残穢 住んではいけない部屋の作品情報・感想・評価・動画配信

残穢 住んではいけない部屋2016年製作の映画)

上映日:2016年01月30日

製作国:

上映時間:107分

3.2

あらすじ

「残穢 住んではいけない部屋」に投稿された感想・評価

やっぱり、ホラーは、邦画だな。
さほど怖くは、ないが、ストーリーが面白かった。
蛇の暦

蛇の暦の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作を読んだのちの視聴。役者さんのおかげか原作に比べては怖くない印象。また祟られちゃうな〜と思いながらも好きなので見てしまう。
So

Soの感想・評価

3.9
恐怖に対して聞き取りや実地調査を通してそのルーツを暴いていく流れはもっと観ていたいと思わせるものがありました。怪異よりその原因や周辺を調べていくのって面白いですよね。
大吉

大吉の感想・評価

3.5
呪いが連鎖する、呪怨のような映画。
オカルトライター、建築学校に通う大学生という職業を生かしてるものがたりもおもしろかった
音が怖くてじわじわ
CG感だけ気になる

全てがつながっていく
怖さと
これからの展開が気になる
いい終わり方
cocoan

cocoanの感想・評価

3.2
もっと単純なオバケ映画かと思ってたけど、結構ミステリーぽくて謎解き中はなかなか面白かった。
あの最後の感じとかはチープで残念。
キャストが豪華でした。竹内結子さんがほんわりしてるので、大分ホラー感が薄れてた。
yh

yhの感想・評価

3.6
ゆるホラー。
ルーツどこまで遡るんだよっていうミステリー感は良かった。
【soutaの邦画つぶやき No.196】
"残穢 住んではいけない部屋"


実体験の怪奇現象投稿を元に話を書く小説家。そんなある日届いた一件の投稿。私の住む部屋から奇妙な音がするんです、、


"本当にあった怖い話"のような雰囲気。
怪奇現象の原因の元を探っていく話。

"元を辿ってみると全てが繋がってる"って本当にありそうで怖い。どこに住んでいても逃れられない、引っ越し前 や 家を建てる前に 絶対見ちゃいけない映画だ、、
八瀬

八瀬の感想・評価

3.2
原作の淡々と進んでいく恐怖を竹内結子が上手く語りでも出していて、決定的な描写はそれほどないのにどうしようもなく不気味で恐ろしい雰囲気が漂っているのが良かった。一つの怪異を掘り下げて時を遡りどんどん繋がって大元に辿り着くのが、「怖いけど知りたい」という欲求を気持ちよく満たしてくれる。最後の方は蛇足かなという感じもするけど、全体の雰囲気は好き。
鴨

鴨の感想・評価

3.6
ホラーとしての攻撃力は控えめだけど、ミステリーとして観ると、謎が少しずつ解けて収束していく様が面白い。
>|