吉田ジャスティスカツヲさんの映画レビュー・感想・評価

吉田ジャスティスカツヲ

吉田ジャスティスカツヲ

フィルマークスの使い方は、そこに人それぞれあると思います。私とあなたは対等。映画と、フォローした方の文をちゃんと読む人が好きですねぇ。【この自己紹介の文、絶対に変えません】疎遠になったフォロワーさん、どうかご理解ください。

映画(509)
ドラマ(0)

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

4.1

違う…
このシリーズってそういう楽しさじゃなかった…ハズ…


前作の構成を踏襲しながら、しっかり続編としての確立させた2作目のハードルは、さすがに高かったのでしょうね⁉︎
いきなり趣向が違うトンデモ
>>続きを読む

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

4.4

主人公は【厨二病真っ盛り】な少女バーバラちゃん。
家族にも心を開かず自分の殻に閉じこもる彼女。
いつか必ず巨人が町に襲来すると信じており、それを止められるのは自分だけであると、今日も学校をサボって防衛
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

-

幼い頃に【1番ニガテなディズニー映画が不思議の国のアリス】でした。
このアンダーザシルバーレイクを、過去の何のお話に1番似ているのか?
と考えた時に、私はアリスが最初に頭に浮かんできたのです。

また
>>続きを読む

ジョーカー・ゲーム(2015年製作の映画)

4.1

【小〇旬さんのルパ〇3世よりも、よっぽどルパン〇世っぽい😳⁉️】
特に初任務に至るまでの訓練描写がカッコいいのですよ。


それは第二次世界大戦前夜の東南アジアを舞台に、機密文書を巡る各国スパイの戦い
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

5.0

【千と千尋の神隠し ハードモード】

ポスタービジュアルの暖かさに騙されてました。
キャラデザインや題名からイメージする内容とは異なり、大人も心揺さぶられる珠玉の一本でしたよ。


オトナには眼には見
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.8

前作から残った良い部分:無くなって代わりに入れたオモシロ要素
= 5:5
それを受け入れられるか否か。で評価が分かれるのかと…


ミニマム&シャープなヴィジランテ物としての一作目を超絶愛していた私
>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

4.7

散る椿は、残る花があるから美しく散ってゆくのだそうです…


平成最後の年に【黒澤明っぽい映画を撮ってみました】

黒澤明チームの撮影担当の木村監督と、助監督出身の小泉堯史がタッグを組み、日本の美しさ
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.5

なんなら言葉がまったく分からなくても楽しいこと、それが映画だ。
と思うのが私のレビューの基本的な判断基準です。
今作クワイエット・プレイスはそれを完全に満たしていました💯


目は見えないが音に反応し
>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

3.3

いったい誰の目線で、
誰と同じ気持ちになって、映画:悪の教典を観れば楽しめるのでしょうか?😓


今作に悪いところがあるとすれば、それは尺の都合により【個々のエピソードの取捨選択を間違えたこと】なんだ
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.5

この物語は信じられないほど力強く、また極めて深みのあるものです。

この映画の本質は【人間対自然】と【人間対人間】という要素が絡み合った複雑なストーリーなんでしょうね。
いままで吉田も、人類は世界を滅
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.9

SUNNYの2度目を観る仲間に勧められ…
【安室奈美恵さんの引退の日に】
近所の映画館でなく【横浜駅のムービルさんに】
意図して連れて来られた意味が、いまはよくわかりますw
気が効くなオマエ👍


>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

5.0

吉田恵輔監督の作る新作映画を観ることになった時、それは私にとって
【心に響くけれど、半端でなくニガい良薬を飲む覚悟】
で臨むことにしています。

そして今回も御多分に洩れず【修羅場が常時96%続く映画
>>続きを読む

ラ・シオタ駅への列車の到着(1895年製作の映画)

-

評価は付けません。
【世界初、お客からお金をとって上映した映画😲】

ただ、当時の方々がどれだけ驚いたか⁉︎
ホントにわかります。この衝撃。
腰が抜けて歩けなくなる人がいたらしいのも納得。
一体どうや
>>続きを読む

トロン:レガシー(2010年製作の映画)

3.1

例えて申し上げるならば…

今は引退したラーメン🍜業界の伝説の巨匠(のお弟子さん)が、私のために思考を凝らして新作を作ってくださった場合なんてのはどうですか?


出てきたラーメンは驚くほどに美しく、
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

4.7

サメ🦈映画と、中国資本映画と、
【ステイサムを混ぜて、その最大公約数を出してみたらスコア4.7なMEGザ・モンスター】が算出されました。
ウソじゃありません。
ちゃんと電卓で計算してみてくださいよ。
>>続きを読む

七人の侍(1954年製作の映画)

-

今までどう感想を記そうか、迷っているうちに2018年の秋になってしまいましたよ。
それは世界中の視点で【ヒーローチーム映画のルーツ】であり、今で言う【複数メンバーのキャラ立ちが完璧な映画】だと思うので
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.8

日本人タレントが言う【徹子の部屋に出させてもらえたら一人前】と似たような意味で…
ティルダスウィントン曰く、ハリウッドに手型を残す他に【marvel作品に関われたら、役者冥利に尽きるほど光栄】らしいん
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

5.0

いや、良かった映画で。
もしも先に小説版でこの話を読んだら【話の途中で綴じ目から引き裂いて、障子にブン投げてましたよ】

個人的な偏見ですかね?
能面のように棒読みを続ける東出昌大さんと、ソニ〜損保♬
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.4

私が劇場で本作を観たのは、偶然にも8月29日でした。
この日に生まれた人間は統計的に、直情的で冷静さに欠けますがブレない心を持っているのだそうです…


兎にも角にも【ことごとく役者についたイメージを
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

モノづくりって素晴らしい👏

明日の自分に手紙を書いて、
頭を打って記憶を飛ばして、
それからもう一度観たいと思います。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

【明らかに余計なパートがある】


ヒロインに浜辺美波さんを持ってくるところまで狙い通りでしたが、すでにめんまや咲など、難易度が高いキャラを自身の声でモノにしてきた浜辺だけに、今回もやはり彼女の声がア
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.4

楽しんで映画を観ようとした私に本日、不思議なことが起こりました。
本作を観に行って、それが週刊少年ジャンプが原作なのに…
総合的には【活劇シーンが一番つまらなかったこと😪】それが大変ショックなことでし
>>続きを読む

プラチナデータ(2013年製作の映画)

3.3

社会的に高めの地位にあり、その職業柄の特技を持つ主人公。
…に殺人容疑がかかり、身の潔白を証明するために逃走する映画ってパターン。
それ、たくさんありますよねw

【このジャンルをはたして何と呼びまし
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

4.1

良いところもある👍悪いところもある👎


俳優も福田監督関連の演者さんが多数出演、いつものノリのままで個人的に大変嬉しいこともありまして【原作がアレなので波長が合って相乗効果を上げている】ように思えま
>>続きを読む

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~(2018年製作の映画)

5.0

・こんなヒトに一番おススメ:
原作はよく知らないけれど、仲間に映画館に連れてこられた方。
・一方でこんなヒトには不満が残るかも:
それ👆を連れて来た方。
よって、上記の2人組みの映画鑑賞→鑑賞後のファ
>>続きを読む

仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ(2010年製作の映画)

4.9

当時の私は、平成仮面ライダーの映画を観たのは初めてでしたよ。

地上波で放映されている仮面ライダーは無料なのでいくつか観ていたシリーズがありますが、今シリーズのダブルに関しては、無知な状態で今作に挑み
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.6

トムクルーズ:
日本の皆さぁん🤗元気ですかぁ‼️
【元気があれば何でもできる映画ver.2018】始まるよ‼️

吉田:
あのぉ…
トムクル様ご本人が危険なスタントに挑んだ事実は「それはいつものこと」
>>続きを読む

96時間(2008年製作の映画)

4.7

【冷酷なほどに適確な無茶振り】


元の肩書きがキケンなお父さんは現在は家族に疎まれ離ればなれにされて、それでも愛されたい大型犬のイメージ。
大きな体に哀愁が漂っています。

この時点では娘さんも父の
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

5.0

厳密にはスコア4.999997です。
【ひとまず今年観た映画のなかで1番笑った😂】
親も子どもも赤ちゃんまでも、家族そろって特殊能力を持つスーパーヒーロー。

『前作』はそれゆえの家庭内騒動を描き、大
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.9

先に減点要素から申し上げますね。
景色が変わらなすぎて、開始5分で眠たくなってきました💤
しかし映画を最後まで観ると【その私の眠たさすら、監督が意図したこと】なんだとわかり、逆に目が覚めます😳


>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

3.6

【良いところもある👍悪いところもある👎】

今回はレビューが長くなります。無理にお付き合いいただかなくて結構ですw

私は原作既読です。
特に思い入れはありませんが、お話は知っている立場です。
漫画が
>>続きを読む

X-MEN2(2003年製作の映画)

4.6

良くも悪くも、前作よりアメコミっぽい。


前作の成功をうけての2作目なので、世界観や既存キャラの説明を極力なくして、お話をスピーディに展開していく流れは、シリーズの中でも良い効果を出せてる方だと思い
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

5.0

深夜に観るなかれ‼︎
【飯テロ映画です🍛】
特にアベンジャーズ関連が好きな方はご注目ください‼︎


なぜジョンファヴロー個人がアイアンマン3を撮るのを断ってまで本作を撮りたかったのか、吉田はホントに
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

-

スコア5.0からスコア1.0まで【観た人のここまでの人生経験や立場で、いくらでも変動する映画】だと思います。


私はいつの間に脚本協力したのでしょうか?

私の身元バレになりますが、私が4〜5歳の頃
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

4.9

コレを書いている時点で、邦画のホラーアクション部門の最高峰であることは間違いなし👍
特別に【お話しにバネが効いている】と思います。

私は原作は未読です。


この映画はヘタレな主人公を徹底的に追い込
>>続きを読む

>|