ひとりかくれんぼ 劇場版の作品情報・感想・評価

「ひとりかくれんぼ 劇場版」に投稿された感想・評価

porikozn

porikoznの感想・評価

1.0
これ、何回寝落ちした事か。
とりあえず、何故か寝てしまう(つまらないからだが(笑))
久々、ホントひっさびさに日本のホラーを観た🎵
失敗した。
おわり。

いやチョッ、やっぱこれだけは言わせて❗

とにかく眠くなる。
講義や話を聞いてると、催眠術のような眠気が襲ってくる先生っていますよね?
どんだけ頑張っても睡魔からは逃れられない、みたいな(^^)
この映画がまさにそれと同じで、とにかく眠くなるんです。
内容のつまらなさも去ることながら、変に間をもたせるシーンが多く、その上たいした効果もないという二重苦のせいなんでしょうね。

『ひとりかくれんぼ』という、ホラーにとってこの上ない題材を扱うなら、もっと×6面白い内容と映像が作れたはず<(`^´)>

ま、今回はこの作品をチョイスしたこと自体、自分の運が悪かったんでしょうね(^^)
JAmmyWAng

JAmmyWAngの感想・評価

1.0
便所の落書きが地獄に落ちるとこうなる。

「それっぽい効果音をかけて、それっぽい陰影をつけて、それっぽい間を取ってるから、どうですコレ怖いでしょう?www」というような、死ぬほど浅薄な魂胆による恐怖表現の反復に、申し訳ないんですけど僕は殺意すら覚えましたね。

〈恐怖とは段取りである〉とは言ったもので、小中理論を引用すれば、〈観客が恐怖というエモーションを抱くまでには、段階的な情報を提示していく必要がある〉。しかしながら本作は、物語的な段階性を構築する素振りもなく、ダラダラと冗長で浅はかな恐怖演出を、ただただ無思慮に垂れ流す事に終始しているワケです。

ひとりかくれんぼをやる前の人物にも、平気で怪異が起きてるって一体どういう事なのか。果たしてそれの何が怖いと思って脚本が書かれたのか。このような愚かな行いを、未然に阻止する事の出来なかった我々人類を、神よどうかお許し下さい。

実体として現れる霊もまたエラいもんで、2009年の映画にして、ここまで稚拙な貞子&伽椰子のエピゴーネンっぷりを発揮できるって最早尋常じゃないですよコレ。素人でも出来ないんじゃないか。なんというか、作り手としての最低限の意地とか、プライドとか、もっとこう…あるだろう!僕はもう目を疑いましたし、疑った目が腐って死んで怨念に変わりましたね。

もうこの際だから言うけれども、冒頭の冒頭でぬいぐるみに米を入れるシーンがあるんだけど、その入れ方がスゲー雑で、米がこぼれまくっていて、正直僕はその段階から既にイラッときていましたよ。オレはお前のこと、最初からそれなりに嫌いだったぜ!

「ひとりかくれんぼ」について言えば、当時の検証実況スレを読んだ方が何億倍も有意義な事は間違いないと思う。しかしながら本作の、「2ちゃんねるばかり見ていると、こんな映画が出来上がってしまいますからね」という強烈なメッセージには、それはもう熱く胸を打たれた次第です。
さとゆ

さとゆの感想・評価

2.5
じめじめした感じ、、登場人物に繋がりがあんまりなくて、飽きちゃう。
なかなか怖いが、途中で飽きてしまうのが難点。儀式をネットで調べたら怖さが増すし、おぞましいが、作品は冒頭がピークな気がする。
ENSAN

ENSANの感想・評価

1.5
怖いかな?なんて思って借りたのだが…うーん。
よくホラー映画にある「こ、ここでぶわーってくるやつだ!ぶわーって!」っていうのをことごとく外していくのは斬新でした、そして残念でした笑
怖いっていうよりボソボソと暗い映画じゃないか!
興行収入とキャストの未来がお隠れになったと曰く付きの映画らしいですがぼくは楽しく観れました。主演はグラビアの方。男性誌なんかで今もよく見つけられます。幽霊は貞子フォーム。すこし既視感がありました。
2 回 寝 ち ゃ っ た ♪
(1度の鑑賞では無く3回中2回です)

日本映画特有のじめじめした風景の中から何かが突然現れたり
暗闇に引きずり込まれたり…
(そんなに悪くない出来の映像でしたよ)

でもね、無いに等しいストーリーだとか、幽霊なのか化け物なのか良く分からないモノが現れても「うわっ何?怖いけど…何?」って

全 く 意 味 が 分 か ら ん !!
(ひとりかくれんぼという題材自体取り扱いが難しいのでは?)

前回「ひとりかくれんぼ 黄泉がえり遊び」を鑑賞して思った事がそのまま当てはまりますが、参加側の目的と化け物側の目的が全く分かりませんでした。
(参加側にひとつもメリットが無い?)

主演の川村ゆきえさん可愛かったのですが…

露 出 が 少 な い っ !!
(グラビアDVD買いなさい)

本編観賞後、メイキングを見ながらこのレビューを書いています。
何かね、メイキングの方が面白い(笑)
(字幕とかキチンと編集していて出来が良い)

最期に…
ネタバレっぽくなりますが、神隠しに逢わないように参加者は努力しているんですよね、色々と。

・口に塩水を含む → ダメ!
(引きずり込まれる際に口からマーライオン)

・押し入れの中で壁を背に引き戸を閉める → ダメ!
(壁側から這い出てくる)

・「○○ちゃん見~つけた!」 → ダメ!
(3回言う前に引きずり込まれる)

も ぉ … ど な い せ ぇ っ ち ゅ う ん じ ゃ (笑)
(何やってもあかんねん!)
ゆっきーが先生かぁ
もしゆっきーが担任だったら学校行くの毎日ワクワクしそうだなぁ
ゆっきー、ゆっきー、言うてめさめさ懐くわぁ
ってか同僚の先生も美人だし保健室の先生まで…なんやこの学校!

ひとりでかくれんぼしたら幽霊に連れて行かれちゃう話

え?ゆっきーが可愛い以外に特に感想ありませんけど…



あ!河北麻友子が幽霊に連れ去られる絵面は面白かったんで戻して2回観た
ジャケ写にもなってる頭をむんずと鷲掴みにされてるシーンな
そこだけ面白かったから2回観た



ちなみにゆっきーを愛でたいなら「吸血少女VS少女フランケン」観た方が1000倍楽しめます
優良

優良の感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

2016年129本目。DVD見終わってから次の22:00-のドラマ(我が家ダブ録ないの)まで時間があったので、動画を漁って鑑賞。

ホラー欲も治まらないし、眠気覚ましにと思ったのに、全然、眠気の覚めない怖さ(´・ω・`)

「そんなん観たら夜、寝れんくなるで?」

と旦那に言われましたが……余裕でスヤスヤできるし、お風呂もトイレも行けますε=(ノ・∀・)ツ ホラー耐性ついてきたー。

本日一本目に観た増田有華さんのひとりかくれんぼよりは怖かったかなぁ。雰囲気だけ。

ストーリーは、無理矢理に色々詰め込みすぎて、よう分からん。

本作も最初の掴みだけは優秀。

ラストもありきたりで、もうこのパターンええわって感じで、手垢のついた表現とはまさにこのこと。

地雷臭と分かってても、邦画ホラー(びびりなのでなるべく怖くなさそうなのを敢えて)これからも観ていきます(笑)


2016.8.9
>|