手を握る泥棒の物語の作品情報・感想・評価

「手を握る泥棒の物語」に投稿された感想・評価

内山リナ ファンクラブでみはじめたけんど…かったるくてムリ
歳とってからの方がいいオンナ
なんだかなぁ。
原作知ってると無理感。
というよりほとんど別物。
同じ短編なら
君にしか聞こえないの映画化
のほうがまだいい。
内山理奈もちょっとイメージがねぇ。
酷いねこれは。原作とは大分アレンジされている。そしてその余計なアレンジが、原作の持つ美点を根こそぎ殺している。変な捻りを加えず原作に忠実な脚本にしておけば良かったものを。なぜこんな改悪を施したのか理解に苦しむ。『ジョゼ虎』の犬童一心監督に『リリイ・シュシュ』の忍成修吾くん、そして内山理名さんが出演しているのだから間違いないだろうと見込んで鑑賞したのだが、期待外れもいいとこだった。押し入れの構造を利用したとあるアイデアにはなかなか感心したが、その後のドタバタは茶番の一言に尽きる。交わされる会話の寒々しいこと。原作のあの美しいラストシーンをうっちゃってまで、制作陣は何を作りたかったんだろうか。

あなたにおすすめの記事