火垂るの墓の作品情報・感想・評価

「火垂るの墓」に投稿された感想・評価

shouta

shoutaの感想・評価

4.3
子供の時に見たとき、おばさん悪い人だと思っていたけど大人になって見ると悪い人ではないと思う作品だった。見方を変えるとまた違う作品になるところが面白い。
NICE

NICEの感想・評価

3.9
映画史に残る"観るのが辛い映画"

子供の頃からジブリ作品は苦手だが、この映画は文句無しに傑作だと思う。

子供✖︎戦争(あるいは貧困)というのは不条理映画の常套手段ではあるが、数ある同系統の作品の中でも特に印象深い映画。

アニメーションであるというのが多少の気休めにもなり、それこそ実写だったら本当に観てらんない映画になったのでは。
natsumi

natsumiの感想・評価

3.5
辛くなってしまうので最近観れていないけど、一度は観た方がいい作品。
きょ

きょの感想・評価

3.7
高畑勲展に行ったことから視聴。晴太は妹がつらい思いをしないように守ろうとして、西宮のおばさんは余裕がない中で自分の家族を守ろうとした。誰が悪いとかじゃなくて、それぞれが戦時下で必死に生き抜こうとしたんだな。せつ子の表情とか仕草とかいじらしくてつらい。
ハル

ハルの感想・評価

3.0
毎年のように終戦記念日辺りでテレビ放映してましたけど、最近は見ないですね。何度も見て何度も泣きました。
戦争はだめだよ。。。
これからもちょくちょく放送しなければいけない作品。
ジブリだから子どもでも見やすいと思う。
なっぺ

なっぺの感想・評価

5.0
10年ぶりに観賞。観ていて苦しくなる。でもこの映画は観るべきものだと思う。フィクションだけど本当にあったかもしれない事で、なんというか、考えさせられる。最後は涙が溢れた。

月並みの言葉だけど、戦争ってしたらいけないよねって思わされる。
ねこ

ねこの感想・評価

3.5
悲しすぎて心が痛くて辛すぎる。
こういう感情を抱いてでも、ずっと受け継がれるべき映画。自分たちの先祖が生きてくれた風化してはいけない日本の歴史をよく知るきっかけになる作品のひとつ
アヤノ

アヤノの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

お母さんにうじ虫が湧いてるシーンは
とても衝撃的でした。

清太がラストシーンで現代のビル群を切ない顔で眺めているシーンは何を意味しているのでしょうか。
幽霊として今も生き続けているようにみえました。

とても切なく胸が痛くなる作品でした。
SD

SDの感想・評価

4.0
子供の頃はただ悲しい映画、思春期はスゴくイライラする映画だった。今観たら、後悔と祈りの詰まった映画なのかもなと思った。
>|