ヴェロニカ・マーズ:スプリング・ブレイカーズ爆破事件のネタバレ・内容・結末

「ヴェロニカ・マーズ:スプリング・ブレイカーズ爆破事件」に投稿されたネタバレ・内容・結末

やっぱり変わらず面白い
だけど絶対幸せに終われないのが苦しくなる
大好きなヴェロニカ!
10年以上前、学生の頃にハマって、クリステン・ベルが大好きになった作品が遂にリミテッドシーズンで復活ー!!

地元ネプチューンに戻って来たヴェロニカ(クリステン・ベル)は、父(エンリコ・コラントーニ)の探偵事務所を二人で経営していた。
恋人で軍人となったローガン(ジェイソン・ドーリング)は任務地から不定期で戻って来るので、犬と海辺の家で暮らしていたが、ある日彼がサプライズで帰国。
そしてプロポーズされるも、互いの両親が結婚に失敗していることから、ヴェロニカは結婚の意志がないことを伝えていたため断る。
街は春休みで大盛り上がりな中、爆発事件が起き、数人が犠牲になる。
被害者家族から依頼され、マーズ探偵事務所はこの事件を調査し始めるが、ネプチューンの観光業界と治安を良くしたい自治体が衝突していること、そしてそれを利用した爆発事件が続く。

というお話。

話が本決まりして、アメリカではHuluで配信されて、今か今かと待って約2年…長かった…!
てっきり日本でも配信されると思ってたのに、なんでだよ…!ってHuluを憎むほどだった。笑

良かったところだけ言えば、ヴェロニカが相変わらずで良かった…(´•̥ω•̥`)♡!
とにかくパパとの減らず口が大好きで、二人のウィットに富んだやり取りがまた聞けるなんて!と泣けてしまったよ。

ウォレスもちょっとだけど出てたし、マックが出てないのはキャスティングの段階で知ってたけど寂しかったな。
名前が出てただけいいかもだけど。

それから、ディックが本当に相変わらずディックで最高だわ、ってなった☺︎︎

内容もHuluで配信だから少し大人向けになって、バイオレンスさやグロテスクさと、ちょっとエロティシズムも追加されてて、ヴェロニカが大人になったように、視聴者も大人になってるわけだから自然な流れで良かったな◎

そう、本当にラスト7分くらいがなければ全て最高の出来だったの…!!!!!!

誰かが死んでしまうっていうのは最初から言われていたから、まさかとは思ってたけど…
パパかな、とも思ったのだけどね、やっぱりね…やっぱりそうなのよね…

前回の映画の最後でヨリを戻した時、ローガンが「俺たちの歴史は叙情詩みたいだ」だったかなんか言うシーンがあって、とってもジーンとしたの。
この二人はやっぱり互いを思い合って成長していて、一緒になるべくしてなったんだって。

でも、それは正直ローガンがめちゃくちゃ成長しただけで、ヴェロニカってあまり変わらないなぁ、と。
そこが引っかかるシーンが多かったんだよね。

それでも、二人が結婚して、これから本当に二人の生活が始まると思った矢先に、ローガンが仕掛けられてた爆弾の犠牲になるなんて、誰が考えたんだよ!!!!???

本当にショックで泣いたわ…
ヴェロニカは失うばかりで、確かに彼女も多くの人を傷付けてると思うけど、それはないだろう、と。

そして、最後にローガンが行ってたカウンセリングにヴェロニカが行くんだけど、そこの先生が『
Major Crimes』のシャロンだった!
彼女が最後にヴェロニカにくれるプレゼント、それがローガンからの留守電で、ヴェロニカへの愛に溢れたそれにまた涙…

ヴェロニカはまた簡単に恋をするかもしれないけど、きっと一生ローガンのことを忘れられるわけはないだろうし、無理に忘れようとしたり、やけになったりもするだろうけど、彼の言う尊敬出来る自分でいる為に、最後は彼女らしさを貫いていくんだろな、と思った。

本当に今回の復活はレベルの高い作品になったからこそ、最後の展開で全てぶち壊してきて、後味最悪にさせられた…( ꒪⌓꒪)

もっとヴェロニカのこれからが見たいのに、きっともうやらないだろうし、もしやったとしても、彼女のこれからの恋愛とかは描かないでほしいと思う…辛い…

あ、クリステンと『The Good Place』で共演したカービーやJ・K・シモンズも出ててお得感はあり◎
J・K・シモンズの胡散臭さは最高!

あ、あとあと、ウィービル!
ウィービルとの仲がこじれた理由は後に分かるけど、二人のあの関係性は維持しててほしかったな…ちょっと辛い…
でも、やっぱり切っても切れないところがあったのは良かった(>_<)!

記録 : 2021年5本目。
あんな人やこんな人が出てきてそれはもう、、🥺🥺🥺🥺🥺
とにかくストーリーはS1と争うくらい個人的には面白かった!!!!!🥺🙏🏻
ウィーヴィルが助けに来てくれたシーン泣けた、、、、、、、最後のはなんとなく分かってしまってたけど当たり前に泣けた、、、、きっとこのエンディングには賛否両論あるのだろうけど、もしこのシリーズが続くのなら(続けるための結末だったとかなんとか?)私はこれからも全力で応援する😭💕😭💕
だいすきです😭😭😭😭😭😭😭

念願の続編!

でも
1話で
どんな結末が待ってるか
想像ついてしまって
観るのが
辛かったぁ

色々と
製作側の都合が
あったんだろうが

海外ドラマ
すぐコレやるからなぁ

ローガンとヴェロニカの
ストーリーが
終わった所で
私が大好きな
ヴェロニカマーズも
終わった気がした

喪失感

とは言え
懐かしい面々に
パパとの掛け合いも
昔のままで
楽しめました

何より
クリステン・ベル
可愛過ぎ♡

ウォレス・ランガムが
出た時には
テンション上がったわ⤴︎
中学生の頃からみてたヴェロニカマーズ。テレビ放送時から見ていて

最終話終わる5分前までは星4ぐらいの気分だった

ひど過ぎるこんな終わりかたなら見なきゃ良かった…
どうせならもっとハッキリした形で終わってほしかったし色んな意味でこんなに中途半端な気持ちで終わったドラマ初めてです。
採点できません

サイトにはこの様に書いてあるけど↓心から残念でした。

キャスト&スタッフを交えたTV Lineのインタビューで、クリエイターのロブ・トーマスは、最終話で起きたショッキングな出来事の理由について、『ヴェロニカ・マーズ』を『SHERLOCK/シャーロック』や『FARGO/ファーゴ』のようなリミテッドシリーズとして続けていきたいと考えており、シリーズの存続のためにやむなくローガンを退場させたと説明している。

「ノワール的な探偵シリーズとして生き残る必要があった。これまで通り、半分ティーンエイジャー向けのソープオペラで半分はミステリードラマというスタイルを取っていたら、単なるノスタルジアになってしまう恐れがあった。このシリーズが生き残るためには、完全にミステリードラマにするのが一番チャンスがあると思ったんだ。ハードボイルドな探偵シリーズで主役に恋人がいないのは理由がある。(恋人がいると)選択肢を制限してしまうようなものだからね。だから、これは言うなれば、命を救うために手脚を切り落とすようなものだった...」と、ローガンを殺すプロットを挿入することは簡単な決断ではなかったと述べている。
爆破事件のストーリーは面白かったし、お馴染みの面々が出てくるのも本当によかったけど、こんな結末ならもうなかったことにしてほしい。作り直して欲しいレベル。

署名活動やクラウドファンディングでせっかく復活したシリーズなのに、ファンをこんな風に裏切るって何?とか思ってしまう...。こんな受け入れ難いラストにする必要絶対なかったよー
初めて採点が付けられないほどの衝撃を受けた。
大好きな作品のラストシーズン。アメリカhuluで
2019年に配信が開始されたのを知ってから日本に
降りてくるのを心待ちにしていた。"ヴェロニカ・
マーズ"に関しては、シーズン1から熱心に観ていた
かなり痛いファンだ。
とにかくヴェロニカとローガンの2人のくっついたり
離れたりの恋愛が好きでシーズン1から見守ってきた。



最終話を観るまでは★5つの内容だった。
ヴェロニカは相変わらず私立探偵として危険を知ってて
飛び込んでいくし、ウォレスやウィーヴィルといった
シーズン1からの登場人物の姿が観れたのも嬉しかった。
1話でヴェロニカとローガンが久しぶりに再会して愛を
確かめ合うシーンは、自分のことのように感慨深く
なって泣けてきた程だ。それはヴェロニカにとって
ローガンは昔からの知り合いで気がおける仲間で
命より大事だと知っていたから。

なのになんでラスト5分をあんな脚本にしたのか。
このドラマがまだ続くなら分かる。ヴェロニカが
父親からも恋人からも離れて一人になって自分を見つめ
直し、その先で新しい人と出会って幸せになるのなら。
でもそうじゃない。これで長く続いたドラマが終わるなら、
なんでローガンを死なせたのか本気で理解ができない。
今作でローガンとお別れするのではなく、シーズン1から
見てきたローガンとのお別れだ。モーテルの外で初めて
ヴェロニカとキスしたシーンや、大学のパーティーで
ヴェロニカに本心を告げたシーン。ローガンの全てが
いい思い出で、映画版では大人になったローガンが
やっとヴェロニカと結ばれて最高に幸せな気持ちに
なっていたのに。ローガンが好きだった私からしたら
辛すぎる。映画の後の2人の様子が見れたのは
嬉しかったけれど、こんな結末なら映画版で終わりに
しておけば良かったと心から思う。新作ドラマだから
楽しみにしていたのに。私はローガンが爆死したなんて
信じたくないし、もう見たくない。

私の中の"ヴェロニカ・マーズ"は映画版で
終わったことにしておく。



ローガンーーーー!!!!

みんな30超えた顔になってたな。