ながみさんの映画レビュー・感想・評価

ながみ

ながみ

  • List view
  • Grid view

Summer of 85(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

なんとなく雰囲気の似ている作品として「君の名前で僕を呼んで」が挙げられているのを見たことがあるが、今作は明らかに似て非なるものだった。
前者に比べ、これは明らかに激情的で文学的な作品だ。文学的といって
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最初から主人公が気持ちのいい、大衆にとって感情移入できる人間でないことはなんとなく分かった。
できれば大勢が否定して忌避したいような、でも私達の生活の裏側や私達の影にぺったり張り付いて存在しているよう
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

友人に、この映画は絶対何も知らないうちに見たほうがいい!と勧められたので、あらすじも知らないまま見始めた。
結論としては、面白かった。2時間を超えるそこそこ長い映画にもかかわらず、間延びを感じなかった
>>続きを読む

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

泣ける、と聞いてはいたけれど。子供向けの映画でこんなに泣いてしまうとは思わなかった。
大人であればあるほど、静かに沁みてくる映画だと思う。
最初の方はああ〜かわいいな〜とキャラを見ていたが、情報量が少
>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

とても良かった!
アクションもよかったし主人公周りのキャラも好み。あくまで中国「風」だけれど、中国らしい描写も良かった。
正直お父さんに関してはクソ親だ…と思うし最後が若干なし崩しのようになったのがう
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

なんでかわからないけれど、ミサトさんがシンジくんと穏やかに会話をするシーンで大声を上げて泣いてしまった。
久しく泣いていなかったから、わたしの心のどこに、琴線に触れたのかがわからないまま号泣した。
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

時を経た痛みからの開放、あらゆる傷が治り鈍くなっていく。過去の思い出も柔らかいまま光っている。
歩き出したのだから、これはハッピーエンドだ。

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

音楽に、歌に、こんなに人の心を動かす力があるなんて。と驚かされることになった。
つまり、内容はさておき歌と映像美には心を動かされかけた、ということだ。
必死で(これは物語性とは関係ない…!)と言い聞か
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

非常にわかりやすく、非常にわからない映画だった。
どんどんと混乱に陥れられ、わけがわからなくなっていく。現実と虚構の境目がなくなり、全てが夢のようになっていく。
最後にタネ明かしがあり、出来事には説明
>>続きを読む

エノーラ・ホームズの事件簿(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!
強い女性、これからの新しい女性の姿として描かれるエノーラは当時の人からはなかなか理解しがたい人間だろう。マイクロフトにつかまり寄宿舎に入れられるシーンは、見ていて本当に辛かった。人として
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

とにかく、名作を見た、という余韻をひたすら長く感じていた。これは映画館で見るべき作品だったと強く思うし、たまたま見ることができて本当に幸運だった。

最初は画面の美しさに圧倒され、(それは最後まで続い
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

エリオの周りを取り囲む、あらゆる曖昧さに似た優しさがひどく好きだ、と見返していて思った。友人然り、両親然り。
その中でたった一つ、優しいのに本当は優しくないまま光っている、そんなひとがオリヴァーだった
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

青春映画という評を見かけて「?」と思っていたが、ラストで納得した。たしかにこれは、大人になってからの青春映画だ。彼らの人生真っ盛りで、この瞬間のために生きてきた、そして生きていけると思えるほどの一瞬の>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

まさに「面白い」映画だった!どうやら原作とはかなり異なるらしいが、映画単体で見たぶんにはとても満足出来た。
私もなにか面白いことをしたい、という気持ちにさせられた。
映画を見たあとは思わず本屋に駆け込
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

偽物でも、本物になることができる。あなたがそう思えば、なんにだってなれる。

映画そのものもどんでん返しで非常に面白かったが、それ以上に突き刺さったフレーズだった。

海街diary(2015年製作の映画)

4.5

映像も綺麗だし音楽も最高でずっとサントラを聞いてるけど、それだけじゃない。現実ではなかなか見ないような四姉妹の設定も、その中にあるのは私たちにありふれた感情だ。
見たあとは自分の日常もどこか輝いて見え
>>続きを読む

Love Letter(1995年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

岩井俊二監督の作品はなんとなく怖くて避けていたけど、意を決して見てみた。
個人的にはめちゃくちゃ良かった。

怖かったのは多分リリィシュシュの全て(これも実際見た訳ではなく評判を聞いてだからいつか見て
>>続きを読む