Sameさんの映画レビュー・感想・評価

Same

Same

映画は人生に欠かせないものだと思ってます。B級なホラー、SFなんかが好物。B級映画、カルト映画、トラッシュムービーに対しては甘めのレビューですが、予算のある大作はシビアなレビューを心がけています笑
誰もマークしてない映画なんかは、ちょっと多めにレビュー書いたりとかもしてます。2.8を基準点として、3.0以上からがまあまあオススメできる感じです。4.0以上は感動したり思い入れが強い映画です

映画(1762)
ドラマ(5)

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

2.6

原作は全くの未読なので、まっさらな気持ちで映画を観ました。

一部では寄生獣のパクリとか言われてる原作ですが、なるほど寄生獣を思い出さずにはいられない設定ですね。

グールは食物連鎖の頂点に立つ、人間
>>続きを読む

劇場版総集編 前編 メイドインアビス 旅立ちの夜明け(2018年製作の映画)

3.8

久々にハマったテレビアニメの総集編です。
原作の漫画はネタバレしたくなくてまだ未読です。

今作は前編ということでアニメの第8話程度までのストーリーが一本にまとめられています。

アビスと呼ばれる底の
>>続きを読む

スパイダー・シティ(2012年製作の映画)

2.5

B級映画職人グリフ・ファースト監督作品なので、ある程度のクオリティは保証されております。

今作は成れの果てと化したエドワード・ファーロングが出てますが、幼い頃の彼の記憶しか無い方は見ない方が無難です
>>続きを読む

オクトパス(2000年製作の映画)

2.4

いつのまにか巨大化するモンスターパニック界隈ではそれなりの知名度になっていましたが、見逃したままDVDも高騰していてなんとなく見られないままいたので、テレビで放送してくれたので鑑賞です。

タイトル通
>>続きを読む

7BOX [セブンボックス](2012年製作の映画)

3.6

かなり珍しいパラグアイ映画。
映像産業後進国のはずですが、まともすぎるほどちゃんと作られていてなおかつ面白い!これは掘り出し物の一本ですね。

主人公ビクトルは市場で日銭を稼ぐ貧しい少年。手押し車で買
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.8

これは最高です!!

80年代のアーケードゲームを原案としてドゥエイン・ジョンソン主演でド派手に映画化した訳ですが、怪獣映画として最高の出来でしたよね!!

映像技術の進歩によって、巨大生物の重量感が
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

2.8

ララ・クロフト役をアリシア・ヴィキャンデルに変更したリブート版トゥームレイダーの第1作目。

そりゃアンジェリーナ・ジョリーのカリスマっぷりと色気には敵いませんが、そもそもゲームも知らないし、アスリー
>>続きを読む

ザ・ボーイ 人形少年の館(2016年製作の映画)

3.0

この映画、おすまし顔のチャイルドプレイなのかと思いきや!なかなか侮れない展開でしたね。

ちゃんと起承転結がなされていて、小粒ながらうまくまとめきっていたと思います。

個人的にお屋敷の幽霊系映画がそ
>>続きを読む

ザ・インフェルノ(2017年製作の映画)

3.2

久々にド鬼畜な映画を見ましたー
これどこまでが実話なんだ‥。

あまり耐性の無い方はうっかりすると原題と同じくトラウマを残しかねないので、避けた方が無難かもですね。

大まかなストーリーは女性4人がバ
>>続きを読む

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

3.2

舞台も荒野、登場人物もほぼ4人と、すごくシンプルなレイプリベンジ映画。

でもフランス映画らしく、しつこくて過剰な演出が素晴らしい!
全員ものすごい量の血を撒き散らしていて、みんなそこまで出したら普通
>>続きを読む

CUB/カブ 戦慄のサマーキャンプ(2014年製作の映画)

3.1

ぬるいところもありますが概ね好きです。

カブ隊(ボーイスカウト)の一行がキャンプのために向かった森には、森の木々と機械を組み合わせた自家製殺人遊具で、人間を狩る危険なやつがいた、という映画です。
>>続きを読む

KARATE KILL/カラテ・キル(2016年製作の映画)

2.9

熱いパッケージイラストがかっこいい!中身は舞台をアメリカにしただけの低予算Vシネだ!

チープな映画ですが、見所はたくさんですよ!

幼い頃に親と死に別れ、兄妹2人となったケンジとマユミ。
演技の勉強
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.6

映画館で見たのになぜかレビューせず放置してました。

次世代スパイアクション映画、キングスマンの続編!
前作は往年のスパイアクションを下敷きにし、パロディと毒とスピード感が合わさった傑作でした。今作は
>>続きを読む

パニック・イン・ベガス エイリアン襲来(2008年製作の映画)

1.2

まずはパッケージからして全く内容と関係ないです。
こんなビル出てこないし、宇宙船からビルに向かって青い光も放ちません。
出てくるのはプラモデルより酷いクオリティの宇宙船と同じ動きしかしない安いCGのブ
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.4

ヒエロニムス・ボスの絵画に登場する奇妙なキャラクターの影響を受けたと言われていますが、サルヴァドール・ダリやイヴ・タンギー、ジョルジョ・デ・キリコと言ったシュールレアリズムの画家の作品の影響は強くあっ>>続きを読む

ビッグフットvsゾンビ(2016年製作の映画)

1.5

現代のトラッシュムービー監督として、ごく一部で有名になりつつあるマーク・ポロニア監督作品です。

めちゃくちゃゆるいノリの低予算ムービーで、ドン・ドーラー監督なんかと比べると凡庸すぎるかなあ。こだわり
>>続きを読む

ハロウィン・レポート キル・オア・トリート(2017年製作の映画)

2.5

続編と言うよりは、合わせてこっちも見て完結する感じでした。完全に繋がってますので前作からご覧ください。
このレビューも前作のネタバレを含んでますのでご注意を。

今回も前作とほぼ同じ流れで、前半は各地
>>続きを読む

悪魔の館(1896年製作の映画)

2.8

映画史上初のホラー映画と言われている3分の作品。

これは現代の作品と比べてどうこういうものじゃなく、初のホラーとして、この作品は歴史の1ページですね。

何もない空間から人が現れたり消えたり、人がコ
>>続きを読む

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール(2017年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

原作未読、アニメだけ1期、2期と続けて見てようやくここまで追いつきました。
ソードアートオンラインの劇場版。

やはり劇場版と言うことで、キリトがパスタを作る動きなどが無駄に細かく描写されていたり、背
>>続きを読む

ドール・フェイス(2014年製作の映画)

2.3

ポップ!ポップ!ポップ!イェイ!
しか記憶に残らなそう笑

湖畔に潜伏する悲しい過去を背負った殺人鬼のお話。13日の金曜日からの流れをくむもはや伝統芸ですよね。

【あらすじ】
今回の殺人鬼の名前はク
>>続きを読む

ブラッド・インフェルノ(2017年製作の映画)

2.4

一言でこの映画を表すならダサい!!
久々にダサいホラー映画を見た!これは貴重です。

バーン!バーン!と静止画になる真っ赤な場面!何の意味もないしダサい!

女性同士がキスしそうになるシーンに急にかぶ
>>続きを読む

ロスト・ジョーズ(2014年製作の映画)

1.2

『ジュラシック・シャーク』の続編的作品。
製作者が同じですし、同じロケ地だと思われる場所で撮っていますし、なぜかサイズが小さくなったようだけどメガロドンという話も出てくるし、続編なのかなあという感じ。
>>続きを読む

ジュラシック・シャーク(2012年製作の映画)

1.5

湖に浮かぶ島で石油掘削をしていたところ深くまで掘り過ぎてしまい、おそらく凍りついていた太古の巨大ザメであるメガロドンが復活!
長い間寝てたからでしょうねー、お腹がすいてたのか湖に入ってくる人間をパクパ
>>続きを読む

ハングリー・アタック(2016年製作の映画)

2.8

パッケージ詐欺なのは、この手の映画では常識なので、水着のお姉ちゃんが出てこないのは当然として笑、パッケージのワニの上顎の大きさが気になります。これでは上顎が大きすぎて口閉めても噛み合わないよね笑

>>続きを読む

デビルシャーク(2015年製作の映画)

1.4

とにかくゲロが好きなのはわかった笑
あ、結論としてはサメが好き過ぎてゲロ吐いちゃうみたいな事なのか。
サメが好き?その割には黄色い目のしょぼいCGのサメを使いまわしたシーンが数分出てくるだけで、サメへ
>>続きを読む

ビッグ・クラブ・パニック(2015年製作の映画)

3.0

これいいですね!何と言ってもストップモーションで撮影された巨大ガニのゴリアテちゃんが可愛い!
しかもよく動く!ゴリアテが民家を破壊するシーンや、戦闘機からの視点はさながら特撮怪獣映画でしたよ。
全編ど
>>続きを読む

スケア・キャンペーン(2016年製作の映画)

2.9

『モーガン・ブラザーズ』の監督作品。

恐怖ドッキリ番組「スケア・キャンペーン」。シーズン5まで続いた人気番組でしたが、最近視聴率が下がり気味。そんな時、ネットで話題の動画集団「マスクフリークス」が本
>>続きを読む

HUNT/餌 ハント・エサ(2016年製作の映画)

3.0

オランダのアムステルダムに突如詳細不明の人食いライオンが出現!
狩るか、狩られるかって書いてますけど、登場するキャラクターが無能揃いだからってのもありますけど狩られまくりです笑

テロップが流れるオー
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.1

愛は宇宙を救う!

リュック・ベッソン監督が全世界に送る、全編既視感バリバリの展開で送る大作スペースオペラ。
宇宙連邦の捜査官であるヴァレリアンとローレリーヌの2人が、いちゃいちゃしながらローテンショ
>>続きを読む

ハロウィン・レポート(2014年製作の映画)

2.6

今頃POV?と思ったら2014年ごろの映画なんですね。それでも随分と後追いだけど笑

お化け屋敷大好きな5人組が、そこらへんのこけ脅しなお化け屋敷に飽き飽きし、究極にヤベェお化け屋敷を求めて全米をキャ
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.5

MCUの中では1番くらいに前作が好きだったので、結構期待してました。
前作『アントマン』はこけおどしの派手な映像に頼りすぎる事なく、きっちりわくわくするSFしていてすごい良かった!ほのぼのした笑える展
>>続きを読む

つみきのいえ(2008年製作の映画)

3.0

日々水面が上昇し、家が水没していくなか、積み木のようにレンガを積んで家を上へ上へ増築を続ける老人のお話。

とても普遍的で、誰もが共感できる返らない時を刻む物語。
先細りやがて積めなくなる日が来ること
>>続きを読む

プリズンボンバー/地獄のサティアン(1982年製作の映画)

1.8

どえらいタイトルに惹かれちゃったんですけど、何とも言えない後味の映画だった!

邦題のプリズンボンバー地獄のサティアンってすげえセンス笑
せめてプリズンなのかサティアンなのかはどっちか決めて下さいよ笑
>>続きを読む

ZOMBEE 最凶ゾンビ蜂 襲来(2015年製作の映画)

1.2

こりゃあ酷いぞ!!

正直意味がわからなかったし、意味を考えてもう一度見る気がしないから、このまま意味不明のままだ!

原題は『ツナンビー』。
ツインビーみたいだけど、津波のように迫り来る蜂のイメージ
>>続きを読む

ニンジャリアン(1979年製作の映画)

3.2

ニンジャリアンなんて可愛い名前付いてますけど、結構じっとりとした、エイリアンによる侵略を描いた作品です。いや侵略してないか、森にいただけか笑

なんで邦題がニンジャリアンなのかというと、侵略者はパッケ
>>続きを読む

ヒルコ 妖怪ハンター(1991年製作の映画)

3.2

原作は大好きで単行本以外にも、雑誌に掲載された単行本未収録作品まで探して持っている諸星大二郎の『妖怪ハンター』シリーズ。
この原作の映画化は、他に『奇談』もありますね。あちらの方が原作に寄せてあります
>>続きを読む

>|