ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシーの作品情報・感想・評価

「ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー」に投稿された感想・評価

mmm

mmmの感想・評価

3.0
アーロンがかっこいいとこにつきる。
短髪だし👍

内容はアクション映画のよくあるパターン。
浪逆

浪逆の感想・評価

3.5
アクションや仕掛けの表現はよかったけどストーリーは微妙かな…。最後はえっ、となってしまった。あのあとどうなるのか予測がつかない。娘だけかえるはめになるんじゃないだろうか…。アンナの死もそれっきりで悲しみもなんもなくて微妙。
前に観たけど記録忘れてた。忘れるくらいだから印象うすい作品なのかな😅

“パパは元CIA” どこかでみたような設定だけど悪くはなかった。アーロンパパは『96時間』のリーアムパパほどの無双感は無いけど、そこがハラハラして良い。娘が普通の娘と思いきや意外に有能。CIA演じるオルガ・キュリレンコがパッとしない役柄で残念。

今まで体張ったアクションでやってきたのに最後のあの強引とも思える終わり方はどうかと。
ある日、自分と会社の存在を消された父親が、娘を守りながら消された謎を探る。

娘が有能。惜しい映画。けど面白くない訳じゃ無い。けど惜しい。
poco

pocoの感想・評価

2.5
記録。
シネマスタジアムで放送されたものを録画して鑑賞。

娘巻き込まれすぎて可哀想と思ってたけど、その娘が凄かった。笑
一番可哀想だったの入院患者に弾が当たったことだったかも、、←

話は退屈はしないけど、まぁまぁ面白いけどパッとしないような感じ。

最後の鞄の仕掛けはスッキリした。
ある金庫に、訓練されたものが、ある物を強奪する。中にいる人は、皆殺しにされ。

同じ頃、ある男が、会社で仕事をしていて特許に不備を見つけた。報告書を作るため残業をし、さらに娘の元に。
結局夜通し走り回り、その足で出社すると会社が消えていた・・。

基本は、父と娘のコミュニケーションがドラマの幹ですが、会社員の父の隠された過去、盗られた物、一夜にして消えた会社の謎と色々と伏線があり、割と丁寧に処理されます。

けど、ドラマのラストがバッサーっと行った感じです。

アメリカ映画らしい終わり方で、ちょっと物足りないかな。
娘も「CIAで働いてたの」って言い出しそうな勢い

話はまだ謎だらけの序盤がピークな感じだけど
まあまあわりとなかなかそこそこ楽しめた

あと今生の別れからの再会が速すぎ(´・ω・`)
見どころは、強い父親アーロンエッカートとその娘の会話やら何やら。ブリュッセルの街、ホテルの美しさ。キリッとしたオルガ。

映画ならよくあるお話と設定。
キャンセル待ちのアーロンさま〜。
テンプレ。

アクションシーンの撮り方がやっぱりイマイチ、カット割りすぎのチカチカブレブレで見るのしんどい。
なんというかありがちな展開。
面白いがそんなに。
裏切られ、それに娘も巻き込まれ、守りながら謎を解き明かしていく。
eric

ericの感想・評価

3.0
アーロンの子連れアクションが観れる良い映画でした😍

ああ言うアゴってほんとは凄く苦手やけど、アーロンはなぜかカッコいい。笑


スパイ映画の要素的には下手っぽいのを集めた感じはするけど、意外と込み入ってて面白い!
でも、家庭とか組織とかなんで仕事で命令に背き出したもか、細かいとこについてもうちょっと背景が分かる場面とか欲しかった。
(カットされてたんかな?)

とりあえず2回目観た時にもっと、楽しめそう!
>|