映画はもう始まったか?の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

映画はもう始まったか?1951年製作の映画)

Le film est déjà commencé?

製作国:

上映時間:62分

-

「映画はもう始まったか?」に投稿された感想・評価

アヴァンギャルド映画のパイオニア!
ディスクレパン作品

新しい見方、まなざしを手に入れた時代の勢いはさすが。超入れ子構造でありこれを単体で見続けるのはキツい。結局、文字と言語に頼っている。

・涎と永遠についての概論
レトリスム
ディスクレパン
少しダダイズムかじってる、気がする。

映像と矛盾した語り、映像に差し込まれる矛盾を示唆するノイズが新感覚。
考えることを要求される作品。
51年でこれをやるルメートルはつよい。
ゴダール研究中に出会った作品。
「映画はもう始まったか?」
みるとなるほど、ヌーヴェルヴァーグ的。
映像も音とナレーションがばらばら。


ネガのような映像ばかりがチカチカと続くから目に悪い。

内容過激すぎて警察介入して上映中止になったらしいけど、いまの感覚だとそのきもちが分からなくて残念。

レトリスムはダダイズムらへんからきたのかな?
イジドールイズー、アランレネあたりに手をつけようと思った。