心の傷を癒すということのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「心の傷を癒すということ」に投稿された感想・評価

みのり

みのりの感想・評価

4.8
0
地上波を録画。何度も見ました。
私自身心が弱く、いろんな言葉が心に刺さり、染みました。私に言ってるのかな、って😌
そして安先生のような人を支えられるような人になりたいと思います。
特に清水くるみさんのお芝居にとても感動しました。
kanon

kanonの感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

心のケアとは何か。複雑なものを複雑なままに、繊細なものを繊細なままに理解しようとすること。丁寧に寄り添うこと。
安先生の穏やかで柔らかな人柄がそのまま作品になっているようだった。

「ジャズは自分の好きなように弾いたら、それを個性として認めてもらえる」という言葉も、Bud Powellの「Cleopatra’s Dream」、「Un Poco Loco」の演奏も良かった。
かれー

かれーの感想・評価

4.5
0
なんて暖かい人なんだろう。
私も人に優しくなりたいと思った。
emin

eminの感想・評価

4.0
0
素晴らしいドラマ…NHKは質の高いドラマをちょいちょいやってくれるよね
劇場版を観たので再度観賞中。

連休の最終日にまとめて観れて良かった、忘れていた場所、昨日の劇場版でのシーンが再び思い出せた。

キムラ緑子さんを最初に知ったのは「パッチギ」、そして「ちりとてちん」「ごちそうさん」、舞台では「母と惑星と、、云々(忘れた)」彼女にしか出せない母親像が見えた。
尾野真千子が演ずる終子の出産シーンの看護士の一人が、今の朝ドラ「おちょやん」の長女役やと気が付いたんが嬉しいなぁ。

皆んな言うてるけど、最後のルミナリエの場面で3人の子供達が出てたんが感動しかないよ。
パンフレットにあった次女の灯、実際は秋実さんが制作スタッフに加わっているのはええ話やね。
satoshi

satoshiの感想・評価

4.4
0
去年録画したやつ。ようやく見た。見ている間、3.11を思い出してた。震災で心の傷を負った人の話と似たような話が描かれてた。心の傷を癒すため、人に寄り添い続けた人生で、安先生の台詞一つ一つが優しくて、とてもよかった。
湯

湯の感想・評価

4.5
0
だれもひとりぼっちにさせないことが心のケア。安先生のやさしさが滲み出てる。
Charlotte

Charlotteの感想・評価

5.0
0
言葉にならない。
神戸・在日・震災の要素が自分とリンクするところもあって、こんなに泣く人いないでしょってレベルで毎回40分くらいはずっと涙流しっぱなしだった。
ひよこ

ひよこの感想・評価

4.0
0
私自身、東灘で被災したので、このドラマはかなり胸にくるものがあった。
映像も懐かしくてね。あの頃こんなんやったなと。精神を病む人も多くてね。
それにしても、柄本佑の演技力、凄すぎ。
安先生のご冥福をお祈りします。
chaco

chacoの感想・評価

3.3
0
自身も阪神大震災の被災者なのに精神内科として被災地で多くの人に寄り添い診察をする姿、発する言葉にも胸に染みることが多かった。
まだまだ多くの人の心を助けることができたはずなのにがんで若いのに亡くなってしまう…悲しかった。
とてもよいドラマでした。
柄本佑さんの雰囲気もぴったりでした。
>|

あなたにおすすめの記事