ダイノトピア 失われた恐竜王国の作品情報・感想・評価

ダイノトピア 失われた恐竜王国2002年製作の映画)

DINOTOPIA

製作国:

上映時間:40分

3.1

「ダイノトピア 失われた恐竜王国」に投稿された感想・評価

FRANCIS

FRANCISの感想・評価

1.0
『プリズン・ブレイク』のあの人が主演、恐竜と人類が共存するユートピアのファンタジー。

正直期待せず観たものの、恐竜描写も、人間ドラマもガッカリなレベル。よく分からないうちに始まってよく分からないうちに終わった印象。原作もようだが未読、アイディアは悪くないんだけど..
某偉大な映画の「恐竜=モンスターパニック」というものでなく、恐竜と共存(むしろ相棒)というところが好き。主人公のネーミングセンスはともかく
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

2.5
こんだけCGに凝って金掛けるなら、もうちょっとプロットちゃんと練ればいいのに…。
小さい頃に見たようなうっすらとした記憶があったので、見ました

個人的にはめちゃ好みでおもしろかったです!
SHiKa

SHiKaの感想・評価

2.3
ウェントワース・ミラー目当てに。
恐竜の世界に順応する弟が可愛かったし、ありきたりだけど3部作ぶっ続けて見て楽しめた。もう一度見たい。
haaaruuuka

haaaruuukaの感想・評価

3.5
イギリスにいた時にTVでやってて見入っちゃった映画。

兄弟が乗っていた飛行機が不時着してたどり着いたのは、恐竜と人が暮らす楽園"ダイノトピア"
そこには、教育され洗練されたいわゆるsophisticated された恐竜が図書館で勉強したりして、人間と同じ生活をしてる
一方でwild な恐竜が牙を剥きはじめ、兄弟ふたりが楽園を守るために立ち上がる

見入っちゃった理由は、子供向け?ぽい映像なのになんかストーリーがわりと面白かったのと、何と言っても、兄弟のひとりがプリズンブレイクのウェントワース・ミラーだったから!

えっこんなん出てんだ!と思いがけずびっくり。
もっかいちゃんと観たい作品。