なま夏の作品情報・感想・評価

なま夏2005年製作の映画)

上映日:2005年01月28日

製作国:

上映時間:57分

3.1

「なま夏」に投稿された感想・評価

Mika

Mikaの感想・評価

3.5
なぜかおっさんがかわいらしく見えてしまう瞬間もあったが実際くっっっそ怖い。
監督デビュー作、さすがすぎ。
三島ゆたか怪演。変質者で犯罪者だけど応援してしまう。監督らしいオチもいい
‪『ヒメアノ〜ル』等の吉田圭輔監督のデビュー作ということで鑑賞。‬
‪蒼井そら(お世話になりました)演じる女子高生に恋してしまったおっさんサラリーマンのちょっぴり🌟空回りな性春ラブストーリーです💓‬
‪吉田監督らしく、気持ち悪くじっとりしたシーン満載でファンは必見です(笑)‬
さや

さやの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

オナニーで始まりオナニーで終わる映画。
これオセロやったら全編オナニーになるとこやったね。危うい危うい!


主人公は同じ通勤電車に乗るjkに恋をし、ストーキングや盗撮を繰り返し、オカズとして頂く日々。ある日、jkに告白を試みるもあっさり振られ、逆恨みと欲望から通勤電車にてjkにナイフを突き立て痴漢に走るも、誤って突き刺してしまい...っていう気持ち悪い話。


吉田恵輔が結果が出なくてもとりあえず撮ろうと決めた3作のうちの1作目。
いやそんな大事な作品でおっさんが公衆トイレで咽び泣くような映画撮るなよ〜天才かよ〜

本作名シーンの宝庫なんやけども、主人公の一挙一動がマジで不快で楽しめんとこも多くてそこがすごい残念やった。
主人公視点で話進むくせして一切目線合わんしな!
いやでも痴漢シーンなんかは被害者が蒼井そらってのもあって「痴漢」が「痴漢モノ」になってて面白かったわ。
蒼井そらこのシーンだけ演技めちゃ良かったしな。
痴漢慣れしてんな!言いながら見てたもん。

ファンタジー展開ばっかなくせして妙にリアリティあるのも吉田イズム出てて居心地悪かったですね(褒め)
これ一回でも蒼井そらで抜いたことある人は主人公に共感できるんやろか?わからんなぁ。


主人公に対して生理的に無理が限界突破した私ですが、病室で彼氏のイチモツをしゃぶり始める蒼井そらのフェラ音オカズに、泣きながら超高速でオナる主人公にはちょっとウルっときた。
あのシーンは誰がなんと言おうと芸術でした。
ある意味ホラー作品。
ポップに描いてるけどもやってる事が怖すぎて震えた。
吉田監督の初監督作品らしいが、今の映画にも光る吉田監督の独特のセンスが光ってる。
キモくて、キツくて、怖い。
junpa1

junpa1の感想・評価

5.0
女優のかわいさも笑えるギャグも急転直下のオチが強すぎて全部ぶっ飛んでしまう、すごいパワフル。
RYOTAFUKAI

RYOTAFUKAIの感想・評価

3.9
圧倒的に男側に寄り添って見てしまう。自尊心を傷つけられ、一縷の望みにかけてしまう公衆トイレの落書きシーン、自分で死ぬことはできないのに、他者の助け(?)もあり完全に一線を超えてしまった痴漢シーン。
最後は「顔を隠す」ことで(つっこんではいけない)自分の理想になりかわり、少女に認めてもらう経験を通してセラピーされる。
…のだが、という最後の大オチ。たしかに、普通に助けられるより映画的に楽しいのはこっちである。最高!

少女側視点では、クズ男とのいい関係性が描かれて、このリアルな「復縁」描写もいい。

いい映像、いい音でリメイクしてくれないかな。
QHEY

QHEYの感想・評価

3.9
吉田恵輔監督の中でも視聴者数が極めて少ないと思われるレア作品が観れてとても嬉しいです。
女子高生とはいえリアルな異性にアグレッシブに挑むのもいいけどこういうことも起こり得るよという監督の恐ろしくお節介な注意喚起が発動。
要はキョロキョロすんな!ってこと。
YUKI

YUKIの感想・評価

3.7
女子高生に恋をするおじさん。
第三者から見るとガチガチのストーカーだけど完全におじさん目線なので純愛に見えてしまう危うさと、蒼井そらのあどけない笑顔と、ちょっと生々しい夏。
公衆便所のシーンは5億点あげちゃう。
キモいおっさんが女子高生ストーキングしてって話です。
うーん、演出がナイスですかね。キモいです。感情移入は微塵もできないくらいの変質者です。