アフロサムライ:レザレクションの作品情報・感想・評価

アフロサムライ:レザレクション2009年製作の映画)

AFRO SAMURAI: RESURRECTION

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.3

「アフロサムライ:レザレクション」に投稿された感想・評価

終わりなき復讐の連鎖はまだまだ続く…。サイバーパンクサムライアクション復活!初っ端からせっかく手に入れたハチマキ捕られたりツッコミ所も多いが、作画は更に格好良くなった。
演出やモーションの話をアニメーター、アニメ好きと話すと、必ず出てくる作品。

ストーリーはさておき、エフェクトや画面構成の表現のバイブルって感じ。
マル

マルの感想・評価

3.2
最後まで敵が、あんたら誰?状態。前作に登場した人は完全にいなかったことになってるし、ストーリーに重きを置く作品ではないにしてもちょっと残念すぎる。

このレビューはネタバレを含みます

最強にかっけぇ!!


アフロザムライ第二段。
一番のハチマキを手にした者は…
これは見なきゃ損する一本。


なんと仁之助が生きていた!!
ナリア

ナリアの感想・評価

4.2
前作のような編集のもっさり感もなく、世界観やデザイン、作画のクオリティも上がっている
テーマも前作から一歩進んだ復習劇をしっかり捉えている
ただ、どうしても続編であり、そのために動機というか、物語を牽引する意思の強さみたいなものが前作とすると弱い
日本人が描いた限りなく外国人向けの日本アニメ。
サムライチャンプルとは違いますが、その辺が好きな方にオススメします。
絵はアメコミ、音楽はHIP-HOP的な感じで楽しめます。

ストーリーは正直深くないです(笑)
それを求めるならカウボーイビバップとサムライチャンプルをオススメ!
ただ娯楽映画としての完成度はかなり高い!
Kaito

Kaitoの感想・評価

3.9
ひえーアフロサムライに続編あったの知らなかった。
懐かしやーアフロサムライ。


侍、忍者、サイボーグ、Hip Hop。
アメリカ人的センスで日本のクリエイターたちが製作したサイバーパンクな時代劇。

前作に続いてサミュエルLジャクソンが寡黙なアフロサムライとお喋りな相棒ニンジャ・ニンジャの一人二役。
音楽も引き続きRZAが担当。これがまたかっちょいい。


すっかりストーリー忘れてたけど、幼い頃に殺された父の敵討ちのため戦うアフロサムライの復讐劇だった前作。

本作ではアフロサムライは戦いから身を引いて今まで斬り殺した人々の仏像を彫りながら隠居。
そこへ突然の襲撃、前作では復讐者として戦ってきたアフロサムライは今度は復讐される立場となっていた。


キャラデザ相変わらずツボ。かっちょいい。
煙みたいになびくアフロ、アメリカンバイクに跨がったクマ侍、ラジカセ担いだひょっとこ、ドレッドヘアーの獅子舞、達磨のマッドサイエンティスト。

そして、ヌルヌル動くアクション。
松本大洋のナンバー吾をあなたたちがアニメ化してくれ頼む。

祭のシーンが最The高だった。
ねぶた+阿波踊りのパレード。
祭囃子の代わりにブラックミュージックが流れ、太鼓の代わりにターンテーブル、提灯はネオンライト、オーディエンスはラリったパーティーピーポー。
こんな祭あっても良いなー。

サミュLの「Let's Paaartyyyyyy!!!!!!」も健在。
真顔で「パーティーは終わりだ」言ってた評議会の人間がよ。
イケイケおやじかっちょいい。

wikiには続編と実写化の企画がうんぬんかんぬんと。
頼むぞー。
1の方が、盛り上がりがあったような気がするけど面白かった!

まさか祭りの音楽をDJがやり、その音楽に合わせて踊るという斬新な発想!!
案外いいかも!
Hiroki

Hirokiの感想・評価

4.4
2時間未満で色んなドラマを観る事ができる感じに仕上がってる。1に引き続きキレッキレなアクションと独特なアングルと音楽で飽きずに観れる。
アメコミ時にサムライ。

カッコいい!
の一言!

セクシー&バイオレンス。
>|