイいじりながら観てたけど、もう意味がわからない>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

3.8

すごい…アウトレイジ以上じゃないか?もう濃厚濃厚。目を離す隙がない。この完成された全ての悪。韓国映画すごい…!これ日本で流行ったら相当な名作になる。
とにかく市長が胸糞魔人だが、それに類する全ての奴ら
>>続きを読む

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

3.8

いやいやいやいや結構よかったよ!!
なんだろ、書きたいことがたくさん。
まずキャスティングが100点。
盲目の親ということで卑屈になりそうなところを逆に高圧的な父親という設定も後々生きてくるし、子を思
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.6

視聴後、Twitterで検索をかけてこの映画の真意を知る。前情報何もなしで観たから、犯人分からないまま終わる映画なんて斬新…と思っていたらそうじゃなかった。いや、そうなんだけど、この映画、実在の事件を>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.0

うーん、あんまりはまらなかった。これ小説で読んだらどんどん読み進められるタイプの小説だと思うけど…。なかなか深そうな話なんだけどなんていうか説得力とか真に迫るものがなかったな。


脚本 3
美術 4
>>続きを読む

ソラニン(2010年製作の映画)

2.8

台詞は所々おっと思わせてくれるようなものがあったけど、それを言っている肝心のキャラクターの中身が伴っていなくて説得力に欠ける。
浅野いにおにありがちな、若者の閉塞感を上手いこと描いているとは思う。
>>続きを読む

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.3

全然期待してなかったんだけど、Filmarksのレビューが結構良かったので観てみた。結局結構良かった。
設定が突き詰めて考えるとわけわかんなくなっちゃう。
福士蒼汰は0才から順調に歳を重ねていて、並行
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.0

エッっっっ…これなに?!どういうこと?!いやいやラストどうした!!!(笑)
めっっちゃ期待して、弟と約束して観たけどこれなんやねん!!!
ラスト、ちさをあのまま成敗しておけばまだよかったのに…。
超期
>>続きを読む

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜(2011年製作の映画)

2.8

いかんせん長い…。同じシリーズの『祈りの幕が下りる時』は傑作だったのに今作は凡庸。普通オブ普通。
キャストは今観ると豪華な俳優陣。松坂桃李が高校生役で、彼の中学時代の部活仲間を山崎賢人と菅田将暉が演じ
>>続きを読む

BABY BABY BABY! ベイビィ ベイビィ ベイビィ!(2009年製作の映画)

3.0

暇つぶし映画だったはずがなんだか出産シーンでは泣けてしまった。
可もなく不可もなく映画だったけどまあ良かった。
個人的に捜査一課長の斉藤由貴さんが出てたのがよかったなあ。あと満月に産気づく、っていうの
>>続きを読む

亡国のイージス(2005年製作の映画)

3.5

谷原章介の階級章が外れているのを真田広之が直すところと、事件解決後に勝地涼から真田広之に彼の海を描く絵が送られてきたシーンには少しうるっと来た。
真田広之の演技いいなー。
勝地涼がスパイかと思いきや、
>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.6

ずっと観たかった作品。
類稀なる嗅覚を持つ男が人を殺して肌に動物の脂肪を塗り、それを抽出して集め香水を作るお話。
そもそも主人公が狙っていた女の子のお父さんもあそこまで、主人公が追ってくるという勘を持
>>続きを読む

バトルシップ(2012年製作の映画)

2.6

かなり日本アゲ、浅野忠信アゲしてくれていたのは良かった。
主人公がどうにも好きになれないキャラクター。26でブリトー盗んで、海軍に入れって言われてそれですぐに大尉なの?そこらへんの仕組みが全くわからん
>>続きを読む

ネイビーシールズ(2012年製作の映画)

4.0

大尉まじか…。不覚にも少し泣いた。
ザ戦争映画。これ自衛隊でやってくれたらもっと萌えたんだろうなあ。GYAOの説明では本物の兵器、戦術、現役のSEALS隊員というからすごい。
筋書きが鬼気迫るもので、
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.1

うおー!これは面白かった。練りに練られた脚本、脇を固めるキャストの豪華さ。
どこをとっても満足でいっぱいだ。
松坂桃李が役所広司が死んでから豚小屋に行って五十子の子分をぶん殴るあのアクション?もすごく
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

2.2

うーーーん、間延び感が否めない。
アクションシーンは金かけてんなー!とすごい引きつけられたけど、それ以外の脚本がうーん…。
アクションシーンにお金かけすぎて、というか予算内で頑張ったら他のアクションシ
>>続きを読む

MW-ムウ-(2009年製作の映画)

3.4

何年ぶりか2回目の視聴。
前回はたしかDVDで借りて観たんだ。
手塚治虫のBL作品(雑)と聴いて観た。
酷評されるほど私は酷くないと思うし、2回目を観たということはむしろ好きな方の作品だ。
たしか1回
>>続きを読む

S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE(2015年製作の映画)

3.1

ドラマが酷すぎて、でも日本人の性で全話観終えてその勢いで映画まで観た。
でもこの映画はなかなかよかったよ、相対的に。
大きい船とか空自や海自の乗り物とかバンバン出てきて。個人的に綾野剛とガッキーが飛行
>>続きを読む

ミス・ギャングスター(2010年製作の映画)

3.0

最後ホノルル行けるのが今まで観てきた脚本なのに行けないし、更に一人死んじゃうし…。
痛快コメディっちゃそうだけど凡庸な作品だったかなあ。

脚本 3
美術 3
演技 3
演出 3
チープ感のなさ 3
>>続きを読む

監視者たち(2013年製作の映画)

3.8

面白かったーーー!!!
痛快痛快!物語はガンガン進むし、展開は爽快!
これこれこういうのだよ。これ満点の教科書的作品じゃないか?
てか韓国映画に絶対出てくるおじさんがまた出てきた、班長役で。
子豚がど
>>続きを読む

殺人の告白(2012年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

えっ、なんかよかった…!
どんでん返しが過ぎて、うそってなったし、その後のカーチェイスからの乱闘はさながら香港映画の様で、脚本としてもうびっくりどっきりさせられて充分なのにさらに増してきたー!って感じ
>>続きを読む

キル・ユア・ダーリン(2013年製作の映画)

3.8

デインデハーンがもう役にぴったりで…!
BLだと聞いてからずっと観たかった映画がGYAOで配信されていたので2倍速で観てしまった。
これは実在のモデルがいるんだね…?それがしかも詩人だから本当にセリフ
>>続きを読む

夏の終り(2012年製作の映画)

3.2

あれれ意外とよかったぞ。
このアプリでは酷評が目立ったから全然期待して観なかったんだけど、私的にはなんだかんだ良かった映画の部類。
満島ひかりが旦那と子供を捨てたあの描写から色々窺えるわ。旦那は女の手
>>続きを読む

公共の敵(2002年製作の映画)

3.1

殺人の追憶の人が主人公。
テンポよく観れた。日本と統治機構とその信頼性が違うからか、これは映画だと割り切ればいいのかとんでも刑事物だよね。韓国でヤクザが小学生にまでカッコ良いものとして認知されてるのも
>>続きを読む

造られた殺人(2015年製作の映画)

3.7

おもしろかったー!2倍速にして観れた。
ウラが取れてない証拠をテレビで流しちゃうのがすごいなあと思いながら、その一点に目をつぶれば後の展開はとてもよかった。
最後、真の殺人犯が英雄として語られるところ
>>続きを読む

グッバイ・シングル(2016年製作の映画)

3.3

マドンソクに惹かれて視聴。テンポよくなかなか良かった。男性アナウンサー役がすてき。
最後のシーン、ふくよかな女性と男性産婦人科医が夫婦になったの??
妊婦の女の子の試験会場で、ジュヨンが啖呵を切るシー
>>続きを読む

>|