Marvel ザ・ディフェンダーズのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「Marvel ザ・ディフェンダーズ」に投稿された感想・評価

カトコウ

カトコウの感想・評価

4.2
0

このレビューはネタバレを含みます

Netflixマーベルドラマ4作品のクロスオーバー作品
これ以降のシーズンを観てるシリーズもあり
今後の関係性を知ってるキャラもいて
その辺の不思議な感覚もまた面白かった

ヒーローアクションとしては
主に肉弾戦かつ暗所での乱戦が多くて
正直ちょっと誤魔化しもあったり?とか邪推したり
アベンジャーズほどの殺陣の完成度というか満足度はなかった

けどクロスオーバー特有のかけあいや言動の変化はさすがよくできている
打ち切りでなければ今後も存続して欲しかった
ルークとジェシカの仲をもっと見たかった

01.それぞれの物語の続き、NY大地震
02.ルーク対ランド、ジェシカの弁護人マット
03.ミッドランドサークルとヤミノテ、4人集合
04.中華飯店での団結、スティック参加
05.それぞれの内部紛争、ランド対マット
06.スティック敵対、ランド拉致エレクトラ離反
07.警察署からの脱走、ビルでの幹部乱戦
08.ビル爆破作戦、マットの決意それぞれの決着
ひつじ

ひつじの感想・評価

3.4
0
4つのストーリーを見守ってきたご褒美のような作品で、ご本人だけじゃなくてサブキャラ同士も交流したり、登場シーンがそれぞれの作品の演出だったりするのが嬉しい。4つの物語が次第に絡み合っていって、とうとう勢揃いするシーンは胸熱だけど、そこがピークだった気もする。アイアンフィストのアホさ加減とデアデビルの自己中っぷりは目を疑うレベル。
ゆかちん

ゆかちんの感想・評価

3.2
0
クロスオーバー作品はやっぱテンション上がる♪

各々のストーリーを見てきたから、それぞれのその後が描かれつつ、そこに出てきたキャラたちが次々出てきたり、同じ場にいたりするとワクワクする。
いきなりルークケイジの弁護士として刑務所に迎えにきたのがデアデビルのフォギー!

クレアは勿論やろけど、タークもちゃんと出てくるw

ルークとダニーの兄弟感あるやりとりが面白い。

ミッドナイトサークルのビルでダニー一人で乗り込んで押さえつけられた時にルークが現れ、ダニーの「you??」とルークの「me」からの2人の息のあった闘いとか、4人が集まって自然に共闘してるとことか、そんな中ジェシカが冷静にエレベーターのボタン押すとか笑。

単体作品は重めだったからか埋もれてたけど、このクロスオーバー作品ではジェシカ・ジョーンズの皮肉とウィットにとんだ会話が凄く光ってて良かった。

マットいじりw
デアデビルのスーツにケチつけつつ、耳は素敵ねっていい、「ツノだ」と言わせるところとかw
単体作品ではシリアスで真面目で自分の世界にいるマットだからこそ、外からのジェシカの冷静なツッコミが面白い笑。

あと、扉を塞ぐといって画面の後ろの方で見切れる感じで重そうな棚とかをゴロンゴロン転がして塞いでるところとか可愛かったし。
敵と殴り合いしたあとに、「カンフーできないの私だけ?」てw

あと、単体作品では地味だと思ってたルークとジェシカの能力は、こういうとき、かなり活躍するな〜という感じやった。
ルークとか特に。大活躍やん。

デアデビルで浮いてたエレクトラ〜ハンドのストーリーがここで生きてきた。
たしかにこの前に入れておくべきか。

スティック無敵だなと思ってたけど、やはりこうなるか。。少し悲しかったな。

フォギーがやっぱ最高の友達だった。。。

ダニー、最初少し大人になっだかなと思ったら、やっぱ子供やった。。。
イライラする部分はあったけど、これも成長途中ということなのか。
でも、モグモグ食べたり、デアデビルのスーツ着て武器を披露してるとこをみて、coolって反応してるとことか微笑ましかった笑。


でも、全体的にはフーンて感じかな。。

エレクトラ、やっぱ好きになれないなぁ。
結局何やりたかってんやろ。
記憶喪失でハンドの武器になってる時は、ああいう蛮行してたのわかるけど、案外スッと記憶取り戻してたし。
あと、記憶戻したなら、なんでスティック殺したりハンドの一部になってニューヨーク潰そうとしてたんやろ。
このままでは死ぬから、永遠の命を手に入れようと思ってたの?
アレクサンドラ殺したのは、目の上のたんこぶで、マットを殺せといったから?
最後、ごめんなさいって謝るくらいなら、なんでその前に止められへんかったんや??
いつもマットを苦しめたって、いや、もっと色々苦しめてますけどって。
いやいや、それで悲劇のヒロイン面されましてもっていうか。
それなら、バッキーみたいに、もっとギリギリまで記憶ない〜曖昧なところで往来してる感じで、最後目が覚めて…ごめんなさい…みたいな方が同情できるというか。。
元々暗殺者として倫理観欠如してたとはいえ、デアデビルで亡くなる時に、良いことしたときの気持ちと、傷を負う痛みを感じてたのに。

あと、マットはなんで彼女を愛してるんだろ?
正体隠して付き合ってるときからそんな善人には見えなかったし、酷いようで優しいとか、そういう風にも感じなかったけど。
マットにしかわからない、同類のところと、本当の自分を理解してるところと、酷いようで優しいみたいなのがあったのかな。
まあ、振り回されるのが好きなのかなw

アレクサンドラを最終決戦前に退場させたのは、戦闘シーンに合わなかったからかな。
なんか大物女優ムダ使い感…。

ハンド、なんかイマイチだったな。
5本の指って、5人の強敵なはずやのに、案外弱い。
ホワイトハットがあっさり捕まったのはなぜ?
わざとやったのか?

ムラカミ、ずっと日本語話してたんなんでや?
ようやくネイティブ日本人が!て思ってたら英語ナシ。
向こうで活動してるなら話せるやろうに。
英語の発音下手くそなんやろか??
日本語と英語で会話してるの謎すぎ。
で、母国語の方がええやろと日本語にしたにしては、演技というか台詞回しが下手くそすぎて浮いてた…。
ノブのとき、日本語ネイティブやない人に変な日本語使わせるのは冷めるって思ったけど、そういうことやないねん。。
で、いつも陰にいるけど出てきたら悪魔のようって言うわりに、結構普通にやられてるというか。。。
なんか、やっぱ日本人にとっては残念な感じやった。

8話っていうところもあるんやろけど、なんか弱いというか、なんか無駄な印象を受けた感じやった。
まあ、ハンドは質より数って感じの敵なのかな。

首を落とされてないエレクトラとムラカミとガオは死んだのか、どうなのか。
その辺は一応曖昧に置いてるのかな。


…と、全体をみたらウーン?て感じもあったかな笑。

でも、各々の4人の能力を生かした行動や共闘が良かった。
こんな補完しあったり活かしあったりできるんやって。
単体作品では中々ないオモシロ掛け合いもよかったし。
パニッシャーもぜひ!て思うけど、「殺さない」主義の4人だから、パニッシャーがいると少し荒れるかな?笑。
honoka

honokaの感想・評価

-
0
ひとりひとりの能力は地味だけど4人集まったら!と期待して...
アクションシーンけっこう見応えあったけどみんなひたすら素手なのが強い。
他の単独シリーズに比べてストーリーは淡々と進むし薄いかんじした
ヤミノテとの戦いはついに終わったのかな...?
1人だけ日本語貫き通してた人いてわらう
あとちょっとだけジェシカ好きになった
みあせぶ

みあせぶの感想・評価

4.0
0
これを観るためだけにMARVELのNetflixシリーズを観てきたけど、ヒーローが集結するのが3話のラスト。つまり、4人の共闘は5話分しか観れないんです…悲しすぎました。

「俺たちチームだぜ!」という感じはほとんどなく、それがこのディフェンダーズの魅力だと思います。でも、今まであらゆるシリーズを観てきた分のリターンが少なすぎる気もしました。一旦、ネトフリMARVELドラマとは距離を置きたいと思います…
ワイカ

ワイカの感想・評価

3.4
0

このレビューはネタバレを含みます

 とても面白かったデアデビルのシーズン2と3の間のストーリーってことで鑑賞。他のヒーローたちの話はチラ見しただけのためか、いまいち入り込めませんでした。まったく面白くなかったとは言わないけど、完成度が高かったデアデビルのシーズン3の後に見たせいか、粗ばかりが目につきました。話のテンポも今ひとつでした。

 

(ここからネタバレあります)

 シガニー・ウィーバーはこれが初出?これまでも出てきたような感じで登場して説明があまりなく、どんな人の設定なのかよく分からなかった。そしてヤミノテのリーダーなのに、凄いんだか凄くないんだかわからないまま死んじゃうという無駄遣い。

 デアデビルのノブさんで反省したのか、ムラカミさんはちゃんとした日本語をしゃべってたけど、英語の人とずっと日本語で会話してたのはすごい違和感。ネット情報ではこの俳優さん英語も普通にしゃべれるらしいのに、なんでこんな演出にしたのか。セリフも棒読みでひどい。そして悪魔のようなヤツって言われてたのに全然普通の人で肩透かし。

 あの黒人の悪い人も、恐ろしい人のように説明されてたのにまったく見せ場なしで終了。ガオさんは実はすごい人だったから、みんな同じくらいの能力持ってることにすれば良かったのに。ノブさんはあんなに強かったのに、本チャンのヤミノテの人たちは弱すぎ。

 ルークは拳銃の弾も通さない皮膚の設定なのに、なんでエレクトラの蹴りには痛そうにするの?そしてブラックスカイって、デアデビルでは最終破壊兵器みたいにめちゃ思わせぶりに描かれてたけど、単にケンカが強いってだけ?

 あの地震がなんだったのかも、ビルを爆破したわけも、なんかよく分からなかった。「物質」も、蘇生や不死(と言いながらみんなけっこうあっさり死ぬ)の理由も、なんなのかさっぱり分からなかった。

 いろいろと、もうちょっと丁寧につくってもらいたかったものです。
ktmovie

ktmovieの感想・評価

4.1
0
やっぱりクロスオーバーはいいですね!

シーズン1ではあまり観れなかったジェシカのアクションが観れて満足!

中華料理店のシーンが特に良かった!
たぬき

たぬきの感想・評価

2.0
0

このレビューはネタバレを含みます

ジェシカジョーンズのシーズン1の知識しかないまま見たから、ジェシカがかっこいいのしか分からないまま見終わってしまった・・・。

ルークが別な女の人とよろしくやってたのちょっとショックだったなぁ。
ダニー、ルーク、マット、ジェシカ、それぞれ別の事件を追っていた。しかし全ての事件は闇の手へと繋がり……って話

やっぱ沢山集まると見応えがありますね。けど全員肉弾戦ばっかで……。アイアンマンみたいにビーム撃ったり、キャップみたいに盾投げたり、その他諸々映画のヒーローにある派手さや華やかさが全くありません。結局映画になれなかった2軍ヒーローってことなんですかね。その上、ドラマってことで間延びして盛り上がるまで映画何本分も待たされます。エージェントオブシールドは結構良い評判聞くけどこっちは全く聞かない理由がなんとなく分かってきました……最後まで見ますけどね。
ああああ

ああああの感想・評価

3.0
0
実写ザ・ハンドの微妙さは相変わらずエグいんだけど悔しいかな、クロスオーバーは無条件興奮すぎる
あと日本語ハキハキ喋ろうや
>|