吉田ジャスティスカツヲさんの映画レビュー・感想・評価

吉田ジャスティスカツヲ

吉田ジャスティスカツヲ

フィルマークスの使い方は、そこに人それぞれあると思います。私とあなたは対等。【映画と、フォローした方の文をちゃんと読む人】が好きですねぇ。この自己紹介の文は絶対に変えません。疎遠になったフォロワーさん、どうかご了承ください。

映画(526)
ドラマ(0)

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.3

いきなり補足説明しますが…
舞台は2001年から数年間のお話。

当時までのインドの女性は月経を迎えたら五日間くらい、日本でいう【庭やべランダといった屋外空間に隔離され、その間は敷居を跨げない風習】が
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

5.0

本年度【私的ベストヴィラン賞】をサノス様に献上しようと考えていました矢先に…
そんな年の瀬にもなって、その玉座に「ヤツ」がブッ込んできましたよ😳

・今回は映像面と物語面に感想を別けて書きます。

>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

4.5

なんでもPOPな表現で、テンション高く【それでいて不快感をも】描くって、私の印象の中島哲也監督。

POP ⇨ 下妻物語
攻め過ぎ ⇨ パコと魔法の絵本・渇き。
抑え過ぎ ⇨ 告白
良い塩梅 ⇨ 嫌わ
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

5.0

あなたは毎日を懸命に生きていますか?
そんなことを、毎日まいにち考えたことはありますか?

思うようにならない心の病に自己嫌悪を募らせ、
やりきれない怒りや不満を周囲にぶつけて牙をむき、
しかし同時に
>>続きを読む

機動戦士ガンダムNT(2018年製作の映画)

4.0

これを映画作品として観たら、とても歪な出来であり【もっとブラッシュアップしてから世に出すべき】だったのでは?
と思ってしまいました😅

そこには新作ガンダムが観たいからと映画館にやって来た方…ばかりの
>>続きを読む

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

4.2

吉田よ‼︎
これぞオマエが知らない世界【モヤきゅん】の映画だ。

(´-`).。oO(イヤ、生まれて初めて聴いたフレーズですけど。


私からしてみると【無神経男女どうし】が欠け合わさって不思議な化学
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

-

連続ドラマの第2話だけを観て感想を纏めるのも難しいですし【うち、今作だけでも良いところ、悪いところもありました故に】今回は箇条書き程度で。
いつかシリーズが完結した際に、今作についてスコア付きで再投稿
>>続きを読む

(2018年製作の映画)

4.4

躊躇なく人を殺すダニエルクレイグを見て、普段は爆笑するような私…

かたや拳銃を撃つこと自体に葛藤し、歯を見せて笑っている村上虹郎さんを見るとどうしてこんなに嫌悪感😨なんでしょう、、、


ワンタッチ
>>続きを読む

HERO(2002年製作の映画)

4.6

【愛しさと 切なさと 刀強さと】
私の文しては珍しく、あらすじを書いちゃいますね。
それは、まだ未見の方に好きになって欲しいからです。


それは戦国時代。

秦王(後々の始皇帝になる男)は強力な三人
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.2

麻薬カルテル撲滅のためなら、モラルも治外法権も関係ないネ‼︎
舞台を横浜からテキサスに変え…
あの濁った眼をした【あぶない刑事の2人🕶が帰ってきましたよ‼️】

今回、レイティング(年齢制限)が前作よ
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

4.5

主人公のやっていることは【パディントンとそう変わりません】
世の女性を癒すことが仕事なんですから‼︎


これだけ全編に渡って赤裸々な性描写の溢れた作品は、近年の邦画界でもかなり稀だと言えますな。
>>続きを読む

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

4.3

あの伝説の【ペプシのドッキリCMが長編映画化‼️】


幼い時のトラウマを抱えたぽっちゃり体型青年がストリートバスケ界で起死回生を狙う、という【設定から予想できる展開通りに進む】安心コメディ。

彼と
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.7

どうやらよく似た別の人が演じている映画らしいのですが…【QUEEN、そこに居ました‼️】
ニセモノだってのが嘘だと思うくらい、マジでQUEEN居ました…居たもん…

(´-`).。oO(トトロ居たもん
>>続きを読む

きらきら眼鏡(2018年製作の映画)

3.9

ある意味【ハリーポッターを超える史上最強のファンタジー映画】でした。


私たちの日常の中にはとても大量の「当たり前」が存在しています。
息を吸うこと、
日が昇ること、
電車が来ること、
学校へ行くこ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.7

【ハリウッド版:ど根性ガエル】

"とにかく一番大事なことは何?"


怪物ヴェノムの真髄をその形状、変形ぶり、動きによって表現すること…
映画の主人公に持ってくるにあたり、なによりもそれがクリアでき
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.2

観ている間は素晴らしい高揚感でしたが、観終えたいま、この心に残る苦味はナニ⁉︎😨

高校生による【カンニング:スパイムービー】が題材とのことでコメディ方向に流れるのかと思いきや、実はめっちゃ辛口で痛切
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.9

【search】
①捜索する
②検索する


父親が娘の行方不明の真相を追う謎解きサスペンス…
もうそれだけでスコア3.0以上は保証されています(当社比です)。
それ且つ、その謎解きをネットですること
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.0

君は君らしく生きていく自由があるんだ、大人たちに支配されるな
〜鮎喰 響〜


飛び道具ともいえる【平手友梨奈の存在感】に救われた感じが強い映画でした。

恐れをしらない傍若無人な響ちゃんのキャラは、
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

4.1

違う…
このシリーズってそういう楽しさじゃなかった…ハズ…


前作の構成を踏襲しながら、しっかり続編としての確立させた2作目のハードルは、さすがに高かったのでしょうね⁉︎
いきなり趣向が違うトンデモ
>>続きを読む

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

4.4

主人公は【厨二病真っ盛り】な少女バーバラちゃん。
家族にも心を開かず自分の殻に閉じこもる彼女。
いつか必ず巨人が町に襲来すると信じており、それを止められるのは自分だけであると、今日も学校をサボって防衛
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

-

幼い頃に【1番ニガテなディズニー映画が不思議の国のアリス】でした。
このアンダーザシルバーレイクを、過去の何のお話に1番似ているのか?
と考えた時に、私はアリスが最初に頭に浮かんできたのです。

また
>>続きを読む

ジョーカー・ゲーム(2015年製作の映画)

4.1

【小〇旬さんのルパ〇3世よりも、よっぽどルパン〇世っぽい😳⁉️】
特に初任務に至るまでの訓練描写がカッコいいのですよ。


それは第二次世界大戦前夜の東南アジアを舞台に、機密文書を巡る各国スパイの戦い
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

5.0

【千と千尋の神隠し ハードモード】

ポスタービジュアルの暖かさに騙されてました。
キャラデザインや題名からイメージする内容とは異なり、大人も心揺さぶられる珠玉の一本でしたよ。


オトナには眼には見
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.8

前作から残った良い部分:無くなって代わりに入れたオモシロ要素
= 5:5
それを受け入れられるか否か。で評価が分かれるのかと…


ミニマム&シャープなヴィジランテ物としての一作目を超絶愛していた私
>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

4.7

散る椿は、残る花があるから美しく散ってゆくのだそうです…


平成最後の年に【黒澤明っぽい映画を撮ってみました】

黒澤明チームの撮影担当の木村監督と、助監督出身の小泉堯史がタッグを組み、日本の美しさ
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.5

なんなら言葉がまったく分からなくても楽しいこと、それが映画だ。
と思うのが私のレビューの基本的な判断基準です。
今作クワイエット・プレイスはそれを完全に満たしていました💯


目は見えないが音に反応し
>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

3.3

いったい誰の目線で、
誰と同じ気持ちになって、映画:悪の教典を観れば楽しめるのでしょうか?😓


今作に悪いところがあるとすれば、それは尺の都合により【個々のエピソードの取捨選択を間違えたこと】なんだ
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.5

この物語は信じられないほど力強く、また極めて深みのあるものです。

この映画の本質は【人間対自然】と【人間対人間】という要素が絡み合った複雑なストーリーなんでしょうね。
いままで吉田も、人類は世界を滅
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.9

SUNNYの2度目を観る仲間に勧められ…
【安室奈美恵さんの引退の日に】
近所の映画館でなく【横浜駅のムービルさんに】
意図して連れて来られた意味が、いまはよくわかりますw
気が効くなオマエ👍


>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

5.0

吉田恵輔監督の作る新作映画を観ることになった時、それは私にとって
【心に響くけれど、半端でなくニガい良薬を飲む覚悟】
で臨むことにしています。

そして今回も御多分に洩れず【修羅場が常時96%続く映画
>>続きを読む

ラ・シオタ駅への列車の到着(1895年製作の映画)

-

評価は付けません。
【世界初、お客からお金をとって上映した映画😲】

ただ、当時の方々がどれだけ驚いたか⁉︎
ホントにわかります。この衝撃。
腰が抜けて歩けなくなる人がいたらしいのも納得。
一体どうや
>>続きを読む

トロン:レガシー(2010年製作の映画)

3.1

例えて申し上げるならば…

今は引退したラーメン🍜業界の伝説の巨匠(のお弟子さん)が、私のために思考を凝らして新作を作ってくださった場合なんてのはどうですか?


出てきたラーメンは驚くほどに美しく、
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

4.7

サメ🦈映画と、中国資本映画と、
【ステイサムを混ぜて、その最大公約数を出してみたらスコア4.7なMEGザ・モンスター】が算出されました。
ウソじゃありません。
ちゃんと電卓で計算してみてくださいよ。
>>続きを読む

七人の侍(1954年製作の映画)

-

今までどう感想を記そうか、迷っているうちに2018年の秋になってしまいましたよ。
それは世界中の視点で【ヒーローチーム映画のルーツ】であり、今で言う【複数メンバーのキャラ立ちが完璧な映画】だと思うので
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.8

日本人タレントが言う【徹子の部屋に出させてもらえたら一人前】と似たような意味で…
ティルダスウィントン曰く、ハリウッドに手型を残す他に【marvel作品に関われたら、役者冥利に尽きるほど光栄】らしいん
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

5.0

いや、良かった映画で。
もしも先に小説版でこの話を読んだら【話の途中で綴じ目から引き裂いて、障子にブン投げてましたよ】

個人的な偏見ですかね?
能面のように棒読みを続ける東出昌大さんと、ソニ〜損保♬
>>続きを読む

>|