ジブラルタル号の出帆(たびだち)の作品情報・感想・評価

「ジブラルタル号の出帆(たびだち)」に投稿された感想・評価

AS

ASの感想・評価

4.2
じいじの誕生日に一同集う娘とその家族らのアンサンブルドラマ。被写体を子供だけに限定したシークエンスもあれば、大人たちが各々の時間を取り戻すそれも存在するフレキシブルな構成が素晴らしい。それを表情豊かな青と緑に囲まれた絶好ロケーションが後押しするという隙の無さ。
マコーレー・カルキンが『ホーム・アローン』の時の1000倍かわいい。もしかしたら10000倍かも
ルクリ

ルクリの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ずいぶん昔に日曜のお昼にあっていたので鑑賞。あまり覚えていないが最後におじいちゃんの遺体を船に乗せて火をつけて海の上で火葬するシーンが美しく悲しかった。でも、おじいちゃんのお葬式として本人も喜んでいそうだと思った。