残穢 住んではいけない部屋の作品情報・感想・評価・動画配信

残穢 住んではいけない部屋2016年製作の映画)

上映日:2016年01月30日

製作国:

上映時間:107分

3.3

あらすじ

「残穢 住んではいけない部屋」に投稿された感想・評価

鎖園

鎖園の感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

号外/

一概のただの大学生にいちいち個人情報教えるかね・・

『刑事』ヅラさして「物語」を構築:語らせていく手法に

【違和感】


「密になるな:密になるな」って言っておきながら

世界中から選手団(選手村でコンドーム配布)、マスコミ大挙来襲させて五輪開こうとする構築の仕方に似ている

似てないね




チョット無理やり時事ネタ挿れてみました。
じんわーり染みるように怖い。
ラストのお坊さん、が、がんばれ。
一人暮らしするときに、その土地の因縁みたいなもの調べないし。
何にも悪いことしてないのに、そこに住んだだけで穢れるとか、怖っ!

家族が寝たあとひとりで見ちゃったよ。パキッとか音がするたびにビビった(笑)
でもうちのねこちゃんは、何の気配も感じずに気持ち良く寝てたから、私も安心して眠れた。

鈍感な方が幸せだよね。
ピエロ

ピエロの感想・評価

2.8
なんかさっと始まってさっと終わる軽いホラー映画。
ほん怖の再現ムービーの長い版って感じ
手繰っていくと、根は同じ。

ジメジメして薄気味悪い!これぞジャパニーズホラー。
ただのホラーと思いきや、ミステリー要素が強くて楽しめます。
ちゃんと楽しめたJホラーはかなり久々。
みんなで謎解き出来て大団円……とおもいきや、衝撃のラストが皆を待ち受ける。

ホラーシーンはもうちょっと気合い入れて欲しかった感はあるものの、エンドロールまで楽しめる良い作品と思います。

竹内結子が故人だなんて未だに信じられません……🥲
R.I.P.
寛太郎

寛太郎の感想・評価

3.1
和ホラー的音の使い方がとてもいい。クリーンな土地などないということがわかった。
終わらない恐怖の連鎖。
呪われた部屋に引っ越してきた女子大生(橋本愛)の相談から、小説家の“私”(竹内結子)と共に昔からその土地に眠る呪いの真相へと近づいていく。

TSUTAYAのホラー棚の1番下にあるようなVシネホラーから、チーム・バチスタの栄光(2008)みたいな大衆向け作品まで撮れる中村監督。
ほんとにあった!呪いのビデオシリーズのようなB級感をうまいことメジャー作品寄りにしたなぁという印象。

人畜無害な人が呪いを受けてしまい、呪いの正体へ迫り、死ぬ or モヤモヤを残す解決。
そのJホラーのテンプレを「こんな怖い話がありました〜」として、ギリギリ「ふーん…」と終わらさない出来にはなってたと思います。

他の方のレビューで
「ホラーは恐怖、恐怖は心理戦。
少しでも付け入る隙がある人は殺される。
1番強いのは頭の中に霊や呪いが微塵もない『自分は関係ない』と片付けられる岡谷マンションの住人やMさんのような人」
と書いておられててなるほどと。

私もそっち側の人なんだろうと、ふーんでは終わらないけど特段怖いとも感じなかった。
“怖い”とはなんなんだろう、ホラーって、恐怖ってなんなんだろう。
まだまだホラー探求の作品探しは終わりそうにありません。
nyicc

nyiccの感想・評価

3.2
んーそこまで怖いっていう感じではなかったけどまさにひとり暮らしのわたしがこの部屋でひとりで観るものではなかったということだけはわかった
yuki

yukiの感想・評価

4.0
怖いかどうかはさておき、話の進行の仕方が面白い。取材や手紙を通して主人公らが事故物件周辺の事情をどんどん探っていく。気付いたら全員まさに取り憑かれたかのように真実追い求め、戻れなくなっていた。
偶然が3回も重なるとそれは偶然ではなくなると大島てるさんが何度か言っているのを聞いたことがある。果たして彼らが偶然見つけて偶然送られてきた手紙の話を偶然近しい人間も聞いたことのある怪談だった…というのは偶然なのか?
怖くない。怖がらせようという気も感じない。私が求めている「怖さ」と種類が違った。
1つの怪奇現象に対して、様々な過去の事件が繋がり壮大さを増していくところは心理的に怖かった。

結末も今後を想像させる怖さ...
>|