1956年製作のおすすめ映画 813作品

1956年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、スタンリー・キューブリック監督の現金に体を張れや、ユル・ブリンナーが出演する十戒、上流社会などの作品があります。

あなたにおすすめの記事

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

【後のキューブリック的芸術性と狂気性はまだ薄めだが、多くのパズル型クライムサスペンスへ影響を与えたであろう優れた脚本か…

>>続きを読む

The killing 競馬場での強盗なので大穴みたいな意味でしょうか。 1956年 キューブリックの長編デビュー作…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

シナイ山にてモーセの石板に十戒が刻まれていく場面は心にジーンとくる🔥吹き替えの声が沁みます。 神との約束の地カナンへ…

>>続きを読む

遠い昔、地上波(吹替、カット版)にて鑑賞。今回改めて字幕、ノーカット版にて鑑賞。 ただ今 冬休み満喫中! こんな時で…

>>続きを読む

上流社会

上映日:

1956年10月20日

製作国:

上映時間:

107分

ジャンル:

3.6

あらすじ

1950年代半ばのロング・アイランドの大邸宅を舞台に、再婚しようとするセレブなお嬢様、まだ前妻に未練がありそれを阻止しようとする元夫、式を取材しに来た記者たちが入り乱れる。キャサリン・ヘプ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

すでにモナコ公妃になることが決まって いた美しすぎるグレース・ケリーが最後 に出演したミュージカル映画です✨ 公妃なる…

>>続きを読む

グレース・ケリー最後の出演作となったミュージカル仕立ての一本。『フィラデルフィア物語』のリメイク?らしいですね!皆さん…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

長年見よう見ようと思っていて、ようやくの初鑑賞。 200分を越える長さを有する作品ながらも、意外とそれほど長さは感じ…

>>続きを読む

誰にでも思い出の映画、忘れなれない映画、原体験的映画は何本もあるだろう。 僕もまだ出し惜しみ?しているチャップリン映画…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

🟤もう観た方向け🏖 想像して 子どもたちを 大人に 何を言っても 説得されちゃう感じ 洗脳されてしまう恐怖 …

>>続きを読む

クリント・イーストウッドの師匠であり、サム・ペキンパーの兄貴分でもあるドン・シーゲル監督の異色のSF作品です。原作はジ…

>>続きを読む

赤い風船

上映日:

1956年08月24日

製作国:

上映時間:

35分

ジャンル:

4.0

あらすじ

第29回アカデミー賞最優秀脚本賞受賞、アルベール・ラモリス監督作。パスカルが学校へ行く途中、街灯に赤い風船が引っかかっているのを見つける。その後、風船は彼についてくるようになり……。少年と…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

"宝箱" 一人の小さな少年と、一つの赤い風船の友情 冒頭のシーンから素晴らしい 街を見下ろす小高い所 少年が階段を…

>>続きを読む

🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈 名作映画 赤い風船 初鑑賞 🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈🎈 なんなのこれ? 朝一で幸せな気分満杯✨🥺✨ 可…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

疫病により、終焉を迎えようとしている世界で、十字軍の遠征から帰途についた、神の存在に悩み続ける騎士の元にある日突然“死…

>>続きを読む

イングマール・ベルイマン監督が、ペストが流行し終末的世相が蔓延する中世のヨーロッパを舞台に、十字軍の遠征から帰途につい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

クリップ📎作品を消化しよう📽 ≣≣≣≣≣✿≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣≣ 「知りすぎていた男」…久しぶり…

>>続きを読む

オープニングクレジット+バス+馬車+ケ・セラ・セラ♪+足音+鐘+指笛◎ 1956年のアルフレッド・ヒッチコックの…

>>続きを読む

赤線地帯

製作国:

上映時間:

86分

ジャンル:

4.0

あらすじ

売春防止法施行直前、自分を売る女たちを描いた巨匠・溝口の遺作。様々な事情を抱え公認の売春地域で身を売る女たちの生き様を、豪華女優陣競演で生々しくリアルにテンポよく描いた悲喜劇。

おすすめの感想・評価

売春防止法が国会で審議されている最中、吉原の売春宿を舞台にした女性たちの群像劇。 溝口健二監督の遺作。 女性を描き続…

>>続きを読む

溝口健二監督の遺作🎬   舞台は、売春防止法施行直前の『吉原』。 『吉原』にある特殊飲食店「夢の里」では娼婦たちが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より-』 原題 Un condamne a mort s'est echappe …

>>続きを読む

脱獄モノにハズレなし! そりゃそうかもしれない🙄 だって強固な刑務所からいかにして脱走するのか…想像するとワクワクす…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

トルストイの「戦争と平和」の映画化。 19世紀はじめ、ナポレオンがヨーロッパを制圧しロシアに迫る。ロシアの貴族の娘、…

>>続きを読む

明日公開のドキュメンタリー『オードリー・ヘプバーン』を前に、オードリーさん主演のハリウッド超大作を鑑賞です。 50年代…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

シャム王家に教師として雇われた英国人女性が、封建制はびこる王政に新風を吹き込む姿を描くミュージカル映画の名作。名曲“S…

>>続きを読む

あの有名な曲『Shall We Dance』が生まれたミュージカルを映画化した今作♡ ブロードウェイでもロングラン公演…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 1956年制作のアメリカハリウッド製SF映画。    「マーくんパパ」さんに触発され、大昔観たものを再鑑賞した。  …

>>続きを読む

古典SFの傑作。 あの有名なロビーを作品の中でやっと見ることが出来た! BSありがとう! しかし1956年の作品で、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

思い起こさせるのはオーメンやエクソシスト、ローズマリーの赤ちゃん等、純粋無垢な存在であると信じている子供の邪悪さだ。そ…

>>続きを読む

裕福な家庭で両親に溺愛される、負けず嫌いの、おしゃまな8歳の女の子、ローダのお話。 遠足で訪れた池でローダの同級生の…

>>続きを読む

早春

製作国:

上映時間:

144分

ジャンル:

3.9

あらすじ

日本を代表する巨匠・小津安二郎が、サラリーマンの孤独と夫婦の倦怠感をシリアスに描いた異色作――― 結婚後8年、サラリーマン・杉山正二と妻の昌子は、子供が病死して以来、冷え切った関係にある。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

サラリーマンの在り方を問うテーマで、小津にしては珍しい主人公の不倫をからめて、夫婦像を描いた物語。 主役の二人が凄く…

>>続きを読む

今から65、6年前の東京 まぁ、貴重な映像の数々だこと。 郊外の蒲田がホントど田舎で、大宮行きの京浜東北線で丸の内への…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アルフレッド・ヒッチコック監督が、1953年にニューヨークで起きた事件をもとに、強盗犯に間違われ逮捕された男の体験を描…

>>続きを読む

映画とは全く関係ない話ですが、ドラゴンズファンの私は、本日は映画ではなく、バンテリンドームでタイガース戦を観戦。 する…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この映画に出てくる蕎麦屋 「だまされ屋」みたいに、 だまされたと思ってこの映画 を観よ! 東京都江東区に存在した遊…

>>続きを読む

州崎パラダイスは、かつて江東区にあった赤線地帯。当時の風景がそのまま映っていてワクワクしました。 売春防止法が施行さ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

シーンの終わりに目線が揺れて、次のショットに繋がる。目で反動を付けるような連なりの美しさ。その後、会話する二者の全身を…

>>続きを読む

成瀬巳喜男監督、1956年の作品。東京下町(柳橋)の置屋を舞台に、傾きかけた花柳界に生きる女たちの悲喜こもごもを女中目…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2+2=5◎ 1956年制作 監督は『八十日間世界一周』のマイケル・アンダーソン 原作はジョージ・オーウェルの同…

>>続きを読む

グローバリズムの行先は全体主義に行き着く事は分かっている。 その全体主義はグローバリズムとナショナリズムの対立構造を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

めっちゃ重い作品『浮雲』の翌年に公開された軽めの小品。成瀬巳喜男っぽい軽やかさがあります。 舞台は戦後の傷が徐々に癒…

>>続きを読む

面白かったー! 倦怠期の夫(佐野周二)と妻(原節子)のディスコミュニケーションが、断絶したショットとアクションで示さ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」を観た事でその存在を知り、観たいと思っていた作品。 原案としてクレジットされ…

>>続きを読む

あの『ジョニーは戦場に行った』のダルトン・トランボが赤狩りでハリウッドを負われたときに偽名でアカデミー原案賞を獲ってい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

何なのか~? は、現在の皆さんが共通しての 印象ですが。 描かれている 若者達の不思議さ は、原作のせいか 時代のせ…

>>続きを読む

石原慎太郎の小説を原作として映画化した湘南の海で繰り広げられる青春ドラマ。 主演は長門裕之と南田洋子。 石原裕次郎のデ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

モンタナのカウボーイ(ドン・マレイ)がロデオ大会出場のため訪れたアリゾナ州都フェニックスで、酒場の女歌手(マリリン・モ…

>>続きを読む

ちょっとサボってた、マリリン追っかけ。 第9弾。 久々に、見ました。くそ映画。 主人公の、カウボーイが、うざすぎる。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

どんなことが起こっても「馬鹿馬鹿しい!」と笑い飛ばしてしまえるような強さと自由さが、ルノワールにはあるような気がする。…

>>続きを読む

大好き🥰。 酒飲みながら何度でも観たい。 物語は、、、よくわからん🤣。 とにかく視覚的に美しいが、民衆の群れる場面…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フリッツ・ラング監督の後期の作品で、ハリウッド時代の最後の作品です。たった20日で作った作品だそうですが、内容的にはな…

>>続きを読む

ラングのアメリカ時代最後の作品🎬 新聞社の社長スペンサーは 自分の娘の婚約者であるトムに 死刑制度の危険性を語る!! …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

石原慎太郎原作、市川崑監督。 当時は太陽族などという言葉が流行したとか。 これはまさに若い作者が描いた若者も衝動。…

>>続きを読む

「処刑の部屋」 冒頭、島田克巳はU大学の四年生。 気難しい銀行員の父、発狂する母、大学野球リーグ戦、U大学が優勝、そ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

下町で魚屋を営む昭和の一家の話。 子供が五人いるこの家族の上から二番目である高校生の長男を中心に物語は進む。 彼には…

>>続きを読む

木下恵介監督作 魚屋の一人息子の洋一が主人公。姉は結婚を約束した彼氏を振ってお金持ちの元へ嫁ごうとしている。父親が病…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ミシェル・ボワロンの本格的な監督としてのデビュー作。ブリジット・バルドー演じるお転婆な女の子“ブリジット”が主役の、ミ…

>>続きを読む

これ絶対ストーリーは二の次ですよね。バルドー物凄くキュートでした。自分が男だったらゼッタイ恋する! あのキュッとしたウ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

コメディな怪作観る 牛乳屋の顧客争い助ける為に山口 でなく長州から上京した男の話 万歳三唱で戦地に向かうかの フラン…

>>続きを読む

中平康、初のコメディ。 さすがにテンポはいい。情感など置いてきぼりにしてどんどん進んでいく。フランキーもブーちゃんも…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

愛欲メロドラマ続編観る 年長で超封建的な夫に耐える 令子と夫亡くし子育てと仕事の 両立で生きて来たまゆみ 二人に新し…

>>続きを読む

『飢える魂』の続編として、急激に変化していく2組のカップルがどのように着地を迎えるのかを描く。 本作はとにかく舞台が…

>>続きを読む

母を求める子ら

製作国:

上映時間:

88分
3.7

おすすめの感想・評価

子供を描くことに長けた清水宏監督ゆえに、子供たちが戦後の境遇に苦しむ姿には、人一倍感じいるところが多かったのかもしれな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

阿部豊監督作を初鑑賞。 サンパン船の船長・河野秋武とその娘・渡辺美佐子のもとに、流れ者風の水島道太郎が転がり込む。二本…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

富豪フォッグ氏は賭けに勝つため80日間での世界一周を目指すも、刑事が彼を銀行強盗の嫌疑で追う…というお話。 言わずと…

>>続きを読む

誰もがそのタイトルを一度は聞いたことある、読んだことがあるジューヌ・ヴェルヌのあまりに有名な原作を映画化。 ストーリ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アンジェイ・ワイダ監督の第二作で、最高傑作の一本と呼んでも良い凄まじい生き地獄の映画です。 前作もオープニングで一気に…

>>続きを読む

アンジェイ・ワイダ監督作品。 第二次世界大戦のポーランド。 ドイツとの戦争で苦境にさらされていたワルシャワの蜂起軍、あ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

開拓者一家がネイティブアメリカン、コマンチ族に襲撃され、その復讐にイーサン(ジョン・ウェイン)たちが向かう・・。 …

>>続きを読む

19世紀テキサス、白人男性が相棒と共に、先住民に誘拐された姪を、5年かけて捜索、取り戻す。リアリティとモラルの欠如で、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

追悼、石原慎太郎。 石原裕次郎がブレイクした作品。今更ながら初鑑賞。 始まってしばらくの間、弟役の津川雅彦の…

>>続きを読む

【タズシネマ】東京MX 元都知事を偲んで観てみた。ですが、、、 ・やっぱりモノクロはつらい(シンドラーのリストとかも…

>>続きを読む
>|