ガフールの伝説の作品情報・感想・評価

「ガフールの伝説」に投稿された感想・評価

世界征服をたくらむ悪の帝国「純血団」から王国を守るために、
勇敢なフクロウたちの戦いを描いた
ファンタジーアドベンチャーアニメーション(とでも言うのか)。
「伝説」で語られる賢者に憧れる、
夢見がちなメンフクロウ・ソーレンが、
数々の苦難を乗り越えながら成長してゆく過程を
ドラマチックに描いた作品。

フクロウの毛並みがフワフワに見えるCGが素晴らしい。
映像技術は日々、進化してるんだな。すげえなあ。

『砂のうを信じろ!』は、
ブルース・リーの『Don't think! Feel!』と同義語だ。

フクロウの世界もまた大変だ。
今度フクロウを見かけたら「お疲れさま」と声をかけてあげよう。
ちゃき

ちゃきの感想・評価

4.1
滅茶苦茶かっこいいガチのフクロウ映画。

よくあるお子様向けのアニマル映画か〜とか思って観ると、いつの間にかロードオブザリングの世界に心が狩り出されてる。
hossy

hossyの感想・評価

4.0
原作が大好きで映画も観に行きました。フクロウたちはもちろんCGなのですがよく作られていると思いました。背景の自然の景色がこれまたきれいで、とてもCGとは思えなかったほど。映画にも満足です。

このレビューはネタバレを含みます

<ザックリ評価>
フクロウフェチのフクロウフェチによる、フクロウフェチの為の王道ファンタジーアニメ。

<魅力>
・フクロウ祭り
・アニメーション全般
・健全なシナリオ

<不満>
・無し

<詳しい感想>
実際には監督がそこまでフクロウフェチかどうかは分からないが、一応お気に入りらしい。ただ、フクロウの可愛さポテンシャルが最大限引き出されている感はあるので、制作スタッフのフクロウの魅力への造詣はかなり極まっていると思う。

これが凡百の監督だったなら、原作のデザインをそのまま起用してリアルなイマイチ愛着がわかないメンフクロウのビジュアルになっていたと思うが、そのへんも好感度UPを狙って微修正してあるのは高評価。戦闘シーンが多い作品だが、クオリティは充分。

監督の変なクセも出ていなかったので、老若ニャンにょが安定して楽しめるバランスの良さもあるものの、逆に言えばありきたりで捻りのないプロットに不満を感じる層もいるだろう。まあ、フクロウを愛でる映画なのでそんなのは二の次だし、他の監督でこの作品以上のアニメ化をできる人もそうは居ないと思うので個人的には満足だけど。

あと、フクロウにあまり愛着の無い人にはキャラクターの識別が難しそう。
mynnnno

mynnnnoの感想・評価

4.6
何よりもフクロウがかわいい!
ふわふわしてます😍😍
ザックスナイダー監督というのは後から知ったのですが、アメコミ映画のアクションばりに迫力ありました!
わたし自身フクロウが大好きなのもあってフクロウ好きにもオススメしたいです!
フクロウが好きなのでそれだけで楽しめそうと思って鑑賞しましたが、
内容も世界観もとても素敵で、特にフクロウの描写と映像の綺麗さが素晴らしかったです。
夜行

夜行の感想・評価

5.0
フクロウが大好きなので、フクロウ主人公のファンタジー映画を作ってくれた監督に感謝です。
皆ふわふわでとても可愛い
こぴ

こぴの感想・評価

3.3
記録。
映像美がすさまじかった。ふわふわ。
ストーリーもわかりやすく楽しめた。仲間が増えていくのは戦闘物の醍醐味。
hosi

hosiの感想・評価

3.6
フクロウのCGがすごい
(記録.Amazonプライム17.12.26)
あおい

あおいの感想・評価

3.4
星空を劈く正義の声を聞け…

ザック・スナイダー監督のフクロウファンタジーアドベンチャー。原作は「ガフールの勇者たち」

◎ストーリー
フクロウたちには代々語られる「ガフールの勇者」伝説があった。伝説に憧れる少年フクロウのソーレンは、ある日兄との競走中何者かに拐われ、怪しげな「純血団」の孤児院に連れて行かれる。「純血団」の奴隷になる前に命からがら逃げ出したソーレンは、伝説の勇者に一縷の望みを託し、飛び立つ…

フクロウ🦉が異常にカッコいい!定番のファンタジーの世界観をそのままフクロウに落とし込んだ感じ。ただ定番なだけあって無難に面白い。個人的に「ライオンキング」に似てる気がした。

滑空シーンや飛び散る火花など映像はもう言うまでもなく綺麗で、下手なB級実写観てるより迫力ある( ^ω^ )さすがザック・スナイダー、フクロウアクションでも手抜かりナシ!

フクロウと言えばヘドウィグかオウルくらいしかイメージなかった中、カッコいいフクロウとして色濃く記憶に残る作品。

鎧を纏い、鉤爪を装着して空を舞うフクロウ。それだけで、差別化などまるで必要のない発想勝利の良作。

Amazon Video#232
>|