撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的の作品情報・感想・評価・動画配信

「撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的」に投稿された感想・評価

月

月の感想・評価

1.5
金曜日の朝7時、実家のリビングにて父と朝食のおでんを食べながら鑑賞。映画を見ながら父とセガールジョークで爆笑、朝から涙を流す

ふつーにふつーだった😂!
ストーリーは画面にセガールがいて、展開としてはかなり英語喋ってたかな🤔あとはポーランド語を喋っていたりとワルシャワという単語も聞き取れて、東西のあれなのだとあれだったね🤔銃撃戦☺️👍!!(文法崩壊)(知能指数2)
まあ冗談はこれくらいにして真面目な話をすると、ストーリーに単純明快なわかりやすさがなく、ちょっとスッキリ感には欠けるかも😂!
もうでも正直なところね、セガールが面白いとか面白くないとかもうわかんなくなってきちゃってるんだよね……。これつまらんなかった?もうわからん……サントラはよかったよ(演出は衝撃的なまでにダサい)😰

てかエンドロールの情緒分からんすぎて笑ったwwwwww🤣🤣🤣
襲ってくる刺客が雑魚い。セガールっぽさがない。体して陰謀が複雑じゃない。
盛り上がり場所に欠ける。
Aya

Ayaの感想・評価

2.3
セガールが善ってゆうことはハッキリわかるけど、パッとするアクションシーンがないし、ヴィランサイドが誰なのか、そして理由がうやむやでよく分からない👿
いつものセガール!強い!強い!強い!爆破シーンと対決シーンは見ものだが···。
敵か味方か分からない人間たちの利害を複雑に入り組ませ、謎の荷物の争奪戦をスリリングに描くスパイ・アクション。
結局は誰が黒幕で、みんな何をしたかったのかよく分からない。
雇われ諜報員ジョナサン。ポーランド・ワルシャワ。小包の"真実"。"デュノワは刺客を知っている"。"黄金の手のバイキング"ヴァン・エイカン。フライトレコーダー。「お前に気を許すと思うか」
oVERSON

oVERSONの感想・評価

2.7
セガールがセガールしてない気がした。
セガールするって何?
2020-99
YOSHIEMON

YOSHIEMONの感想・評価

2.2
セガール映画なのに、ストーリーがセガールらしくなくセガールがセガールしていない。
つまりごちゃごちゃしすぎててスカッとしない。
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

2.5
元諜報員の運び屋セガールが国家的にヤバい小包のせいで不死身の刺客に狙われる羽目に。
金鍍金

金鍍金の感想・評価

2.1
わかりやすい内容が多いセガール映画の中でストーリーが難解すぎる作品。
アクション要素も少なくイマイチな出来。
Hiroking

Hirokingの感想・評価

3.0
セガール来た~!
なかなかストーリーが難しくて、理解が…
アクションが地味だけどすごいから面白い作品だ!

2020年27本目