セルゲイ・エイゼンシュテイン ー人と作品ーの作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • セルゲイ・エイゼンシュテイン ー人と作品ーの映画情報・感想・評価

セルゲイ・エイゼンシュテイン ー人と作品ー1958年製作の映画)

2.8

あらすじ

スターリン死後、雪どけの時代におけるエイゼンシュテイン再評価のなかで作られた記録映画。当時のソ連の公式的見解の枠内ではあるが、エイゼンシュテインの生涯と映画・演劇・著作活動を紹介し、その現代的意義を説く。

「セルゲイ・エイゼンシュテイン ー人と作品ー」に投稿された感想・評価

TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

2.8
【セルゲイ・エイゼンシュテインの一生】65点
ーーーーーーーーーーーーーー
監督:ワシーリー・カタニャン
製作国:ソ連
ジャンル:ドキュメンタリー
収録時間:53分
ーーーーーーーーーーーーーー
映画黎明期において、映画の基礎を作りあげたセルゲイ・エイゼンシュテインのドキュメンタリー映画。彼の作品の見所やエピソードを紹介していくという、ドキュメンタリーの中でもオーソドックスな展開の作品。作品の解説的な感じなのでやはり各作品を鑑賞してから見るとより味わい深いかもしれません。
僕はまだ『戦艦ポチョムキン』、『ストライキ』、『メキシコ万歳』の3作しか見ていませんが、そのあたりの見所も強調されていたので勉強になりました。ポチョムキンに関しては今作を見て改めて偉大さがわかったという感覚でした。

あのチャップリンとも仲が良かったエイゼンシュテイン。スターリン政権では、映画界の異端児として迫害されていましたが、フルシチョフによってスターリン批判がされてからは彼の評価も変わってきたようです。スターリン批判が1956年で、今作が1958年に製作されているのもそのような背景があるのでしょう。現在の映画界では普通であるモンタージュ論を確立された人物であり、様々な映画監督に影響を与えた人物であると言えそうです。

映画界の重要人物であることに疑いの余地はないですが、今作に関してはやや淡々としているのでスコアはこれくらいか。。