エンドレス・ナイトメアの作品情報・感想・評価・動画配信

「エンドレス・ナイトメア」に投稿された感想・評価

ゆう

ゆうの感想・評価

2.4
クソ映画です。

冒頭のシーンと序盤に出てくる怪物のチープさが好きですが、それ以降はあまりはまりませんでした。

終わり方は予想してませんでしたがタイトルをなぞっていてこれでも良かったかなと。
ゾンビよりも怪物よりも変態よりもラスボスみたいな悪魔よりも、シングルマザーの方が強いという事実。女子まわせ!
ストーリー、音楽、演技、全てにおいて弱すぎな貧弱マニアもニッコリな作品。
ラストもこれからってときに終了して唖然呆然。

そして観終わって気付いたのが、主人公は最後まで斧を使わなかった事です。予告編を観ても、倍速で観直しても、メニュー画面でコナミコマンドを入力しても、斧女は一切出てきませんでした。

ジャケ詐欺ですわ…
ご安心して下さい。わたくし、こーゆうのもまだ細々とやっております。レンタル屋に出向きまして糞映画のパトロールをするわけであります。今回の物件は天下のツタヤ、新作の棚に堂々と置いてありました。幸せそうな家族連れが手に取っては大変な事になる恐れが御座います。一週間程、わたくしが預かりまして、成仏させる訳であります。
はぁ?何だと!!
会員証、期限切れ??
こ、更新で。

さて、エンドレスナイトメア。
パッケージにモンドセレクションの月桂樹も咲かない、強力な作品でございます。
話はあまりにも複雑で難解でありましたので、観て風呂に入った瞬間に忘れました。
あ!効能:取れない疲れに、、と、きき湯に書いてあります。効き目早っ!!
こんな映画あったらいいなー。的な感じで書くしかありません。慣れてます。
まず今回の主人公。そう、この斧担いだ金髪の女性。ちょっと解りづらいですが、美保純です。
鼻からなんだかけしからん粉を吸いまして、、、
一年後。
物語冒頭から一年スリップさせてきます。危ないっ!
何やら刑務所から出て来たご様子で、旦那さんがお出迎え。
しかしながら、お勤め中に旦那は他の女と結婚しておった訳で。
なんやかんやありまして、兎に角就活を始める訳であります。
この面接のシステムが良くわかりませんが、何しろ前科者の社会復帰は厳しいと、ジョン・ウーも言っておった訳で。旦那の新妻に相談するとゆう、実に大陸的な行動に出る訳ですよ。ここは自由の国、なんと新妻の紹介で洞窟のツアーガイドの面接に。
また、洞窟っ!!危ないっ!!
洞窟の奥に、出ました!
スペルのババア登場!
頭に鹿の角を付けてマイナーチェンジしております。
はい、ドーン!!
仕組みはわかりませんが、呪いに掛かります。

ここから呪いモード。
まずルームメイトの黒髪口でか女(乳出し有り)安い感じのモンスターに喰われます。呼び出した警官は死に、ゾンビ集結。
これはたまらんと、矢追さん宅にヘルプミー。ここ、なかなかの名シーン。馬鹿な映画なのに、ムー編集長が真面目な顔で言う訳です。「わかりやすく説明しよう、、」
助手に磁石を持ってこさせて、
「この磁石が君だ。ホラね。」と、鉄の玉をくっつける。
この様に悪いモノを引き寄せるんだと。
異常にわかりやすいっっ!!
そして、良くある事実を突きつけられた美保純、今更取り乱しましていきなり逃亡!
何故かグラサンにマチ子巻きにて変装して、八丈島飛行場の待合室で朝から晩まで爆睡。このシーン、要りますか?こっちはね、更新してまで観てるんですよ。主人公が爆睡して誘ってくる訳です。危ないっ!!
目が覚めますと、目の前に変態おじさん(ジョンランディス友情出演)何やら、クンクン匂ったりなんかして。消化器で頭コンコンと応戦虚しく、毒針注射っ!あ!l.o.lて書いてあった!!
寝て起きて更に寝て起きますと、豊洲市場フォークリフトの上っ!!なんで〜!
足には見るからに軽い鉄球!!
聞けばランディス、美保純の新鮮なハツが食いたいとの事。
軽い鉄球はまとわりついて逃げ辛いっ!!危ない危ない!!!
さて、ここで、オープニングでちらっと登場してましたが、忘れてました。ポスキャラ、ユル・ブリンナー登場。なんか色々言ってましたが、全部忘れました。直ぐに大ハンマーで、頭かちわられてたとだけ書いておきましょう。
一皮剥けた様子の美保純が、ハーレーに跨りまして、ポーズを決めてほぼ終演。オーゥ!メイドインアメーリカ!

その後、スペルのババアがまだまだこんなもんじゃないよっ!的な事を言ってた様な気も致します。
あー、もういいから、そうゆうの。

と、この様に長文で綴る事で、わたくしの怒りも収まってくる訳であります。こんな映画でも生産者からはるばると海を渡ってツタヤを経て、今わたくしの手元にあるとゆう所に愛おしさを感じる訳であります。
途中で誰か止めろ!

観てはいけません。

でわまた!
ジャケの雰囲気だけで借りてみたものの、全く、ダメでした😓
いや、はじめから期待は して無かったんですが、正直、「これは、こんなんで良いの??」って言うレベル。
悪魔なのか、化け物なのか、よく分からないし、早い段階で出てくるモノに関しちゃ、もう、何だか、妖怪の類いにしか見えないし。
ストーリーも、びっくりする位、薄っぺらい。
唯一、特筆出来る点としては、79分と言う短さだけでしたん👿
yasshy

yasshyの感想・評価

1.0
またもや、ジャケットに騙された!!!
何がしたいのか、全く分からない。
主役のカリン・ブラウンスが美人でエロい格好してるのでポロリとかしてるかと思えば、違う女優さんがちょろっとポロリしましたが、それ以外は全く無し。
特にエロが売りではないらしい。
クスリで刑務所に入っていて仮釈放されてからの話の設定なので、ジャンキー女の妄想的なストーリーかと思えばそうでもなし。
就職面接に行って突然洞窟で呪われて気絶したところを車に放置。
そのあと、グール!?ゾンビ!?なんかようわからん奴らに襲われ続ける、でもジャケットの斧はドコ?
何故か車の中にあったバットは使ってたけど。
元々車の中にいる時にゾンビに襲われて、そのまま車で逃げればいいのに、バットを持って外に逃げ出す主人公。
どう見ても軽くバットでコツンとしただけで頭がひしゃげるゾンビ?。
そして、散々逃げ回って最終的に車に戻って走って逃げる??
もう訳が分からん。
時間の無駄としか言えない作品でした。
いぇーい、くそ(* ̄∇ ̄)ノ

ジャケの煽りの"斧"は当然ナシ。
バットは振り回してましたけど。
あとラスト7分で突然ハンマー持ってました。

女性陣のクオリティは高いのですが、全然面白くないです。

魔女やらゾンビやら変態やら…
みんな結局何がしたいの?

挙げ句 to be continue…
みたいな終わり方しやがった(笑)

ちょいグロのクオリティも悪くはないのになぁ~

脚本が悪いし、そもそも映画作りが初めてか?と言いたくなる駄作でした。

以下、ほぼネタバレです!!!!




何やら青いデーモンらしき怪物
「罪人の味マジたまらん最高」
とか言ってる。

一方、ヤクで捕まったブレアは仮釈放に。
恋人と娘と新たに人生を立て直すわ!
と思っていたが、恋人は彼女に内緒で結婚していた。

娘に会う為、ブレアは職を探すことに。
が、見つからない。

そこへ、恋人の妻(怪しい)がツアーガイドの職を紹介してきた。

即面接へ行き、即採用されるブレア。
怪しい!
即洞窟へ連れて行かれるブレア。
怪しい!!

そこで変なババアにビリビリされ、ブレアは呪われた、呪われたったら呪われた。
家に戻ると怪物に襲われ、ゾンビに襲われ、もうハチャメチャです。

超常現象研究家みたいなオッサンに色々聞くが、結局よく分からない。
なんかヤバいモノを引き寄せる呪いにかかったらしい、ってことしか分からない。

無能が。。。
ブレアは何故か空港に迷い込み爆睡決め込む。

すると、髭眼鏡な変態サディストに拐われてしまい………



これ、映画じゃなくて、本編のプロットなんじゃないの??

面白そうなアイディアは出してるものの、繋ぎ方も展開のさせ方も超下手くそ。

せっかくの美女も台無し。
怪物造形もまあまあなのに台無し。

あ~つまんない。
脚本9割くらい赤入れて差し戻してやりたいw

ほんと残念。
以上。
mash1966

mash1966の感想・評価

1.5
http://mash1966.hatenadiary.com/entry/20181218/1545132750