吉祥寺発赤い電車の作品情報・感想・評価

吉祥寺発赤い電車1972年製作の映画)

製作国:

上映時間:40分

2.7

あらすじ

高田渡をはじめ武蔵野タンポポ団の村瀬雅美、シバ、若林純夫、山本コウタロー、そして三上寛、遠藤賢司、友部正人、小野和子らの1972年のツアードキュメンタリー。当時の音楽シーンの様子が今に蘇る貴重な作品。

「吉祥寺発赤い電車」に投稿された感想・評価

恩人の友部さんが出ているナカナカ観られない映像とのことで鑑賞。要はロストフィルムというかお宝映像というか。
短い尺の映像なのに1曲丸々歌っている姿が拝見出来たので大満足。若い!
その直後、短い尺なのに寝てしまいました…。
テアトル新宿の【高田渡大復活祭2015】にて!!

今回の特集の目玉とも言えるはず。。

長きに渡り紛失していたフィルムが前半半分だけ発見されたという幻のフィルム。

1972年のツアードキュメンタリーの様子が描かれていて若かれし頃の高田渡さん(でも髭っ面)、エンケンさんなども登場!!他はごめんなさい、分かりません。

客の若者たちのファッションも当たり前だが時代を感じさせて、見ていて面白い。そしてタイトルにもある当時の中央線の様子も出てきて電車オタクにもたまらないのではないでしょうか?

肝心のライブは映像と音声が微妙にズレててすごく気になりました。
インタビューも盛り込まれてて、若かれし高田渡さんは「日本人が外人のマネしてロックしても仕方ないからさ」的なネガティブ発言をしていてブレてなかった。サスガです!!
あとみんな吉田拓郎を意識してるのも興味深かったです。高田渡さん以外。。

という具合に映像は進む訳ですが、前半部分しかないので当然、中途半端な形で終了。

まぁ貴重な映像を楽しむという事では一見の価値ありですね。