新・平家物語 義仲をめぐる三人の女の作品情報・感想・評価

「新・平家物語 義仲をめぐる三人の女」に投稿された感想・評価

平氏の打倒を掲げ戦を勝ち抜き京へとなだれこんできた義仲(長谷川一夫)、だが都の院や関白たちからの評判は著しくなく思うようにいかない日々、そしてその裏では同じ源氏の頼朝一派が迫りつつあった

義仲が木曽を出てから上洛、そしてその最期といった生涯を描く、史実とは結構違っていて源義仲についての参考にはあまりならないかも

まずはキャスト!長谷川一夫、京マチ子、山本富士子って続くし製作が永田雅一なので確かに大映の映画、しかも大作風って感じなんだけど、ここにさらに
高峰秀子!志村喬、高橋とよ、十朱久雄、進藤英太郎、大河内伝次郎とあまり大映のイメージにない役者さんたちも名を連ねる、あれ?五社協定は?そのど真ん中の大映でここまで専属外の方が出ているのは珍しいかと

タイトルの三人の女は
巴御前の京マチ子、逸話通り鎧を着こなし立ち回りも見せる
一族の女兵山本富士子、下っ端でみすぼらしい格好ではあるがその美しさは隠せない、長谷川一夫が出来心で手を出しちゃったもんだからストーカー化する
関白の娘高峰秀子、後半からの登場、出番も少なく印象では微妙、都での義仲の唯一の理解者的な立ち位置

他では一番印象的なのは高橋とよ!あの貫禄と憎たらしさ、凄かった
後はワンシーンだけ、都から落ちる人々のシーンで小川虎之助と中村玉緒が出演している

と、まあ出演者で楽しみましたが、内容自体はそんなに面白くないと思う、登場人物が多く当時の状況理解が難しく更にオリジナル要素も多いのでわかりにくい
主演の長谷川一夫演じる義仲像もあまり魅力を感じない、なよなよメソメソしてるおバカさんに見える、結局世間知らずの山ザル、部下が都で狼藉を働いているのも気がつかないとか上に立つものの器じゃないです、滅ぶべくして滅んだって感じ

豪華キャストでそれなりに収穫はあったけど全体的にはいまいちだったかなー、なんか生きてるキャラクターが少なかった
平清盛亡きあとの源平合戦の物語。
大映映画のカラー映画大作。
製作は永田雅一であり、永田雅一製作映画は本当に金をかけた作品が多く、さすがである。

栄華を誇った平家の清盛亡きあと、源頼朝をはじめとする諸国源氏は平家打倒を勧めるが、木曽の源義仲(長谷川一夫)と彼をめぐる三人の女(京マチ子、高峰秀子、山本富士子)の物語。

平安時代のセット、衣装、メイクなど見事な作品である。
とりわけ、京マチ子は『羅生門』や『雨月物語』のような雰囲気であるが、この作品はカラー映画なので、色彩も綺麗であり、平安美人が似合う。
また、意外と言っては失礼だが、高峰秀子も平安美人が似合っていた。

なかなか良く出来た木曽義仲の映画であった。

<映倫No.2036>