シオリノインムの作品情報・感想・評価

「シオリノインム」に投稿された感想・評価

少し話題になってたし見ておくかとU-NEXTポイント課金。
主人公の友達役で辻凪子ちゃん。君、こんなところにも出てくるのか。

なんていうか割と真面目っていうか、OPフェスのぶっ飛び作品に慣れすぎた??そして濡れ場ちょっとくどくない??笑えるところももっと笑わしてくれよ!という気持ちに...。
リヲ

リヲの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

後半のスローモーションに物語の全てが詰まっていて目が離せませんでした。
窓に謎の粘液、普通は触らないw

さてホラー秘宝まつりでわりかし楽しみにしてた作品。
昨年の秘宝まつりの人気投票の優勝者主演作だそうです。

生理中にムラムラする話し。
えー、『心霊ツアーズ』にこんなブス出てましたっけ?
(Wikipediaで確認したら出てましたw)
そんな事はどうでもよくて!w
これって本気でホラーのつもりでやってます?
悪霊?みたいなやつ出てくるんですけど、あのヴィジュアルは笑わしにかかってるとしか思えへんw
股間から胴くらいの太さの1mありそうな巨大なちんちんそそり立たせ、しかも先っちょからカウパー汁滴らせるってww
ストーリーも彼が別れたホントの理由とか、悪霊の正体どころか、呪われてる理由さえ語られないって、ただ単にエロシーン撮る為だけに悪霊出しただけかよ!
ヒロインは演技下手やしブスやしおっぱい見せるくらいしか取り柄ないけど、ヒロインの後輩くんと親友はなかなか良いキャラしてると思ってたら、親友役って辻凪子さんやん!
メジャーやないけどちゃんと俳優さんやから、脱ぐ事しか出来ひんブスヒロインと比べたら失礼やわw
好みの問題もあるけど、これ観るくらいやったら普通にピンク映画観てる方がストーリーしっかりしてそうw
エロシーン満載でR18+規制つきそうやのに規制されてないのは、映倫の審査受けてないからねw
映倫マーク付いてませんでした。

これ観に行った日、天気予報で大阪市や藤井寺市に大雨警報出てたし、職場から阪急の駅まで行く道中でゲリラ豪雨みたいなのにも遭遇したから傘持って電車に乗ったんですよ。
で十三駅で降りたら雨降ってるどころか傘持ってる人すらほぼ居ない…。
やべぇー、持って歩くの荷物やし、そもそも晴れてるのに雨傘持ってるとか恥ずかしいwww




*******鑑賞記録*******
鑑賞日:2019年9月5日
鑑賞回:18:30〜19:45
劇場名:シアターセブン
座席情報:BOX2 V-21
上映方式:2D 通常
レーティング:未審査
上映時間:75分
備考:会員割引
*******************
キナ

キナの感想・評価

3.4
「それでもダメなら…松たか子。"来る"の人。」
いや本当それなー!アジアの呪術全部ひっくるめた祈祷大会しようなー!血みどろドバドバ祭り開催したいなー!

正体不明の色欲霊、ピチョン…という水滴の音に条件反射しそうになる。
なぜ夜な夜な、時には昼夜問わず、霊に襲われるのか。半年前に別れた恋人との間に何があったのか。
二つの疑問を軸に、新たな恋愛を絡めてほどいていく物語。

ほどよい演出を加えた濡れ場が良かった。
そしてヤツの全身ショットに若干苦笑。
めちゃくちゃ気持ち悪くて好き。
こっち向くなだらしなく垂らすな。

最初は男性の身勝手な欲望の象徴かと思っていたけど、その暴走する欲望の持ち主が見えてくると途端にグッときてしまう。
自己完結させないで、抑圧を解いて共有したいのよね。
わかっていても難しい。
気持ちを通じ合わせても永遠には続かない辛さよ。

詩織の親友の嫌味のない温かさが心地よかった。というか可愛すぎるでしょ。
連絡先交換の時にこっそりパタパタ帰っていく姿や塩を運ぶわざとらしいお顔がとにかく可愛くて、ほっぺツンツンしたくなった。
ユウスケくんの真っ直ぐな眼差しも刺さる。

生活感のあるおばあちゃんの家でのホラー演出は怖い。
時折、自分の家に置き換えて観てたらだいぶ怖くて背筋ブルっとなった。
特に今のところ何もないけど、予防として盛り塩した方がいいのかな…。
HK

HKの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

助監督が吉田浩太さん、録音が中川究矢さん、VFXが東海林毅さんと自分にとって豪華なスタッフなのですが…。
horahuki

horahukiの感想・評価

3.0
性欲強すぎるシオリさんが幽霊とヤりまくるエロホラー。

彼氏と別れて傷心中の主人公シオリは亡くなった祖母の家(日本家屋)に引っ越しして心機一転。何とか立ち直れてきていたんだけど、頻繁に怪奇現象に悩まされるわ、溢れた牛乳でエロいこと妄想しちゃうわでもう大変!ってな感じのお話。

夏のホラー秘宝まつり2019公開作です。
去年のホラー秘宝の『心霊ツアーズ』の企画でグランプリを獲得した松川千紘さんの初主演作。今年の目玉作品『VAMP』が全く合わなかったんで、ハードル下げ下げで見たせいか思ったよりも楽しめました。

一応、性欲を抑えつけようとするけど我慢できない依存症的な葛藤をメインで描いた作品なんですけど、本作の魅力はそんなことどーでも良くなっちゃうあの黒光りな巨根(丸太サイズ)モンスターさんのインパクトに尽きますわね。

しかもプルプル震えたりパクパクしたりしながら先っぽから謎の液体が漏れ出してるという造形の気合の入れようには驚き!どうやら中に入ってるのはイケメンモデルさんのようで、ギャップがヤバイね!!正直もっと暴れまわったりとかして欲しかったんで、出番少ないのが残念…。

ずっとシオリさんが手でシゴいてるキャンドルがどーみてもチ◯コにしか見えなかったんだけど、舞台挨拶でそこら辺の話も聞けて面白かったです!
さわら

さわらの感想・評価

1.5
幽霊というより、女性の潜在的性欲を具現化したものがあまりに一方的に醜く描かれていたところに違和感がある。

あと淫夢内の男(?)に襲われる場面で、おっぱいを揉みしだかれるのだが、かさかさずっと音が鳴ってて、乾燥肌なのかなと思った。しっとり系が好き(下品
エロホラーエロホラーエロエロホラーエロエロホラーって感じの映画。もはやホラーピンク映画では?エロだけでなく怖いところはしっかり怖く。アレが出てくるシーンは恐怖と笑いが襲った極端な表現ばかりでなく、依存性やカップル間の性へのズレなどを描いていた。今年ベストに入る怪作!
この映画の最も恐ろしいのは幽霊に犯されることではなく、気持ちよければ相手は何だっていいといつの間にか思考が麻痺してしまっているところ。拒否してたものに対し「来て」と言う詩織の表情にゾッとする。
badcatsad

badcatsadの感想・評価

3.2
意外と面白い。幽霊とのセックスに依存する女の人の話。ただちょっと濡れ場シーンは長かったかな。個人的には幽霊にグッとくる怪物映画の感じもした。
>|