1956年製作のおすすめ映画 760作品

1956年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、アルベール・ラモリス監督の赤い風船や、マックス・フォン・シドーが出演する第七の封印、十戒などの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

オレンジ、ミドリ、青、黄色、白、ピンク・・・そして赤 つやつやと輝く赤い風船 やっぱりフランス映画はいいな。華や…

>>続きを読む

子どもが主役の映画特集〜 第2弾 30分ちょっとの短い作品だけど、 ワンカット目の色彩の繊細さ・明るすぎない光の絶妙…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ベルイマン4本目にして初の寝落ちなし! やるじゃん、ベルイマン(←バカっぽい謎の上から目線) 名作でした。 登場人物…

>>続きを読む

ベルイマンがシェイクスピア的世界観で映画を作ったらこうなったという作品 人物も舞台もシェイクスピア演劇のように古典的…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

本作はBlu-rayディスクを購入したのですが 約4時間という長尺を大河ドラマを観る感覚で 分割しながら鑑賞しました。…

>>続きを読む

いつか見ようと思ってなかなか手が出せなかった作品。ホントはイッキ見したかったんですが、連続した時間が取れず、4時間弱を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ユル・ブリンナーとデボラ・カーが好きで観たのか、この映画で好きになったか随分前なので忘れてしまった。 有名なミュージカ…

>>続きを読む

子供たちが可愛いすぎ(*´ω`*) 特にお兄ちゃんの大人顔負けな態度! 抱きしめたいっ!! でも王様が一番可愛い(笑…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

得にならない風は吹かない! マイケル・アンダーソン監督 1956年製作 主演デヴィッド・ニーブン、カンティンフラ…

>>続きを読む

年末は超大作を観たいと思っていた 懐かしいがストーリーほとんど忘れてる デヴィッド・ニーヴン イギリス紳士かっこいい …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

3時間超の大河ドラマ…"強くたくましい女性像"をテーマにした壮大な映画では『風と共に去りぬ』が有名だが、好みとして本作…

>>続きを読む

ガチガチ保守のテキサスを舞台に、白人によるメキシコ人差別にがっつり斬り込んだ意欲作! テキサスで広大な牧場を営む夫婦…

>>続きを読む

狂った果実

製作国:

上映時間:

87分

ジャンル:

3.5

おすすめの感想・評価

根岸吉太郎版ではない本作、津川雅彦めちゃ若委員会だわ 海外版のタイトル「海兵の情熱」の方がめちゃ見たくなる委員会 そし…

>>続きを読む

”太陽族”と呼ばれた、昭和30年代の享楽的な若者たちの生態を描いた青春映画。 兄(石原裕次郎)と弟(津川雅彦)が同じ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

〜新文芸坐「モノクロ映画の美学」特集〜 ダークサイドオブ小津安。 と、までは言わないにしても、初見の本作は意外な発見…

>>続きを読む

先月末は岡山 倉敷へ日帰り一人旅。 そして今日は京都の伏見稲荷with母! 伏見はもっと遠いイメージがあったのですが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

オーウェルの原作も読んだことがなく、でもちょいと内容を知りたくて、の、初見『1984』。 近い未来の話。そこは『全体…

>>続きを読む

原作は1948年に執筆されたジョージ・オーウェルの小説。 トランプ政権が発足してから、この小説が再び脚光を浴びてるなん…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スコアについては映画館で観てたら違ってたかも。 若尾文子のアイドル顔と京マチ子(32)の圧倒的な存在感を堪能しました…

>>続きを読む

赤線吉原の「サロン 夢の里」で生活を凌ぐ女達の群像劇。 溝口健二の遺作。 3人の名女優の華麗な共演。 京マチ子演ず…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ナチス収容所の独房に収監させられた青年が、脱獄遂行のために全身全霊を注いでいく。一人の青年の脱獄計画をストイックに描い…

>>続きを読む

緊迫感が凄い。 余計な音楽やこれみよがしな過剰な演出を排除し、極限まで枝葉を切り落とした先には、完璧なスリルがありまし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ラストこんな投げやりでいいのか…と思ったがその投げやりこそがヌーヴェルヴァーグの奔放さと自由を象徴しているのかもしれな…

>>続きを読む

当時世界を驚かせた1本。奔放な女性、気持ちに素直すぎる、愛情を欲しがる女性を描いた作品。だか、基本はブリジット・バルド…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

8歳の少女ローダは裕福な家庭に生まれ、父親も母親も優しいし、大家にも恵まれて何不自由ない生活を送っていた。でも、家族は…

>>続きを読む

クリスティーンは、夫ケネス・ペンマーク大佐との間にローダという8歳の少女がいる。夫の留守中に、ローダの学校でピクニック…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2017年12月27日 『炎の人ゴッホ』 1956年アメリカ制作 監督、ヴィンセント・ミネリ。 他に、エリザベス・ティ…

>>続きを読む

「ひまわり」で有名なオランダの画家フィンセント・ファン・ゴッホ。 牧師だった父親の影響で若い頃は宣教師として僻地に派…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

どんなことが起こっても「馬鹿馬鹿しい!」と笑い飛ばしてしまえるような強さと自由さが、ルノワールにはあるような気がする。…

>>続きを読む

恋愛ドラマかと思ったら政治コメディだった。本当によく出来た映画でそつがないのがスゲーなと思う。書き割りの場面でも色彩い…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ヒッチコック作品は毎回楽しみにしてますが、噂や人から勧められたのを耳にして、特に楽しみにしていた作品。非常にヒッチコッ…

>>続きを読む

マラケシュへ旅行中の医師家族が謎の男に偶然出会う、それをきっかけに家族がロンドンでの米国要人暗殺事件に巻き込まれる、と…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ロマン・ポランスキ監督の同郷の先輩、師匠とも言うべきアンジェイ・ワイダ監督(1926-2016)の1956年製作の「地…

>>続きを読む

強国の駆け引きに翻弄された末、ドイツ軍に占領された旧市街。力の差にワルシャワ蜂起部隊の敗北も迫り、なす術のない中隊員達…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

去年の夏、実家に帰ったら尚さんが「映画好きなのか?これ観たか?」なんて言いながらDVDを持ってきた。 尚さんというの…

>>続きを読む

妻に先立たれてからの後半が面白い。 息子と上手く接することが出来ず、現実から逃げるように戦場へ赴くも、 戦地で見かけた…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ファムファタール(femme fatal)ってことですな。運命の女と訳されたり破滅に導く女と言われたりと、まぁタイトル…

>>続きを読む

原題はローラ・モンテス タイトルにもあるようにローラ・モンテスという女性の半生を扱った作品 とあるサーカス場。音楽家…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

マリリン・モンロー同様、1950年代のセックス・シンボルだったジェーン・マンスフィールドを拝みに。 ジェーンさん、初め…

>>続きを読む

これはね、映画として人に薦めるモノではありません。 娯楽のない時代の娯楽映画ですから、まあまあ大したことはない。 主演…

>>続きを読む
>|