忠臣蔵狂詩曲No.5 中村仲蔵 出世階段のドラマ情報・感想・評価・動画配信

『忠臣蔵狂詩曲No.5 中村仲蔵 出世階段』に投稿された感想・評価

peplum

peplumの感想・評価

-
0
めちゃくちゃ豪華。キャストもセットも豪華。声がいい人が多くて聞いてて楽しい。めちゃくちゃ東宝芸能を感じるんだがそれはそれでいい。当時の生活感てこうだったのかもと思える。
『スローな武士にしてくれ(2019)』以降、源孝志(脚本・演出)作品から目が離せなくなっている。『令和元年版 怪談牡丹燈籠』も好かったが、本作は、まさに“虚実皮膜”の域を極めようとした感があり、いま、このキャストで作れたことが嬉しくなるドラマだ。上白石萌音も快演!
yop

yopの感想・評価

5.0
0
最高の下剋上出世話。

孤児の中蔵は、
役者として頭角を表しはじめたタイミングで
その道を断たれて奉公に出ることになってしまう。
それでも夢を諦められず、
門閥の外から超最底辺の大部屋役者として
再度役者の道をスタートし、
伝説の歌舞伎役者中村仲蔵になるまでの話。

理不尽、苦労を
創意工夫でどんどん駆け上がる中蔵かっこいい、、
これを型破りというんだな。

こんなのジャンプの主人公だよ。
騙されたと思って観てみてほしい。
Boss2054

Boss2054の感想・評価

4.8
0
2021年。日本。時代劇。

脚本・監督、源孝志。
キャスト、中村勘九郎、上白石萌音、中村七之助、高嶋政宏、藤原竜也、市村正親他。

中村仲蔵ト云う歌舞伎役者の立身出世の物語。
コレがめっぽう面白い!

とにかく作りが丁寧。
テレビドラマとは思えない。
映画作品としても充分通用する。
さらに、中村座の物語なので、
歌舞伎仕立てにして平成中村座で上演したら千客万来間違いなし❣️

勘九郎ちゃんの魅力爆発💥
この人が役者としてどれだけ優れているかが良く分かる。
七之助も良い。
上白石萌音ちゃんの三味線語りも効果的。
藤原竜也くんの謎の侍、ホントに謎の侍で、正体を明かさないのが素晴らしい!
石橋蓮司さんの芝居の神様も良い味出してる。
このパートはファンタジーなンだけど、
なんら違和感がない。
芝居を愛する者には芝居の神様が味方してくれるト云う都市伝説を見える化してくれる。
好きなシーンだ。
高嶋政宏さんの師匠も良いね。
蕎麦屋でのシーン。
泣かせるね。
市村正親さんも大御所感があって素晴らしかった。
とにかく、役者さんが役者の物語ト云うコトもあった所為かみんな情熱的で素晴らしい演技でした。

クライマックス。
座付き作者の反感を買ってどんどん見せ場を減らされていく中村仲蔵。
遂にはセリフ一言に。
五十両。コレだけ。
それも忠臣蔵通し狂言では、
一番退屈トされている、五場。
世間様では弁当場ト呼ばれている。
退屈だから弁当食べるかトイレに行くか?
の場面ト云う設定。
中村仲蔵もなす術なし。
さあ、どうするか⁇
ここからの逆転劇は気分爽快❣️
仲蔵の思いも分かる。
役者は出番が少ないと燃えるンだよね〜。
この出番でどれだけその場を面白くするか⁇
座付き作者の言い付けは守らなきゃいけない。
まさに行間に芝居場あり!
ホンが読めるとはこう云うコトだよね。
出番が少なくて腐っている役者さんにお見せしたいね!
コレが役者の心意気だってね!

エンドロールもやたらカッコイイ❣️

ワタシは、録画していた前編後編を編集して、一本の作品にしてしまいました。
また、観ますよ❣️
とわこ

とわこの感想・評価

4.7
0
ソフト化されたら持っておきたいと思わせるクオリティーの高さ。

いじめられてた中村仲蔵が、見せ場のない「弁当幕」で一発逆転しちゃうところなんて毛穴全開。

客席にいた妻からの「待ってました!」の掛け声に「待っていたとは、ありがてぇ」と反応する仲蔵。中村勘三郎さんが病気から復帰してすぐの舞台でも客からの掛け声おに同じような反応をしてたのを思い出してちょっと涙。

エンディングの舞踊とコンテンポラリーダンスとフラメンコをかけ合わせたようなダンスもかっこよかったなぁ。

出演者みなさん良かったけど、今回のMVPはこちらの動きを止めるほど見事な三味線の弾き語りを見せた上白石萌音さん。やけに色気があってかっこよかった藤原竜也さん。

このドラマは見てくれさえすれば、マンガや絵本原作の新作歌舞伎よりよほど歌舞伎に興味を持つ人が増えると思う。しかも、新作だけ見て終わり、ではなく、息の長いお客さんをつくりだせたはず。

平成中村座への逆輸入に期待。
碧

碧の感想・評価

4.0
0
めちゃくちゃ丁寧に作ってありますね…。
中村座の内部も本当に本格的だし。
メインの歌舞伎俳優の役を歌舞伎演技経験のない人たちが演じているのに、登場人物の演技がちゃんと様になってるし。
上白石萌音、若村麻由美、名取裕子と、女性陣にも隙がないし。

血筋という観点で見た役者のランクを、実際の俳優とドラマの役どころで、完全に逆さまにしているのも興味深い。
(歌舞伎演技経験のない人たち>梨園内のど真ん中ではない人たち>御曹司)

今の歌舞伎より化粧も鬘も若干素朴な感じで、当時ってこんな感じだったのかなあと思うのも味わい深い。

藤原竜也は藤原竜也というジャンル。(by松山ケンイチ)
同様に石橋蓮司も石橋蓮司というジャンル。
この2人は、異次元からの助っ人だと感じた。

大東駿介くんの活躍も嬉しい。

松也くんが初代尾上菊五郎役というのもすごいし(屋号は合ってる)
役の上とはいえ、先輩の勘九郎にバカヤローとか言っちゃうのもすごい笑

上白石萌音は、上手いしさりげないし良い。もう少し明るいところがあっても良かったと思うけど。
勘九郎とも似合ってた。
(関係ないけど、他に似合っていたと思う組み合わせは、高嶋政宏と勘九郎、大東くんと鶴松くん)

そうだ、谷原章介も上手かったなあ…。
KeiCo

KeiCoの感想・評価

4.0
0
江戸時代の中村座の様子とか人間模様とかすべてが興味深かったです。勘九郎さん、もとい中村仲蔵の斧定九郎がカッコよすぎて、歌舞伎を観に行きたくなりました。
とれもろ

とれもろの感想・評価

4.5
0
よかった。朝ドラの上白石萌音は酷かったが、このドラマの奥さん役はよかった。
神田伯山の講談で
中村仲蔵を知り興味を持ち鑑賞
(こちらも素晴らしく感動)

前編を観て感動
悔しくも
後編を見逃してしまった
(T ^ T)

オンデマンドで観るか悩み中
再放送を強く望みます

エンディングで流れる
歌舞伎とフラメンコ?を彷彿と
させる様なダンスもかっこいい‼︎

役者は顔が命
確かにその通りだなと思いました

歌舞伎を観に行きたくなります
金柑

金柑の感想・評価

-
0
勘九郎さんのコメディの間合いが本当に好きだな、そして歌舞伎役者としての本領発揮も余す所なく見られてとても嬉しい

七之助さんと他人の役で対峙するの、舞台の姿でも見てるはずなのにドラマだとなんだか余計に面白い不思議
最初に師匠の代役で入るところ、発声や演技があまりに勘三郎さん譲りでウッ…となった
晴れて自由の身になって小躍りするのも最高

萌音ちゃんの歌唱力が活かされるとは思わずびっくりしたしこりゃ三味線マジで弾いてる…?!「ヨッ!出戻り!」最高ね

舞台上の猪、本当に勘九郎さんがやったのかな
>|

あなたにおすすめの記事