吉田ジャスティスカツヲさんの映画レビュー・感想・評価

吉田ジャスティスカツヲ

吉田ジャスティスカツヲ

映画(666)
ドラマ(0)

37セカンズ(2019年製作の映画)

4.9

ちゃんと台本がある劇映画なのですが、しかし全く同じ映像は2度とは撮れない作品だなと思いました。


アイデアや表現。エンタメらしい作りと、社会派テーマ…
その見事なバランスが、観ていて何とも心地よい映
>>続きを読む

CURED キュアード(2017年製作の映画)

4.0

ゾンビ感染の治療薬💊が開発され7割くらいの確率で成功、そうして【完治した人々:キュアードの社会復帰】が始まった世界。
しかし彼ら元ゾンビを待ち受けていたのは、健常者たちによる壮絶な差別と迫害でした…
>>続きを読む

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

5.0

『無いハズの生命を創りだし、客寄せに使うのは如何なものかねぇ?人間が完璧に管理しているつもりでも、生き物ってのは種の保存のためにゃ必ず人間の常識を破るもんだと思うね』
〜イアンマルコム c.v.大塚芳
>>続きを読む

天才バカヴォン 蘇るフランダースの犬(2015年製作の映画)

4.7

大女優、瀧本美織さんは、風立ちぬの菜穂子の次に来たオファーを受けてしまった。
もう、何でもやろう。

人間を恨んで死んだネロとパトラッシュが悪魔の手先になったという設定のもと、地獄から甦った彼らの復讐
>>続きを読む

シークレット・ミッション(2013年製作の映画)

4.9

前半:浦安鉄筋家族
後半:機●●●●●●ム0080 ポケットの●の●●

韓国に潜入した某国のイケメンスパイたちを描いたアクション。
【ただのアイドル映画に終始しない】ところが韓国映画の底力でしょう👍
>>続きを読む

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

4.6

カワイイ顔とアツい気持ちだけは備えつつ、その道では素人なデコボコバディムービーと…もうひとつはタイトル通り“真夜中を駆け抜ける”タイムリミット型サスペンスの醍醐味が融合した映画ですよ👍

みすみす拉致
>>続きを読む

カメラを止めるな!リモート大作戦!(2020年製作の映画)

-

映画っていちど世に出されたら、人類が滅びるまで記録として残るのです。
たとえ、作り手がデータを抹消してしまっても、誰かの頭の中に残っています。

わたし吉田は基本的に、映画鑑賞の時期や鑑賞方法、場所、
>>続きを読む

少林サッカー(2001年製作の映画)

4.7

CGにリアルさを求める作品が多い最近の傾向。
しかし、とことん虚構を追求してロマンと笑いを生み出した喜劇王:チャウシンチーの面目躍如たる笑撃作でしたよ⚽️

この【コンプラなぞ関係無ぇバカ作品】を超え
>>続きを読む

コンスタンティン(2005年製作の映画)

4.5

【厨二通販】
俺はコンスタンティン…
ジョン・コンスタンティンだク○野郎。

俺は幼い頃、天使や悪魔の類いが見えてしまうことに悩み…そして自害した。
なんとか現世に帰ってこれたが、業界のルールでは、先
>>続きを読む

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

4.1

ん。
オレたちが考えた【現代版のレオンを創りたいんだ‼️】ソコへの意気込みや迫力は申し分なし。
だけれど私には【劇場公開せずにNetflix案件で充分】だと感じました。


クリヘムの「最強」ぶりが全
>>続きを読む

ウォンテッド(2008年製作の映画)

4.9

・社会人になってから、私が父に口煩く言われた言葉【転職するならばその前によく考えなさい】
転職というと言葉の響きは良いですが、残念ながら日本の場合は、一部の特別有能な人間以外は大抵、転がり落ちるような
>>続きを読む

続・深夜食堂(2016年製作の映画)

3.8

ドラマ版を観てなかろうが、前作の登場人物を忘れていようが、なんら問題ありません。
舞台である「めしや」店内の雰囲気同様、観客をいつでも温かく迎えてくれました😊
アジア諸国でも公開されたらしく、その人々
>>続きを読む

斬、(2018年製作の映画)

4.2

ここは平和な集落。
年ごろの漢たる者、いつかは街に出てBIGなことを成し遂げたいと思っている青年ルーク・スカイウォーカーは…
ある日、見るからに腕も経験も豊富な浪人オビ=ワン・ケノービと出会い、彼が望
>>続きを読む

ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方(2018年製作の映画)

5.0

あの【のび太の創世日記が、ついに実写化】
ただしリーダー:ドラえもんの姿が中盤から消えてしまい…


都会を離れて田舎で暮らせたら…と空想をめぐらせる人は多くても、実際に行動する人はわずかですよね🤔
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー ダイナミック完全版(2018年製作の映画)

4.9

リアリティはほどほどに、それよりも友情や外連味を重視した…
【血が出るガールズ&パンツァー状態】な映画でしたよ👍


独ソ戦争を題材とした痛快アクション作品。
ナチスがソ連軍捕虜を【戦車訓練の動くマト
>>続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR(2020年製作の映画)

-

元々の設定を覆すような壮大な敵が出てきたならば、それを解決しようとする劇場版の手法は【もはやデカ刑事魂と、筋肉に頼るしか無い】でしょう💪


ここまで来たら言わずもがな…シリーズ初見の方には厳し過ぎる
>>続きを読む

サーホー(2019年製作の映画)

4.6

バーフバリ🙏バーフバリ🙏バーフバリ🙏
バーフバリ…バーf (段々と小さくなる私の声)
アレ?


目の前で起こる光景がバカすぎて目が点になる場面も多いですが、スパルタ国っぽい格闘シーンはもちろ
>>続きを読む

一度死んでみた(2020年製作の映画)

4.0

事前の調べが少なかったのが幸い…
【超豪華出演者陣による学芸会映画Death👆】


『広瀬すずがデスメタルやったら面白くありません?』って案だけで生まれた、いかにも広告代理店な発想😓
同じ脚本家だけ
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.3

事前設定良し👍キャラクター全員良し👍
面白くなる要素をフンダンに盛り込んでいるのに…
あとチョット😓


ポンコツばかりな麻薬捜査班が【組織のしっぽを掴むため唐揚げ店を隠れ蓑に潜入捜査】を試みる…
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

4.5

どんなヒトに観て欲しいか?って、たぶん10代の女子が複数人で…が最高の環境かと思いました。


とにもかくにも、ハーレイ・クインのキャラクターがブレないのがイイですね。
極悪でありつつキュート❤️
>>続きを読む

架空OL日記(2020年製作の映画)

4.8

鑑賞中、矢継ぎ早に繰り出されるOLあるあるに感心&新発見を感じ、楽しかったのもそうなのですが…
【私自身は映画に出てくる登場人物ダンジョの誰とも似ていない、一緒にすんな感】も生まれまして😅
自分の意思
>>続きを読む

仮面病棟(2020年製作の映画)

3.3

もう…冒頭の、昼間の雨のシーン☂️からゲンナリ😰
遠くのほうでは降っていないのだもの…

なので【安直なテーマや拙い演出、ガバガバなトリック部分を、役者陣の頑張りがかなり救ってくれた】映画でした。
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.7

ところ所にmarvel色を感じます😅

米国の人種的分断の根深さにゲンナリさせられつつも、闘う人々の姿勢にアツいものを覚える…
【そんなテーマをしっかり見据えた】良心的な作品でしたね👍


90'年代
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

-

私にはかつて『007:カジノロワイヤル』を観た時と同じモヤッとさが生まれました。
【あなたはチャリエンに何を求めますか?】で評価が大きく分かれる作品でしょう🤔


オリジナルのドラマからドリューバリモ
>>続きを読む

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング(2019年製作の映画)

4.5

前作はスコア5.0、今作はこうです。

前作は「劇場版」的な膨らませたストーリーでして初見の方にも分かりやすく、ナンならココでメディア化が終わっても構わない…一点集中エンターテインメントだったのが良か
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

5.0

はい、💯。
どこからも何も強要されず【三池監督が創りたいモノを創ったら、それは最強の作品になる】んだ。
彼の焦点や方向性がきっちり定まれば、いかに「まとまった」作品になるかを鮮やかに証明されました👍
>>続きを読む

グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇(2019年製作の映画)

4.2

太宰治って現代の俳優で現したら、小栗旬じゃなくてコッチだと思いました😹


彼をモチーフにした“女にだらしない男”の心中話…なんて思いきや、意外にも早々にコメディ方面に舵を切ります。
すぐに女に手を出
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

5.0

劇場版:世界ウルルン滞在期。


この先に起こることは、もう既に所々の絵画に示されている…
もう既に所々の村民の会話に示されている…
すべての色と形に意味がある…

日本人な私が「もののけ姫」の植物相
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.9

なんとわかりやすい物語なのでしょうか。


イヤな事から先に申し上げますが…まず最初にハッキリとさせておくべきは、本作が全編ワンカット【っぽい】ということです😅
あくまでも巧いことそれっぽく編集した疑
>>続きを読む

前田建設ファンタジー営業部(2020年製作の映画)

4.4

まだ二月半ばですが、私は【年内はもう、こんなに数で笑う😂ことはない】かもしれません‼️
やはり私は、英勉監督のコメディセンスが好きなんだと実感しました。


2003年、前田建設工業の広報グループ長が
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

4.9

トム・ソーヤーの冒険 ver.2020


プロレスラーに憧れて養護施設を脱走したダウン症の青年。
そして心に傷を抱えてヤサグレた漁師。
ふたりはドタバタのなか偶然知り合い、夢にまで見たプロレスラー養
>>続きを読む

AI崩壊(2020年製作の映画)

3.6

わたし吉田はいつだって自分で決めた作品は勿論、義理で観る作品も、映画館に来たのならば…
【何の作品だって好きになろうと、前傾姿勢で臨んで観ますとも】
今回だってエンドロールまで、その姿勢を崩さず楽しく
>>続きを読む

バッドボーイズ フォー・ライフ(2020年製作の映画)

4.1

受け継がれし【ドンシンプソン&ジェリーブラッカイマー】らしさ。
居ないのに、そこに確かにあるマイケルベイ魂よ👍

前作から随分と間が空きましたし、
マイケルベイが監督じゃないし、
ウィルスミスもちょっ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

5.0

限られた空間の、限られた時間に、ある人が死んだ。
殺したのは誰なのか?
あるいは警察が言ったように、単なる自殺にすぎないのか…


アガサクリスティ的で古典的な設定の今作は娯楽性満点👍
尚且つ現代のご
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.7

夢から醒めた、夢。


ナチス支配下のドイツの町で、空想も含めた少年の日常は基本ホンワカパッパで笑えます👍
中盤そのムードが転調し…
怒涛の衝撃→感動をもたらす作りは鮮やかとしか言いようがありません。
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

5.0

オッサンというのは世知辛い生きものです。
昨今、ジェンダーやらミソジニーやらと言った言葉を頻繁に目にしますが、なんだかんだで【一番ひどい扱いをされているのはオッサンだ】と思うのです。


女子の「オジ
>>続きを読む

>|