この世界の片隅にのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「この世界の片隅に」に投稿された感想・評価

skh

skhの感想・評価

4.5
0
気づけば一気に見て、一日経っていた。
良いドラマって、語り尽くせないくらいの良いところが、奇跡のように重なり合って出来ているなぁと思う。
アニメーション映画版も映画館でボロボロ泣き、ドラマ版は長さと実写を活かした、より丁寧な描写に心が掴まれました。
誰が良いとか、どのシーンがいいとか、全部良いから言い尽くせないけど…最後、水原さんには驚き泣かされた。そしてやっぱり、松坂桃李が大好きだと思いました。笑
本当に皆さん、ベストキャストでした。
moe

moeの感想・評価

3.9
0
映画も好きでしたが、ドラマ版もとても丁寧な作りで好きでした。キャストの皆さんがどの役もぴったりはまっていて。安定の松坂桃李に尾野真千子、オリジナルキャラクターの伊藤沙莉や土村芳、男前な村上虹郎、そんな中でおどおどしつつバツグンの存在感だった松本穂香。この作品は、とにかくすずさんの魅力なしには語れないと思います。

賛否両論だった現代パートは、確かに演技のテンポ等、う〜んっていう場面もありました。でも、私自身最近広島へ行ったからか、広島出身の親しい友人がいるからか、この物語を他人事で終わらせるのが悔しいという思いがあって。原爆を落とされたという気持ちも、そこからの復興の歴史も、この物語にはこんなに共感して感動できるのに、実感として何も理解できていない悔しさというか。そんなものを少しでも発散させてくれる存在として、榮倉奈々の白々しいくらいの部外者感に逆に救われたように感じました。

ラストにカープが出てきたのも良かったです。重松清さんの「1975」というカープ初優勝を描いた作品を読んだことがあるのですが、原爆投下から30年後の初優勝まで、復興の歴史はカープと共にあって、それが人々の希望になっていたと。こう言葉にすると簡単ですが、広島県民の方々がカープを応援するのは私たちがただスポーツを応援する以上の意味があるんだろうなって。真っ赤に染まる広島駅前、他県にはカープ教だと揶揄されるくらい、そんな熱烈な思いを抱かずにはいられない、そんな歴史の重みやすずさんの気持ちがラストシーンに繋がっているような気がしました。

こんなに優しくしたたかな物語を生み出していただいたことに、心から感謝したくなる。そんな作品です。
Ayano

Ayanoの感想・評価

3.3
0
松本穂香もよかったけど、すずさんはやっぱりのんだー!って思った。
ありかわ

ありかわの感想・評価

4.5
0
映画を見たあとすぐにこちらを見ました。
オリジナルの設定も加わっていて良かったです。
松本穂香さんがすごい合っていて、松坂桃李さんとの相性も抜群でした。
(自分的には虹郎さんがかっこよすぎました。)
えつ

えつの感想・評価

3.8
0
【鑑賞記録】
2019/12/28 Amazon Prime Videoで鑑賞
ぁぃぁぃ

ぁぃぁぃの感想・評価

3.9
0
しっかりしたドラマだった。映画ののんも合ってたけど松本穂香ちゃんぴったりだった。
べら

べらの感想・評価

4.4
0
映画が素晴らしかった&12月20日の(さらにいくつもの)が楽しみでつい一気に全部観てしまった。

このドラマ独自の設定がいくつかあり、面白かった。平成30年のタイムラインあり、回想なのかなすずさんのストーリーは。北条家の裏の刈谷さんの娘、幸子と近所の若い嫁さんとの3人の関係もオリジナル設定で、これ、よかったです。

その他、原作マンガや映画の雰囲気もきちんとドラマに盛り込まれていて、観ていて重なるし、オリジナル部分が面白いし、実写だから伝わるものも多くてよかったです。
ぱんだ

ぱんだの感想・評価

-
0
まつもとほのかちゃんが、かわいすぎて、これをみてファンになった
エディこ

エディこの感想・評価

4.2
0
途中まで、戦争の話だということを忘れるほど、いろいろあったかくて、いつまでも見ていられた。スズさん可愛いし、松坂桃李の喋り方とか雰囲気も良いし、村上虹郎はこの作品で初めて知った。存在感あるなぁ。
松坂桃李目当てで観たけど
そんなの(?)どうでも良くなるほど毎回号泣。
そして虹郎のエロさにノックアウト!

この後映画も原作も読みました!
>|