残穢 住んではいけない部屋の作品情報・感想・評価・動画配信

残穢 住んではいけない部屋2016年製作の映画)

上映日:2016年01月30日

製作国:

上映時間:107分

3.3

あらすじ

「残穢 住んではいけない部屋」に投稿された感想・評価

MYP

MYPの感想・評価

2.9
原作がめちゃくちゃ怖いって聞いたから、映画を見てみたら、全然怖くなかった。
小説読めば良かったかなー。
ここから鬼談百景と繋がってるの知らなかったけど、鬼談百景2.3回見てたから、竹内結子さんのナレーションがとても良かった。
土地の歴史を遡れば、何もない土地なんか無いんじゃないかと思った。

CGがショボくて、なんでそれでOKにしたのか疑問に思う…。
もっと不気味に作ってほしかった。
唯一帯が擦れる時のユラユラは不気味だったけど、それ以外全然パッとしない映画だった。
小説がもとなだけあって話が作り込まれてるし、伏線回収もされていてスッキリと見れます(内容自体は後味悪めですが笑)
theジャパニーズホラーで暑い季節にピッタリな映画でした🍉









(注)少しネタバレの感想です









穢れは残って、それがまた次から次へと伝染していくの恐ろしいですね
事故物件とか心霊スポットとか絶対行かないと心に誓いました!笑

ただCGがCG感満載なのと、終わる10分前くらいからの濁す部分とハッキリ映す部分が逆な気がしました!
無理無理無理無理!!!
音がヤダ!!!
全然怖いじゃないか!!!!
こんなの見たら一人暮らしなんてできなくなるわ!!!
でっけーぬいぐるみの影から薄目で見ました。
足の指に力が入ってつりました。

その穢れをーー禊ぎ祓えーーーーーー!!!!
五条さーーーん!!!!
ホラー映画を観てるというか、歴史の勉強をしている感じ。
劇中でも言ってたけど、遡っていったら曰くが無い場所なんて無いのでは?と思った。ミステリー要素が強めなのかな?🤔
natsuko

natsukoの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

なんか人の名前がたくさんで覚えられなかった。あともし自分の子供がぬいぐるみ首吊りしてブランコなんて言ってたら本気で注意します。最後に夏のゴミ屋敷は勘弁だなあと感じました。
たんこ

たんこの感想・評価

3.1
高校生の時、使ってない部屋で友達とパソコンで見た。普通に怖かったなーて記憶。
つつみ

つつみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

驚かせにくるような怖さは無く、観ていてずっと嫌な予感がある映画だった。

竹内結子の語りが心地いい。

実話体験談をもとにホラー小説を連載する小説家「私」のところに、とある体験談が寄せられる。

久保さんが住むマンションの部屋の和室で、何かを擦るような音がするとのこと。
その音の元を辿っていくと、他の部屋でも違った怪奇現象が起きていることが判明。

調査を進めていくと、マンション自体には問題はなく、「土地」に問題があったことがわかる。
土地の歴史や事件を遡っていくと、様々な怪奇現象と徐々に繋がっていく。

そして、「私」の元に寄せられていたいくつもの過去の体験談が、まったく違う話だったようで実は裏で繋がっていたことがわかっていく。

観ながら「もうそれ以上首を突っ込むのはやめとけ…」と思ってしまうほど、登場人物たちはどんどん過去の事件を調査していく。

そしてラスト、なんと「話しても祟られる。聞いても祟られる」ということから、平穏に暮らしていたと思っていた登場人物たちが全員祟られていくのである。

鑑賞後、もしかしたら今自分が住んでいるこの土地も、過去に何かしらの事件があったのかもしれない…と思わざるを得なかった。

というか、そんなことを言ったら全国どこもかしこも曰く付きの土地になっちゃうけど。

このレビューはネタバレを含みます

あまり関与していなのに残業して作ったをデータ壊され殺される彼があまりにも悲しすぎて泣いてしまった
りん

りんの感想・評価

3.6
怪奇現象の原因を探るため、どんどん掘り下げて穢れが連鎖している話。
とっても怖かったので、CGがチープなのが逆に良い効果がある気がする。
watage

watageの感想・評価

2.6
話途中までは追いついてたけど
過去に遡りすぎて最後ごっちゃになった
>|

あなたにおすすめの記事