1951年製作のおすすめ映画 488作品

1951年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、クライド・ジェロニミ監督のふしぎの国のアリスや、パトリシア・ニールが出演する地球の静止する日、陽のあたる場所などの作品があります。

あなたにおすすめの記事

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

ふしぎの国のアリス

上映日:

1953年08月19日

製作国:

上映時間:

75分
3.7

あらすじ

退屈な昼下がり、アリスは大忙しで走っていく服を来た白うさぎを追いかけるうち、深い穴に落ちてしまい…なんとも奇妙な世界に迷い込んでしまいます。自分の体は伸び縮み、美しい花たちは歌いだし、“お…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

大袈裟無しに、私の人格形成の一端を担っている映画です。この『不思議の国のアリス』と『ピーター・パン』と『ダンボ』をヘビ…

>>続きを読む

SINGに高まって、御本家 観たくなって不思議の国 行ってきた!!!! アリスの世界の何が好きか。 飲んだり食べたり…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

SFクラシック映画の秀作。ワシントンに着陸した銀色の円盤。中から現れた異星人クォトゥは、地球人に伝えたいメッセージがあ…

>>続きを読む

1950年代初頭に作られた、宇宙人が地球にやってきた系SFの元祖的作品。 50年代SFというと、今観るとチープなエイ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

マリッジブルーやマタニティブルーの方には、決してオススメできない作品。 布教活動に熱心な母親の元で貧しく育った青年ジ…

>>続きを読む

録り溜めたBS映画を消化しよう月間! 溜まってしまった映画を必死こいて観てます。 でこの作品、実はリチャード・ドレイ…

>>続きを読む

巴里のアメリカ人

上映日:

1952年05月02日

製作国:

上映時間:

113分
3.7

あらすじ

第二次大戦直後のパリ。米国人ジェリー(ジーン・ケリー)は退役後も祖国へ帰らずに、画家としての夢を実現させようとして、仲間たちとボヘミアンな暮らしをしている。そんな中、彼は巴里娘リーズ(レス…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

古典ミュージカルの傑作。 初っ端から自分が理想とする「パリに移り住んだ陽気なアメリカ人」にジーン・ケリーがピタリと嵌っ…

>>続きを読む

幻想的な恋を歌やダンスで感じられる作品。 113分が一瞬だった。 なんといってもパリの風景。例えば、この映画の舞台がN…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1951年”Strangers on a Train”。原作ハイスミス、脚本チャンドラー。モノクロ視覚効果を最大限活か…

>>続きを読む

アルフレッド・ヒッチコック監督が、パトリシア・ハイスミスのミステリー小説を映画化したサスペンス作品。 テニスプレイヤ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1951年製作の映画。小津安二郎監督作品。『紀子三部作』と呼ばれる作品の一つ。 間宮家は周吉と妻志げ夫妻、長男の康一…

>>続きを読む

日本黄金時代にキネ旬 1位に輝いた大傑作。 珍しく品行方正でなく感情 を露わにした笠智衆。 豪勢な食事シーンが多く…

>>続きを読む

カルメン故郷に帰る

上映日:

1951年03月21日

製作国:

上映時間:

86分

ジャンル:

3.5

あらすじ

田舎に帰ってきた脳天気なストリッパー、カルメンが引き起こす騒動を描いた傑作コメディ!――― 日本映画初のカラー作品という国家偉業的作品にふさわしく、美しい風景の中、笑いあり、涙あり、風刺あ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

松竹+にて💃💃💃💃💃 東京でヌードダンサーをしているリリーカルメンが久々に故郷に帰って一騒動の顛末を描く日本初総天然色…

>>続きを読む

『カルメン故郷に帰る』 製作年1951年。上映時間86分。 わが国最初の総天然色映画として、松竹と日本映画監督協会が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ハンフリー・ボガート×キャサリン・ヘプバーンの川下りロマンスアドベンチャー。 第一次世界大戦下の独領東アフリカ。酔い…

>>続きを読む

🔸Film Diary🔸 ▪️本年鑑賞数 :2022-079 再鑑賞 ▪️死ぬまでに観たい映画1001本-522 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

女手ひとつで息子を育てる雪子は銀座のキャバレーを任されている。 1950年代に生きる【女】の形を成瀬ならではの視点で…

>>続きを読む

清めよ心 ・成瀬巳喜男監督の作品を初鑑賞 ・当時工事中の東京温泉が拝めます。 ➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖ 🔷雪子(田代…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「忍耐は美徳なり」シェイクスピア チャールズ・クライトン監督による、【ケイパー・コメ ディ】 [第25回アカデミー賞…

>>続きを読む

🔸Film Diary🔸 ▪️本年鑑賞数 :2022-130 再鑑賞 ▪️死ぬまでに観たい映画1001本-527 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

100/2021 今年は引きこもり時間が圧倒的にあるから早くも100作いってしまった😅 アーサーミラー原作。リメイ…

>>続きを読む

アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」を映画化した作品。 もともと原作本は 持ってるから読んだことあるんだけど、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

エリアカザン監督、 欲望と言う名の電車 鑑賞しました! 映画化した背景や時代背景を知らないと、 なんだコレは? とな…

>>続きを読む

🔸Film Diary🔸 ▪️本年鑑賞数 :2022-114 再鑑賞 ▪️死ぬまでに観たい映画1001本-525 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【他にタイトルは思いつかなかったのかなぁ】 まだ充分ではないが男女格差が多少なりとも縮まって来たのはこういう時代があ…

>>続きを読む

エセ安二郎 🍚成瀬巳喜男監督作 🍚川端康成の監修 ➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖ この編集で原節子が主演だと小津安二郎作品…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

🔸Film Diary🔸 ▪️本年鑑賞数 :2022-128 再鑑賞 ▪️死ぬまでに観たい映画1001本-※※※ …

>>続きを読む

ベルイマンが10代の時に綴った短編小説を映画化。自身で一番好きな作品に挙げている思い入れのある作品だそうです。 バレ…

>>続きを読む

白痴

上映日:

1951年05月23日

製作国:

上映時間:

166分

ジャンル:

3.6

あらすじ

日本映画界の巨匠・黒澤明監督作!――― 痛ましい戦争体験のショックで、亀田欽司は“白痴”と呼ばれる病気になり、惨めな姿で復員して来た。その復員船で金満家の跡取り息子・赤間伝吉という男に知り…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

黒澤明監督が敬愛するドストエフスキーの「白痴」を映画化した渾身の一作。 原節子さんの凄みを感じる演技と美しさに見惚れ…

>>続きを読む

🔸Film Diary🔸 ▪️本年鑑賞数 :2021-673 再鑑賞 ▪️死ぬまでに観たい映画1001本-※※※ …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フレッド・アステア出演作を見つけた のでアマプラさんで鑑賞しました✨ ミュージカルでダンス観たさ。目的は その一点に尽…

>>続きを読む

1951年のMGMミュージカル。エリザベス女王の成婚に合わせて作られたというストーリーはかなり粗いが、フレッド・アステ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2021年 鑑賞 21-341-23 NHK BSP にて セオドア・ドライサー先生の小説「シスター・キャリー」が原…

>>続きを読む

1951年 🇺🇸映画 モノクロ作品。 BSで放送していたので録画して鑑賞。 ヘンリー・フォンダ、キャサリン・ヘップ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【本編はこちらから⤵︎ ︎(12分)】 https://m.youtube.com/watch?v=BlKhdICuq…

>>続きを読む

キューブリックの処女作にして原点となる作品 正直内容は面白いとは言えないが、キューブリックにとっては最も価値のある作品…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

50年以上前の作品だが、これに似た作風が多数製作されている1950年代。「宇宙戦争」に「地球最後の男」。「地球が静止す…

>>続きを読む

地球に隕石が迫る! 最早避けられない事態に国の上層部が決断したことは"ノアの箱舟"を作り、他星へ移住することとかいう、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

これもめちゃ観たかったやつ!!! ブニュエル優秀メキシコ時代🌸 これ70分で最高なやつ。 これ表紙なにかと思ったら…

>>続きを読む

『昇天峠』という邦題とこのジャケ写。どんな映画?と以前から気になっていたブニュエル作。 英語字幕で見れました。 メキ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【本編はこちらから⤵︎ ︎】 https://m.youtube.com/watch?v=M681-jhx2Kk …

>>続きを読む

【省略レビュー】 YouTubeで観られるスタンリー・キューブリックの初期短編作品( https://youtu.b…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1951年の🇬🇧ブラックコメディ🥸 mark数も少ないけど、これはfollowingさんのレビューで楽しそうだったの…

>>続きを読む

難病の特効薬や1粒飲むだけで簡単にダイエット… 髪の毛が生え続けるクスリ… 空気をエネルギーに何処までも走れる車や…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「レトリスム(文字主義)」は、ルーマニア出身の詩人イジドール・イズーが第二次大戦直後にパリで創始した前衛的な芸術運動。…

>>続きを読む

シュルレアリスム、ダダってきてその次としてレトリスムがあってその提唱者による映画で、映画としてはディスクレパン映画って…

>>続きを読む

大江戸五人男

製作国:

上映時間:

132分

ジャンル:

3.4

あらすじ

滅び行く挽歌を奏でる旗本階級の暴虐と江戸町奴のレジスタンス!水野十郎左衛門と幡随院長兵衛の対立を中心に描く絢爛の大江戸絵巻!

おすすめの感想・評価

日本映画五人男~大谷隆三 八尋不二 柳川真二 依田義賢 伊藤大輔    「大江戸五人男」 侠客の祖 幡随院長兵衛と伝…

>>続きを読む

松竹30周年記念映画として、当時の映画・演劇・歌劇各界の豪華スタアを総動員して描かれた大江戸絢爛絵! 滅び行く挽歌を奏…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

叙事詩的な雰囲気のある作品。 狩猟場の確保と友好関係のため先住民族と結婚した白人が主人公。そうなると反発がどうしても…

>>続きを読む

すげ〜短い(感想としてどうなの)(でも78分だから…) エヌエッチケー的な美しい風景とか、艶々と毛が輝いている美しい馬…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

帆船時代の英国海軍を背景にした海洋冒険小説はひとつのジャンルです。 ボライソー シリーズとか、ジャック・オーブリー シ…

>>続きを読む

有名な海洋冒険小説が原作とのこと。 ・若ゴリーペックくそかっこよ。 ・スタジオ撮影と、屋外撮影と、ミニチュア撮影が混在…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この映画のナンバーとして収録されている「Percy Had a Heart」がずっと見たくて、探して探して、ようやく「…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ロベール・ブレッソン監督の長編第3作。 カトリック作家ジョルジュ・ベルナノスの同名小説を原作に、聖と俗の間で葛藤する若…

>>続きを読む

今年2月に見た『少女ムシェット』と同じ原作者、同じ監督の作品ということで関心を持ち、見に行きました。1951年作品。7…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『私の映画作家としての形成に大きな影響を及ぼした要素の一つとして疑いなく水を挙げることができる。<水>抜きの映画など私…

>>続きを読む

この作品の運命論だとかインドの死生観だとか悠久のガンジスの流れだとかは全てルノワールその人自身なのだろうし、言ってる事…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

宇宙からの侵略者! 北極基地を襲う怪異! その正体は… 野菜!(笑) 野菜なら煮るか 焼くか炒めるのよ! 「遊星…

>>続きを読む

まあ比べるのもおかしいけど、カーペンター版に比べりゃそりゃ怖くはない。 でも、映像よき。淡々と撮ってるんだけども、ち…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

🔸Film Diary🔸 ▪️本年鑑賞数 :2021-748 再鑑賞 ▪️死ぬまでに観たい映画1001本-508 …

>>続きを読む

勤務態度が悪いので一流新聞社をクビになり地方の三流新聞社の記者をしていた主人公が、功名心のために洞窟に閉じ込められた人…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

娼婦マリー(シモーヌ・シニョレ)は大工マンダ(セルジュ・レジアニ)と恋に落ちるが、嫉妬に狂った彼女の恋人が決闘の末にマ…

>>続きを読む

久しぶりに再鑑賞したが、全ての要素が絶妙なバランスで成り立っており、特に後半にはっとさせられる作品である。 ジャック…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

オードリーのメジャー作品はほぼ観てますが、以前DVD衝動買いしたくせに放置していたオードリーがまだスターになる前の作品…

>>続きを読む

いかにもオードリーが主役のようなタイトルとジャケ写だけど主役はオードリーではなくてほぼ詐欺😅 「初恋」もオードリーが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 「また、若葉の頃になりましたなぁ…」  お見合い相手の姉に惚れてしまう話。  慎之助の母が「お通さんと添い遂げる…

>>続きを読む

▪️JPTitle :「お遊さま」 ORTitle: ※※※ ▪️First Release Year :…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

からくり時計+魅せられた蜻蛉+ハンカチ+鍵+クラインザックの歌♪+パイプ+アルバム+眉毛+眼鏡+マリオネット+ゼンマイ…

>>続きを読む

『ホフマン物語』 原題The Tales of Hoffmann. 製作年1952年。 日本初公開1952年3月1日。…

>>続きを読む
>|