ハッピー・バースデー 家族のいる時間の作品情報・感想・評価・動画配信

「ハッピー・バースデー 家族のいる時間」に投稿された感想・評価

カトリ-ヌ・ドヌーブ✨
家族もの(*´∀`)♪

アンドレア(カトリ-ヌ・ドヌーブ)の70歳の誕生日を祝うため息子や娘たちが集まるが、家族間での問題などにアンドレアは苦悩する。

主演のカトリ-ヌ・ドヌーブはもちろん◎で素敵ですが、ストーリーがイマイチでしたね。
なんて事はない どこにでもある普通の家族です。
問題は、しばらく音信不通だった長女のクレ-ルも母の誕生日を祝いにやって来ますが、彼女は精神的に問題があり暴走してしまうので家族を混乱させます。(。>д<)

それ以外はどこの家庭にもある問題。どこの家族でも何ぞあるやろ。
日本なんかは表に出さないだけ。

楽しめるかは微妙だと思います。
こうゆう場合は、自分なら先ず登場人物のキャラをチェックします。
この映画で言うなら、長男のヴァンサン(セドリック・カ-ン)のキャラがすごく良い!助かった、おかげでこの映画を最後まで観れました。
自分的には、この長男のヴァンサンがこの話のキ-ポイントですね。
この人は今作品の監督さんなのですね。どうりで☝️注目の存在感で印象的でした。当然そうゆう風に作ってるんやろうけど🤣

この長男ヴァンサンが、家に向かってる姉のクレ-ルを車で迎えに行くシ-ンが好き☆(*´∀`)♪
久々の再会にハグし合う姉弟。
それにしても、向こう(仏)って姉と弟のハグって恋人みたいなハグするからビックリした。
車の中では、愛の曲がかかり♪ナイス👍️でした。

家族みんなで踊るシ-ンも好き☆
ホ-ムもの好きは一応観てもいいかも?♡(^.^)ノ

END.
c5

c5の感想・評価

3.5
◯職場の方から借りた一本。断りづらいですよね、こういうの。

◯カトリーヌ・ドヌーヴ出ております。

◯『たかが世界の終わり』的にひさびさに集った家族モノ。次男が狂っててなかなかいい感じ。その彼女も可愛い。
FREDDY

FREDDYの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

セドリック・カーン監督がカトリーヌ・ドヌーヴの主演で制作したドラマ作品である本作は、フランス南西部の自然に囲まれた邸宅で母アンドレアの70歳のバースデーパーティーが開かれようとしていたところ、3年前に行方知れずとなっていた長女クレールが突然帰郷し、アンドレアと夫のジャン、長男ヴァンサン、その妻のマリーと2人の息子、恋人のロジータを連れてやって来た映画監督志望の次男ロマン、クレールの娘エマとその恋人のジュリアンら家族たちが食事をはじめるも、クレールの帰郷に家族らが戸惑いを隠せずにいた中で話題にあがった、長男の新事業に関する話を聞いたクレールがポルトガルでヴィーガン向けのゲストハウスを開業するための費用20万ユーロを得ようと邸宅の所有権の売却を促しヴァンサンと口論となったことを機に暴かれていった、それぞれが抱えていた秘密や過去によって巻き起こった大騒動と対峙していく家族の姿を追った作品となっているのだが、全体的に淡々としていて盛り上がりこそはあまりなく人によっては退屈に感じてしまいそうな作品ではあるものの、アンドレアを演じた主演のカトリーヌ・ドヌーヴの存在感やクレールを演じたエマニュエル・ベルコの迫真の演技、ヴァンサン・マケーニュが創り上げた次男ロマンのキャラクター性もまたユニークで、キャスト陣による演技合戦は最後まで見応えがありましたし、内容に関しても前文で触れた通り全体的に淡々としてはいるものの、トラブルメイカーである情緒不安定なクレールのみならず映画監督志望のロマンという強烈なキャラクターによってとある騒動に巻き込まれていく家族たちの姿は単純に見ていて面白く、騒動と対峙した時にそれぞれに異なる対応を見せる妙や相当な出来事でありながらも気づけば騒動を忘れ家族との時間を過ごしていることなど、ツッコミどころ満載で到底理解の出来ない"家族の形"だが惹かれるものがある。ロマンの子供じみた"言い訳"にも注目ですかね。個人的には最後まで楽しめました。
母の70歳の誕生日に3年間家から出ていた長女クレールが戻ってきた。エマニュエルベルコの名演技。
AYA

AYAの感想・評価

-
ポスターの緑の華やかさに騙された感あるぐらい思いの外暗かった。もうちょっと明るくて家族のゴタゴタが見れる映画やと思ってた(笑)
なんか無駄にイライラさせられるし、終わりがよければまだよしやと思って見てたけど終わりも生ぬるいし、これは見てなくてもよかったと思ってしまった。
EDEN

EDENの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

1/29/2022

私は「家族ドタバタ」な映画が好きなんだけど、映画ってなんだろう、と思いながらこの映画観てた。

要約すれば、「家族ドタバタ」なんだけど、実際は要約なんてできないのが映画。要約したら意味がない。

この映画はまず、室内と外の使い方がうまい。”家でのバースデー会”が主題でも、移動の要素をとてもうまく使ってる。家の中を流れるようなカメラで映していく流動性。特にweedを吸いたい2人が、不動産屋とクレールから逃れようと半おにごっこのような形で家の中を移動していくところのカメラワークは完璧。

昼食は外で、帰ろうとする彼女を駅まで追いかける、weedを買う、車の事故に会う、クレールは不動産屋へ行く、と、外の空気を入れることで流れが出て、閉塞感で苦しくならない。車からの景色がまた良く、それこそ小津的な画 (ランチの画も含め)が良い。

音楽の使われ方も好きだったが、ジュリアンの使われ方が雑だし、クレールの人種差別発言も、もうちょっと誰かが突っ込むか、怒ってくれないと、容認のようで納得いかない。

あと、ジュリアンの演奏を夜には聴けるかも、というセリフから、演奏がクライマックスになるのかと思ったけど、序盤から使われていたのは拍子抜け。でも、まぁ、映画の中の演奏がサウンドトラックとなる演出は好き。

なによりも、喧嘩のきつい空気と、幸せな時間の、緩締の使われ方が良い。劇、ダンス、そして最後のバースデーケーキは、ちょっと泣きたくなってしまった。

今冒頭を見返しているんだけど、子供たちが門を開けて、物語がそこから始まっていく、というのがまた良い。
祖母の誕生日を祝うために集まった3姉弟
しかし、彼ら家族にはそれぞれに問題があり…

出てくる人たちの大半がクズってたりちょっとズレてたり…
祖母は自分勝手で娘や末の息子にはかなり甘い
祖父は血が繋がっていないため基本的に無関心
姉は精神疾患で作中イチのクズ人間
弟は甘やかされて育ったことが明らかなダメ人間
そしてみんながみんなお金にだらしない…
見てるこっちがオエッてなるし、まともな感性の人たちが可哀想な環境でした😖

ダメ人間だらけで数々の問題も特に解決しない、日曜の気持ちよく晴れた昼間にはなかなか辛い映画でした😅
はむ

はむの感想・評価

3.5
母親の誕生日に久々に集う家族
穏やかな時間もある人物の登場で一変、心を削り、傷つけ合う壮絶な地獄と化すが思いがけない救いもあって…
嵐が来たと思ったら気づかないうちに穏やかな晴れ間がのぞく、家族というものは本当に厄介で鬱陶しくて、愛おしい
Riy

Riyの感想・評価

3.7
何処か懐かしい家族の面々。フランス人は未だ未だこんな調子で言い合うのか、家族だからの本音。ちょっと前まで日本でも、兄弟姉妹や叔父叔母が多かった時代、貧しかった時代にはこんな怒号も聞こえていた時があったような。
カトリーヌ・ドヌーブはマイペース。
感想川柳「正解を 求めることが 正しくない」

フランス南西部の邸宅で夫や孫と優雅な暮らしを送るアンドレア。彼女の70歳の誕生日を祝うため、しっかり者の長男バンサンと妻と2人の息子、そして映画監督を目指す次男ロマンが恋人を連れてやって来る。楽しい宴が始まる中、3年前に姿を消した長女クレールが帰って来る。アンドレアは娘を温かく迎え入れるが、他の家族は戸惑いを隠しきれない。情緒不安定なクレールは家族の秘密や問題をさらけ出し、彼らの間に大きな火種を生んでしまう…というお話。


クレールのイカれっぷりがものすごくて
自分だったらぶん殴ってるかもと思ってしまう(^o^;)

でも同じくらいイカれてる
というかクズなのがロマン(;´A`)
甘えん坊と言うべきかな

それにしてもあんなに何回も険悪な雰囲気になって
よく解散しないなと思う(^o^;)

クレールのおかげで家を取り戻せたからだけでは
あんな理不尽な行為に耐えられるわけない( ゚A゚ )

やはり家族だから見捨てられないというのがあるんでしょうね(‘ε ’)

自分も父親が闇金から借金して
実家が大変な目に遭ったことがありますが

家族のために稼いでいたことは事実だし
なんか見捨てはしなかったんですよね(。-人-。)
(関わりは断ちましたが)

客観的に見てたら病院に預けて
ある意味見捨ててもしょうがないと思うのは当たり前
(´・(ェ)・`)

ヴァンサンの態度は冷たく映りますが
あれが普通な気がします( ´_ゝ`)

でも当事者になったらそう簡単に見捨てられないし
関わらないと心にしこりを残すことになる(´Д`)

正解というものはないと思うし
最善を尽くしても解決しないかもしれない( ´△`)



ただエマに関しては逃げる権利はあると思う(-_-)
クレールにやり直すチャンスは必要だけど
その前にエマの心が壊れてしまったら元も子もない



「笑って泣いて幸せがやってくる」というキャッチコピーですが

苦労は続きそうな予感です( ´・ω・)シ

でもそれが家族でもありますよね(・ω・)


んでまず( ´∀`)/~~
>|

あなたにおすすめの記事