龍馬さんの映画レビュー・感想・評価

龍馬

龍馬

映画(452)
ドラマ(0)

ごろつき(1968年製作の映画)

3.8

北九州の炭鉱が次々と閉山に追い込まれている時代。病弱の母と弟妹四人を支えるため、生活の糧を求めて勇(高倉健)が幼な馴染の一郎(菅原文太)とあてもなく上京(舞台は新宿)する。

ボクサーとしてチャンピオ
>>続きを読む

スレンダーマン 奴を見たら、終わり(2018年製作の映画)

1.2

「全米で話題騒然!戦慄の大ヒット」…映画あるあるキャッチコピー
「奴を見たら、終わり」…ITの「それ”が見えたら、終わり」のパクリ。
「新時代の怪人が、ついに日本上陸」…面白そう!
ということで、キャ
>>続きを読む

暗闇にベルが鳴る(1974年製作の映画)

3.7

原題は「Black Christmas」ということで、クリスマスの女子寮を舞台に、一本の奇怪な電話から始まる謎の連続猟奇殺人を描いたスラッシャー映画の元祖で、アメリカやカナダで有名な都市伝説を基に描か>>続きを読む

ニューヨーク 最高の訳あり物件(2017年製作の映画)

2.9

コロナの問題で滞在時間を短く、2人ではなく1人でというアナウンスがGEOで流れており、急いでジャケとタイトル借りをした作品。

夫の前妻と本妻とが、夫の所有している部屋の所有権をめぐって、最後まで、罵
>>続きを読む

ダンスウィズミー(2019年製作の映画)

3.7

アルタミラピクチャーズ企画、制作の作品、「Shall We Dance」の周防監督と「がんばっていきまっしょい」の磯村監督らが立ち上げた会社で、矢口監督の作品も、ここの会社からリリースされています。>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.6

全身の筋力が徐々に衰えていく「筋ジストロフィー」という難病を抱える鹿野靖明さんに取材して書かれた実話の映画化。

人の助けがないと生きていけないにも関わらず、病院を飛び出し、風変わりな自立生活を始める
>>続きを読む

侵入する男(2019年製作の映画)

3.5

レトロな雰囲気のあるジャケットでレンタル。

大都会の眺めのいいプール付きのマンションから、憧れの田舎へ引っ越し。夢のマイホームを手に入れた夫婦が不気味な前住人によって恐怖にさらされる様子を描いたサイ
>>続きを読む

海の沈黙(1947年製作の映画)

3.8

戦争シーンが出てこない、ほぼ密室劇という陰影の強いモノクロームの独特な映像で描いたレジスタンス作品。フランスの映画作家ジャン=ピエール・メルヴィルの「沈黙と海」の映画化。

ナチス・ドイツの占領下にあ
>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

4.0

「鬼滅の刃」19話「ヒノカミ」のラストで「竈門炭治郎の歌」が流れてくるシーンで号泣してしまいました。親子の絆、兄妹の絆がテーマですが、神回でしたね。

兄妹の絆と言えば、さくらと寅さん。
昔は、映画館
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.5

アニメは全く無知なボク、今、流行りの「鬼滅の刃」すら知らなかった。娘がコミックを買っていたので、Amazon primeで見始めてみると意外と面白い~♪

鬼滅~の優しすぎる主人公と正反対なのが、強す
>>続きを読む

突撃隊(1961年製作の映画)

3.6

昔の戦争映画を見たくて、ストーリーを見ずに、GEOでパッケージ借りをしてきました。

後に「ダーティハリー」「アルカトラズからの脱出 」で、クリント・イーストウッドとタッグを組むことになるドン・シーゲ
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

映画のスコアは鑑賞後だと高くなる傾向があり、過去に高い点数をつけた作品のストーリーやエンディングを覚えていなかったりすることも、よくありますよね。😅

ちょうど1週間くらい経って、評価するのがちょうど
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.8

2年ぶりの投稿なので、操作の仕方も忘れ慣れるのに時間かかっています。劇場では予告編だけでスルーでしたが、娘のオススメでDVDを借りて鑑賞。

映像化が難しいと言われていた、直木賞と本屋大賞のW受賞した
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.9

約2年ぶりの投稿です。しばらく休養していましたが、少しずつ投稿していきたいと思います。

「STAY HOME」で映画館もずっと休みで、映画館の大画面と大音響で映画を観たい!最後に観たのが履歴を見ると
>>続きを読む

大陸横断超特急(1976年製作の映画)

4.2

龍馬のマイコレクションシリーズ第4弾!
棚から引っ張り出して観た作品は1976年に大ヒットした映画です。

舞台はロサンゼルスからシカゴを突っ走る大陸横断超特急。
その中で殺人事件が発生!

偶然その
>>続きを読む

わらの犬(1971年製作の映画)

4.2

龍馬のマイコレクション第3弾!

1971年製作されたサム・ペキンパー監督×ダスティン・ホフマンの名作映画のご紹介です。

amazonではDVDが中古で5000円で取引されている映画ですが、TSUT
>>続きを読む

蒲田行進曲(1982年製作の映画)

4.6

仕事がGWまで休みが取れそうにないので劇場にもなかなか行けず、レンタル店でも借りたい新作はほとんどなく、マイコレクション(購入商品)の棚からDVDを取り出して見ています。

第6回の日本アカデミー賞で
>>続きを読む

(1976年製作の映画)

4.0

龍馬のマイコレクション第1弾!

1970年代のホラーでは「エクソシスト」「オーメン」「サスペリア」「ゾンビ」が有名ですが、その影に隠れてマニアの間ではファンが多い作品は「家」です。

当時、観たとき
>>続きを読む

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007年製作の映画)

3.6

ティム・バートン監督×ジョニー・デップのコラボ作品は10本くらいある中で、一番好きなのは「シザー・ハンズ」で本作はその中でも異色作です。

ブロードウェイでトニー賞受賞ミュージカルを映画化。
ジョニー
>>続きを読む

武士の一分(いちぶん)(2006年製作の映画)

4.0

木村拓哉が主演、三池崇史が監督を務める時代劇「無限の住人」が、第70回カンヌ国際映画祭に出品することが決まったそうです。

木村拓哉のカンヌ映画際参加はウォン・カーウァイ監督の「2046」以来ですが、
>>続きを読む

感染列島(2008年製作の映画)

3.7

映画「64ロクヨン」の瀬々敬久監督の初期の作品で、新型ウィルスがもたらす脅威を描いたパニックヒューマンドラマ。

上映時間は138分間で、ちょっと長く感じてしまいました。

ウィルスが日本列島に広がっ
>>続きを読む

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007年製作の映画)

3.9

2017年度の本屋大賞が発表され「夜のピクニック」に続き2度目の受賞になった恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」がグランプリに。

過去多くの本屋大賞作品が映画化されてきましたが、「蜜蜂と遠雷」も映画化されれば
>>続きを読む

家族(1970年製作の映画)

4.3

山田洋次監督の描く「家族」シリーズの第1弾で、隠れた名作なので是非、見てほしい作品です。

1970年大阪万博が開催された年に作られた映画。

ちょうど高度成長期の時代に入った頃、長崎の小さな島で炭坑
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.4

前日の予約を入れたのですが平日の午前中にも関わらず、かなり席が埋まっていて当日は満席御礼!

本年度「ラ・ラ・ランド」に続き第2位です。

5歳の時にインドの田舎で家族とはぐれてしまい、オーストラリア
>>続きを読む

グリズリー(1976年製作の映画)

3.2

Blu-layプレイヤーが壊れてしまいDVDしか見れなくなりましたが、ボクはレンタル店ではDVDを借りています。

本作はレンタル店にも置いていなく、今や廃盤になっていてamazonでも1万円以上の価
>>続きを読む

グラン・ブルー/オリジナル・バージョン(1988年製作の映画)

4.8

リバイバル上映をした時に劇場で観た大好きな作品です。

劇場公開時は始まって二週間くらいで終わり興行的にはよくなかったのですが、その後ビデオで話題になり火がついたのです。

ポスターからは、イルカの映
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.2

何故か、今まで見る機会がなく見逃していたミュージカル映画。

あのカルト映画の帝王ジョン・ウォーターズの同名映画を原作に舞台化され、トニー賞8部門を受賞したブロードウェイミュージカルの映画化。

出演
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

4.2

アカデミー賞作品賞を含む8部門で圧勝した「トレインスポッティング」のダニー・ボイル監督作品。

会社が終わったあとに借りるには、90分程度のホラーやコメディーが気軽に観れていいのですが、本作は始まって
>>続きを読む

東京タワー(2004年製作の映画)

4.0

家内と12年前に劇場で観た作品をDVDで再鑑賞。

岡田准一と松本潤が20歳もの年上の女性との不倫の恋を演じきった
作品で、当時、本当に体当たりした演技でジャニーズという事を
忘れてしまうぐらい素晴ら
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.2

昨日数十年ぶりに劇場で「ライフ・イズ・ビューティフル」を観たが
ストーリーは覚えているが、映像は80%以上覚えていなかった事実が
判明。…(。ω。*)))

あらためて見ることで新たな発見があったので
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

4.2

久しぶりの休みで午前十時の映画際で家内と「ライフ・イズ・ビューティフル」を観たあとで、続けて高校生に混じって「チア☆ダン」を鑑賞!

以前の荒れた大阪の「松虫中学校」で陸上部の顧問をして13年連続日本
>>続きを読む

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

4.2

劇場公開時に家内と観に行きDVDで2度目の鑑賞!

”ビートルズ”がデビューする少し前。アメリカで最も人気があったロック・ポップスバンドで”フォー・シーズンズ”というバンドがいた。

世界中で1億枚以
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.5

始めて観たのは日本公開前のアメリカ。
勿論、字幕なしですが、ラストのどんでん返しは理解できました。

いい映画って字幕なしでも70%は理解できる力が映画に
あるのだと思います!

「カイザーソゼは誰な
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

4.2

第8回午前十時の映画際!
まだまだ、好きな作品が続きますが、3本目は「アメリ」

アート系のフランス映画は当時は、あまり好きではなく見事に、
期待を裏切りフランス映画が好きになった作品です。

テーマ
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.5

今回の午前十時の映画際は再鑑賞したい作品が目白押し!

最初は劇場で観てDVDを購入し何度も繰り返し見ていた映画が23年ぶりに劇場で蘇ります♡

公開時は1994年。
国内でオウム真理教によって松本サ
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年製作の映画)

4.8

午前十時の映画際8回目が4月からスタートするプログラムが
決まりましたね。

結構、もう一度劇場で観たい作品が目白押しです。
その中で今週土曜日から上映される作品が言わずと知れた
イタリア映画の名作「
>>続きを読む

>|