ピーターと狼の作品情報・感想・評価

ピーターと狼2006年製作の映画)

PETER & THE WOLF

製作国:

上映時間:30分

3.8

「ピーターと狼」に投稿された感想・評価

イギリスの作家スージー・テンプルトンによる、聴き馴染みの深い同名の交響曲にのせて送る人形アニメーション。少年ピーターの成長物語が主軸。「アノマリサ」はあえて人形であることを逆手にとった動きが特徴的だが、この作品はとことんリアル指向。目玉がキョロキョロと動いたり、涙をにじませたり。この人形アニメと普通の実写が分からなくなる、ふわふわした感覚が好き。アヒルの首の動き、寝てる猫のからだの揺れ、狼のしっぽなど難しい動物の動きがとてもリアル。氷が張った森の池に、差し込む光の木漏れ日がとても自然。
ウェス・アンダーソンが 僕の好きな音楽で挙げていたので YouTubeで映画も鑑賞。
人形の顔がCGみたいで不思議な感じ 少年の瞳が完全にエイサくん…
風船で飛ぶカラス?かわいい
ひかる

ひかるの感想・評価

3.9
少年の眼光が鋭い。
動物達が可愛いらしい。
1つの寓話として見て良かったと思える作品でした。
陰鬱なでも幼さ特有の鋭くて強烈な眼をしたピーターとある種グロテスクなまでの教訓性、付随する無遠慮な不条理観、音楽に合わせた動き、無音のエンドロール、狼の先にある丸くて大きな月 新人監督による人形アニメーションとは思えない完成度、日本でも早く公開してほしい