白蘭(びゃくらん)の歌 前篇の作品情報・感想・評価

「白蘭(びゃくらん)の歌 前篇」に投稿された感想・評価

三四郎

三四郎の感想・評価

1.0
これは紛れもなく軍の好きそうな正真正銘の国策映画だろう。『支那の夜』があまりに良かったので期待して見たが、かなり残念な内容だった。
大陸三部作の第1作目がこの出来栄え…。

しかし、霧立のぼるという女優は非常に美しい。彼女はハリウッド女優に比肩する、いやそれ以上の清楚で上品な魅力を持っている。
画面にアップで映し出された瞬間、時代を超越したのかと思った。当時の日本にもこんな美しい人がいたのかと驚いた。
「海ゆかば」が流れていたのが印象的。「何日君再来」「いとしあの星」素敵な曲だった。
pier

pierの感想・評価

3.5
長谷川一夫、李香蘭共演の国策映画。
満州を舞台に、引き裂かれる男女の悲恋。