ブルー・ランジェリーの作品情報・感想・評価

「ブルー・ランジェリー」に投稿された感想・評価

そぉっすね、タイトルがこれなんで😏
ブルーランジェリー✨響はステキ
だから何がどうなってタイトルにするような内容なのかが、ランジェリー以上に気になって気になって気になって。。。仕方なく😅
これ、普通に楽しめるんだけど、後々になって気づいたことが一つ。
主人公が派手過ぎやしないかと思いながらも身につけた🔵ブルーの下着。🍸BARで知り合ったイケメンと、その後の展開でブルーランジェリーを「へっ?」と思うようなことに使ったの。で、赤い色と混じることになるんだけど、青と赤で紫なりますが、、、シルクの青い生地に赤い色となると極めて黒に近い色になります。主人公の内面の変化を映したものだとすると深いかもしれないなぁーと。
ちなみにオーストラリア人が一番好きな色はブルー。青や紫は裕福さ、黒は人々の色を表しているらしいです。日本では意図がない限り、忌み嫌われる色に定着しています。そう考えると限りなく黒に近いランジェリーにも深い意味があるように思えてなりません。
ブルーランジェリーもいいけど、やっぱり白が好き・:*+.\(( °ω° ))/.:+
Chi

Chiの感想・評価

2.8
最初から期待感なく見た割には
良かった

ブルーパンティをそんな事に
使ってしまう所に
無神経なキャラを際立たせたように
感じました

そして
あ〜それで書かせたのかぁ‼️
孤独な女ではなかったのかぁ‼️

が軽めながらも
最大のヤマでした

※倍速鑑賞
WOWOW 録画.

別の人格と会話出来る、ヤバイ女をバーでナンパし、豪邸の主にこっそり提供。
別人格に支配されてしまう恐怖と、どんな時に別人格が出るのかが、わかりずらい演出でちょっと残念な感じです。
後始末を素直に受け入れる男の不気味さと、二重人格女の駆け引きは面白かったです。
igoo

igooの感想・評価

2.1
女の別人格が大胆な下着、行動で男を誘惑したり、殺人までそそのかす話し。あーぜんぶ妄想なのか。
あさお

あさおの感想・評価

2.6
途中まではミステリアスな雰囲気のまま次に何が起こるのかわからなくハラハラさせるだけにラストが唐突に終わって勿体ない印象。

最後の方で気づいたけど主役の女性が話している女性(二重人格?)は同じ女優が演じていたらしい。化粧で全然気がつかなかった。
ラストの家族が帰ってくるシーンやもう一人の自分という演出に女性が持つ二面性を描きたかったのかななどと推測した。

原題は「pimped(ポン引き)」ということだが、一見普通に見える人が売春婦にもなりうるということを描きたかったのかと思うとそれなりに面白く見えるかも。

邦題に文句つけてる人もいるけど、さすがに日本の映画でポン引きはマズいということだったんでしょう。
レートほどには悪い映画でないような気がするけどシーンごとに細かい演出(マザコンっぽいところとか)があって一見理解しづらい映画になっているのでオススメはしづらい映画かも(短いのでそこは評価できると思う)
aopon

aoponの感想・評価

2.5
ストーリーは微妙で演出もありがちで
ラストも何じゃって感じだけど
主演の女優さんがエロくてそれだけで満足。
fishman

fishmanの感想・評価

2.0
思ってたんと違ったサスペンス。
ほーんて感じ。
そんなに退屈はしなかったけど、面白いってほどでもない。
原題:Pimped はポン引き、売春斡旋の意味らしい。

やべー女の話。

パーティーで盛り上がる屋敷に二人の男。ケニーとルイスの間で、なにやら取引が成立したようだ。
静かな室内で賭けをする二人。負けたルイスはバーへ赴く。

ホテルの一室。二人の対照的な女。青い下着とタイトなドレスに渋々身を包んだサラは、もう一人の女・レイチェルに促されるままにバーへ向かう。

バーで出会ったサラとルイスは屋敷で楽しむことに。そこでサラは、予想外の事態に遭遇する・・・
え、ちょっと面白かったんですが(笑)
謝罪を文にしろってもうあんたも共犯じゃん?て思った。まさか結婚して子供もいるとはね。旦那さんいつか殺されるな(確信)
m

mの感想・評価

-
つまらなかった。音楽やパーティーのシーンなどセンスがないなあと思った。もうちょっと展開があってもとは思うけど、サスペンスじゃなくてスリラーだとこういうもんなのかな。
切身

切身の感想・評価

3.1
びっくりするほどつまらなかった。やはり、レビューが少ない作品ってのは、そういうことなんだなと実感…。
>|