ディノシャークの作品情報・感想・評価

「ディノシャーク」に投稿された感想・評価

5分に1人はサメに人が食われていく映画。強心臓の人にはオススメ。CGのクオリティ低すぎて笑った
KAIRO

KAIROの感想・評価

2.3
Foxムービーでサメ映画特集をやっていたので観てみました♪

数人がかりで撃っても当たらないピストル、いきなり一致団結し始める水球選手、親友が死んだのに一切触れずジェットスキーに跨るトレイス、めっちゃカッコ良く手榴弾を投げたのに外すトレイス、その後ろで一発でボウガンを当てるヒロイン、、、、、

なんかもうツッコミどころがたくさんだけど、これは笑いながら観れるようにと、制作陣があえて用意してくれたものに違いない。すべってるけど。

でもツノの生えた新しいサメが見られるし、お腹いっぱいになることなくたくさん人を食べてくれるし、エリックバルフォーはイケメンだしで、サメ映画としては楽しめると思います😊🌟
「残暑見舞いのサメ映画」というFOXムービーチャンネルの特集にて。

"ダイナソー"と"シャーク"で"ディノシャーク"(9割ワニ)。体が鎧のように硬いので、弱点は眼だそうです。ていうかジャケのサメは出てこない笑

飽きさせないための工夫でしょうか、20分間隔くらいで定期的に食われていきます。
フリー素材で作り上げたような安いビジュアルと、スカスカの脚本はなかなかしんどく、魔が差して見た私が悪かったと反省している次第。

いや、もっと精進しなければ。
ノッチ

ノッチの感想・評価

2.5
極地の氷が溶けだし、中に閉じ込められていた太古の生物が現代に蘇ってしまう。

主人公は船で世界中の海を旅していた青年。

故郷の街に戻ってきて懐かしい友人達との再会もつかの間、海で泳いでいた親友が謎の生き物に襲われて命を落としてしまう。 

さらに海洋救助隊のボートが襲われて・・・・。 

古代から蘇った巨大人喰い鮫が人類を襲う、ロジャー・コーマン製作のエキサイティング・パニック。

氷山で冷凍保存されていた古代魚が、解凍されて人をパクパク食べるお話。 

パッケージの製作者の欄にロジャー・コーマン先生のお名前が載っている時点で、この映画のだいたいの出来が分かります。 

いや、むしろその出来を予想して笑い飛ばすくらいの人でないと、この映画は楽しめません。 

なんだか古代生物らしく、パッケージの写真とは一切関係ない、ワニみたいな生き物が出て来ます。 

何?こいつ・・・。 

視聴者の困惑をよそに泳いでいる人をいただいていく怪物。 

ヘリに噛み付くシーンは確かにあるけど、パッケージのサメは登場しません。 

サメじゃなくて古代魚だったのです。

もうパッケ絵完全無視です。

ていうかパッケ絵描く前に作品観てないのかよ!と。 

この辺のいい加減さがたまりませんね。 

怪物が出て来ない間、視聴者の視線を逸らさない為の水着のお姉さんを出すのもいつも通りです。 

ついでにこの手の怪物映画では、意外と犠牲者は少ないのがセオリーなんですが、容赦なくガンガン死んでいくのもいつもロジャー・コーマン先生の映画でした。 

しかし、危険にさらされていない主人公たちが皆のために立ち向かうのは珍しいな。

”所謂”サメ映画としては出来の良い部類。

全体的に可もなく不可もなく、と言った所ではなかろうか。
HERO

HEROの感想・評価

2.0
サメの方はさすがB級映画だなって思わせるほどのCG加工

古代のサメといえど、パッケージと出てくるサメ違う🦈🦈🦈
Kasumi

Kasumiの感想・評価

1.4
古代生物で絶滅したはずのサメ。
その姿はとてもサメには見えません。
最後の20分だけで良かったな~。
リゾートなんだからもっと晴れた日にロケすりゃ良かったのに。あと海の色が汚ねえ笑
でもすごい頑張ってると思った。
最後の子役の演技!
最後の最後、ここにきてソレ!!
もうそれしか思い出せない!

サメの造形と見境なく襲う感じはわりとよかった。
Same

Sameの感想・評価

2.3
B級映画の主役が板についてきたエリック・バルフォーが主役なので安心感ありますよね!笑
キャスパー・ヴァンディーンやショーン・パトリック・フラナリーのように大作映画の主役を張ったわけでも無いので、同じB級映画の主役の常連とはいえ没落っぷりもそこまで感じず、だからと言ってこの手のクズ映画に本気出してる感じもしません。終始映画の雰囲気同様ゆるくやってらっしゃいます笑
なんだろうな、ランス・ヘンリクセンみたいになればいいんじゃない?(適当)

ディノシャークはその名の通りというか、ただのモササウルスやん笑
これサメでは無いよね、限りなく恐竜っぽいです。
氷山が溶け、太古のモンスターが復活。特に大した理由もないですが、メキシコのリゾート地で人を食いまくります笑
1匹で食べられる人間の量も決まってると思うんだけど笑、間髪入れずポンポン人を襲ってくれるのでテンポはいいです。

前半は緩いながらもちゃんとストーリーを紡ごうとしているのですが、後半ディノシャークとのバトルに入ると急にグダグダしてきて、安っぽいゴアシーンが連発、エリック・バルフォーが頑張るけど全く弾も手榴弾も当たらず面白いです笑
最後のエリックのアクションからの決着は必見!唐突でとってもいい!
その時の子役が下手すぎるのもとてもいい!最後に全てを台無しにして終わる潔さ!!

サメ映画のランクとしては、最低なやつよりはマシだけど、めちゃくちゃノリが緩いし、突き抜け感も無いのでオススメはしませんね。
Filmjunky

Filmjunkyの感想・評価

1.1
最後の子役の演技が下手過ぎて凄く面白くなってしまった。

主役が遠くても棒読み「ヘルプミー、」
主役がすぐそこに来てもそのまま棒読み「ヘルプミー」

なんとかならなかったのか。
>|