時時巡りエブリデイの作品情報・感想・評価

時時巡りエブリデイ2017年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:71分

3.8

あらすじ

毎日をダラダラと過ごしている美鳥に好きな人が出来た。そんな時、美鳥は唯一の友人・広子とある事をすると時間が 15 分だけ戻ることに気づいた。調子に乗って、無駄に時間を戻しては、自分たちの欲望を満たそうとするふたり。美鳥は、ついに時間が戻ることを使って好きな人に近づくのだった・・・。

「時時巡りエブリデイ」に投稿された感想・評価

上映後の舞台挨拶の鳥居みゆきさんが予想以上に可愛かった。
映画は眉毛ないすっぴんで映像もくぐもった感じだったから、生のほうがかわいかった。
でも目はほんとにまんまるで、ずっと見ていると不安な気持ちにもなった。
映画は映像がなんか貧しくて駄目だった。
『死神ターニャ』の塩出監督と主演の鳥居みゆき舞台挨拶付きで鑑賞したっす!
鳥居みゆきってテレビで見ている感じそのままでぶっ飛んでましたっす!

あることをすれば15分だけ戻れる力を手に入れた女性の話っす!
二転三転あって笑いもあり楽しい作品だったっす!
ツッコミ所もたくさんありまっす(笑)

鳥居みゆきだけでなく、出演者全員が個性あってインパクト大っす!
人間はやっぱりズルをしたらあかんってことっす❗️
Hiros

Hirosの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

期待せずにみたら期待を大幅に上回る嬉しい誤算。
ユルいけどツボるシーンが多く、鳥居みゆき好きなのでいつまででも観れる感じ。
鳥居みゆき出演映画はキチってる役が多くバリバリはまっているが今作のように割と普通に演じている役柄も相当良い。
何回でもみたくなる良作ではあるが2回目観たらより好きになるのか初回インパクトが強いだけで点数ダウンするのかも興味がある。
事前に知ってたらクラウドファウンディングでDVDゲットしたかった。
舞台挨拶でみた生鳥居みゆきは思ってた感じと違うかったけど人の良さが伝わりまくりだった。
内輪ウケ。久しぶりに駄作を見てしまった。
山本

山本の感想・評価

3.4
時間を15分戻る能力を手に入れたニートの話。仁後亜由美という役者は知らなかったが(でもこの顔、どこかで見た気がする……)、とてもいい味を出していた。喫茶店で店長に「ウーッス!」って言う感じとか、嫌いじゃない。軽々しい従属感というか。不思議な魅力がある。主演の鳥居みゆきよりも注目していた。
最後、こういう話にはありがちな終わり方だが、戻るのをやめようと決断するのがいいなと思った。何度も戻って人生を修正しても(cf.オーディションを何度も受ける)、それは自分の実力じゃない。だから自分の人生を生きるために、戻るのをやめる。この決断は映画ではさらりと描かれているが、けっこう考えさせられる。
新宿K'sシネマで鑑賞。上映後に監督のトークがあったのですが面白い人でした。
すn

すnの感想・評価

4.0
2017年101本目
クスクスと笑えて面白かった
皆山

皆山の感想・評価

4.0
舞台挨拶も一緒に見てきたけどお恥ずかしながらこれが初の塩出監督作品です。
いやーーメチャ面白かった!
仁後さんが演じたひろこのキャラが面白くてツボだった。

初のK'sシネマ行ったけどわたしが一瞬だけ録音助手手伝った映画とかも上映予定するらしくて、これからしっかり通おうと思います、、
tea

teaの感想・評価

4.0
タイムスリップ物としてかなり設定が練られていて面白かったです。

不自然に幸せを手にしようとするとリスクを伴う所が特にツボでした。
塩出監督作品

時時巡りエブリディ

おもしろかったー!良い意味で作品を見ながら心の中で色々とツッコミを入れたくなった

やはりその作品を見て純粋に【楽しめる】作品って好きだ

今回は塩出監督のだいぶコメディ寄りな作品

オリジナリティがあるって本当大事

上映後に併映された日常エンドが時時巡りエブリディよりだいぶ昔に撮った作品なんだけど、併映で見たらなんだかサイドストーリーみたいに思えた
どうやらわたしは同名の映画と間違えているとチケットを買ったのち気づいたので、そのまま鑑賞しました。

鳥居みゆきさんがひたすら美人美人いわれます。
耳をすませばのエンディングを思い出したりします。
おばあちゃんは意外と足が速かったりします。

嘘ついたらなぜ爆ぜるのか。
>|