MOCOさんの映画レビュー・感想・評価

MOCO

MOCO

映画(207)
ドラマ(0)
アニメ(0)

チ・ン・ピ・ラ(1984年製作の映画)

3.5

「夏だったなぁ、蒸し暑くてシャツ一枚で昼寝してたんだ。
なんか人が触っている気配がして目を覚ましたんだ。
 そしたらお袋がシャツめくってるじゃないビックリしてさ『何すんだよ息子の裸見てえのかよ、や
>>続きを読む

(1990年製作の映画)

5.0

「出てくんじゃありませんよ。
日が射すのに雨が降る、こんな日にはきっと狐の嫁入りがあるのよ。
 狐はね、それを見られるのをとても嫌がるの。
 見たりすると怖いことになりますよ」


 先日、娘と孫
>>続きを読む

トレンチコートの女(1985年製作の映画)

4.0

「初めからあなたは少しも真剣に考えたことはなかったのね。
 デカがどんなけ嫌な人種か」
「それはいつも考えてる事だ」


 雪の朝、駅のプラットホームに一人の男の死体が発見されます。名刺から犠
>>続きを読む

ブラザー・ハート(2004年製作の映画)

2.0

「お前の命をもらう。だが今じゃない。今晩でもない。
 お前を簡単には殺さない。
来週か来月か、楽しみに待っていろ。
 覚えていろ、ある日ある晩俺は来る」


 末端の中毒患者に薬を売り、日銭を稼ぐデイ
>>続きを読む

ザ・ディープ(1977年製作の映画)

3.0

「仮に何百年も間をおいて同じところで嵐が2つあったとする。同じ条件で2隻の船が沈んだとしたら、2隻とも同じ岩礁に流れ着かんかな?」


 ニューヨークからバミューダにスキューバダイビングにやってき
>>続きを読む

夜叉ヶ池 4Kデジタルリマスター版(1979年製作の映画)

4.5

「いぱらの道はおぶって通る、冥土で待てよ。
 ・・・
 山澤、僕はこの鐘を撞くまいと思う。どうだ」
「うん、撞くな、百合さんのために撞くな」

 言い伝えを信じない愚かな村人が言い伝えをないが
>>続きを読む

スピード・レーサー(2008年製作の映画)

3.0

「車はな、ただの鉄じゃない
生き物なんだ。
 彼女(車)が何を欲しているか
よく聞くんだ。
目を閉じて聞いてみろ」

 幼かった頃、白いパンツの足の長い少年・三船 剛を主人公にしたタツノコプロによる『
>>続きを読む

僕の彼女はサイボーグ(2008年製作の映画)

4.5

『「愛している」って言えないなら「私の心を感じる、感じることが出来る」って言ってくれたらいいのに・・・』


『猟奇的な彼女 (2001年) 』『ラブストーリー (2003年) 』『僕の彼女を
>>続きを読む

夜の勲章(1963年製作の映画)

3.5

「まだ遺産は手をつけていない、犯人はなにかを企んでいるのだ」
「麻薬は麻薬ルートにばかりあるもんじゃない。俺(元刑事・岩井)達も混同することがあった」
「麻薬ルートにない麻薬・・・」

 
>>続きを読む

ベスト・キッド(1984年製作の映画)

2.5

「あいつ(ジョニー)等に会うたびにむこうの方が上だと思わなきゃならないんだ、それじゃバランスは保てないよ。あいつ等とも、アリ(彼女)とも、

自分自身とも・・・」


 母親とカリフォルニアに引っ
>>続きを読む

真夜中の刑事/PYTHON357(1976年製作の映画)

4.5

「好きな人ができた
彼に夢中なの、彼を愛してる。

 私たちに部屋を借りてくれる?
・・・
 絶対に反対しないのね・・・」


 オルレアン警察の定年間近のガネイ署長(フランソワ・ペリエ)には若い
>>続きを読む

アサインメント(1997年製作の映画)

3.5

「カルロスは最悪の敵だ。
この10年間必死で奴を追いかけているがいまだに手掛かりもない。
 奴を捕まえられるのはこの世でたった一人の男しかいない」

「それがこの俺だと?答えは『ノー』だ、あん
>>続きを読む

ザ・フォッグ(1980年製作の映画)

3.5

「もし死者を甦らせるなら壁の中に隠されている財産以外はブレイクに返す。
 私の共犯者は押収した財産が盗まれたと信じているが私が盗人だ」

 小さな港町「アントニオ・ベイ」が、誕生100周年のイベン
>>続きを読む

白雪姫(1937年製作の映画)

3.5

「かがみよ かがみ、だれがいちばん きれい」
『あなたも きれいだが、
白雪姫は、もっときれい』
(グリム童話の絵本より)


 ヒーロー・ヒロインに新たな性格付けを行ったり、メインではないキ
>>続きを読む

ポセイドン・アドベンチャー(1972年製作の映画)

4.0

「牧師は正しかった。
あの頑固野郎は正しかった」


 地震による津波に飲み込まれ転覆したポセイドン号から脱出を図る話。

最近は悪役が多いのですが「俺たちに明日はない」で評価され「フレンチ・
>>続きを読む

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主(2013年製作の映画)

4.0

「心配ないよ、君がこれから行くのは魂の家で、優しさと驚きがあふれている所だ。
 かわいそうに、短い人生だったね」

 原作者ディーン・クーンツの初期のホラー作品はスティーブン・キングと比較されるほ
>>続きを読む

シンプル・プラン(1998年製作の映画)

3.5

「俺は自首するよ。
もうおしまいだ。あの金さえなければ・・・。
 俺は疲れた。もういいんだ、未練はない、怖くなんかない。
 これでいいんだ、一生責めさいなまれて暮らすなど俺には無理だ、だからひとお
>>続きを読む

続・星の国から来た仲間(1978年製作の映画)

1.5

「もし、真面目に学校へ行けばティア達みたいに頭良くなる?」
「もっとよくなると思うわ」

 2009年の『ウィッチマウンテン/地図から消された山』のリメイク元の映画『星の国から来た仲間』(19
>>続きを読む

星の国から来た仲間(1975年製作の映画)

2.0

「そうだ、先の話だがな、
今後君たちのことを思い出すときに俺の子と思っていいか?」

 2009年制作の『ウィッチマウンテン/地図から消された山』のリメイク元の映画です。
 1975年に公開され、
>>続きを読む

グラスハウス(2001年製作の映画)

3.0

「父を愛したならば父が殺害されたその仇を討て、最も残虐非道のただならぬ殺害だ」

 女子高生のルビー(リリー・ソビエスキー)はある夜、結婚記念日で食事に出掛けた両親(ベイカー夫婦)を交通事故で
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

4.0

「ゴジラは敵じゃない
敵はあっち
・・・私を信じて」

 待ちわびたゴジラにいったい何を期待していたのだろう。
 何の情報も入れずに、ただただゴジラと引き分けて海を渡って髑髏島へ帰っていくコングの
>>続きを読む

たたり(1963年製作の映画)

3.5

「何かいる」
「見えないわ」
「感じない?」
「寒いけど」
「動いているわ」
「風か何かよ・・・
 じゃ誰? 何?」
「家よ 生きている」
「あなた(エレノア)よ
 家
>>続きを読む

グースバンプス モンスターと秘密の書(2015年製作の映画)

4.0

「子供の頃の私はアレルギーがひどく家にばかりいた。
 近所の子達は私の家に石を投げ私にひどいあだ名を付けた。だから自分だけの友達を創った、怪物たちだ。
 悪魔やゾンビがでてくる物語を書いては彼等に
>>続きを読む

F2グランプリ(1984年製作の映画)

3.5

「行ってきたら?」
「鈴鹿?」
「迷っているんでしょ?
私ね、あの人(宇佐美)に死なれてひとつだけ後悔してることがあるの、あの時レースを見に行っていたらって・・・
今になってそう思う。
>>続きを読む

アンダーラップ ミイラのトモダチ(2017年製作の映画)

5.0

『このアミュレットにより使者は甦りその後三日間生きながらえ、三日目の深夜までに棺に戻らなければすぐに消え行く運命となるであろう。それも永久に』

 ホラー好きの中学生のマーシャルと怖がりのギルバー
>>続きを読む

サムライの子(1963年製作の映画)

3.5

「あんた達、こったらとこ(部落)見てもびっくりしねぇの」
「しねぇ!なぁ、吉田んちも俺んちもまんずこれと、どっこいどっこいだもんな」


「サムライ」と言っても武士の侍ではありません。「サム
>>続きを読む

日本沈没(1973年製作の映画)

3.5

「私は日本国政府の最高責任者として、いま我々の国が未曾有の危機に直面しているということをお知らせしなくてはなりません。ごく近い将来において日本列島を中心とした大きな地殻変動が起こり、日本国土はその>>続きを読む

野性の証明(1978年製作の映画)

-

「お父さん、怖いよ。何か来るよ。大勢でお父さんを殺しに来るよ」

 岩手県下閉伊郡柿の木村で、僅か5世帯13人の住人全員が斧で惨殺される事件が起きます。
 当初13人の村人が被害者と思われたのです
>>続きを読む

不法侵入(1992年製作の映画)

3.5

「あいつは僕に銃を突きつけたんだぞ。その時しきりに君のことを言っていた。
 あいつは君と愛し合っていると思い込んでいる。あいつにそう思い込ませるようなことを言ったんだろ・・・」

 最初にロス市警
>>続きを読む

失踪(1993年製作の映画)

3.5

「彼女はもういないのよ、その事実を受け入れなきゃ」
「今ダイアンがいても、僕は君にプロポーズする。愛しているのは君だ。
 でも、もし出来る事なら3年前に戻って彼女に何が起きたかつきとめたい」
>>続きを読む

ジェニファー8(エイト)(1992年製作の映画)

3.5

「もう暗い?」
「いや 夕焼けで赤く染まってる」
「赤は覚えている・・・」

 ジョン(アンディ・ガルシア )はある殺人事件の捜査で、14才の時に交通事故で両親と視力を失ったヘレナ( ユマ
>>続きを読む

キャノンボール 新しき挑戦者たち(1989年製作の映画)

2.5

「チャーリー、あなたは本当に優しいのね」
「そう言う君は特別な存在だ。
君が大スターになっても会ってくれる?」
「もちろんよ。
お高くはならないわ」

 バート・レイノルズ 、ドム・デルイ
>>続きを読む

トワイライトゾーン/超次元の体験(1983年製作の映画)

4.0

「本当に怖いものを見たいか?」

 深夜、『♪ミッドナイトスペシャル』をカーステレオで聴きながら車を走らせる2人の男。突然カセットテープのテープが巻き込まれ、カーラジオも壊れていたために娯楽を奪
>>続きを読む

未知との遭遇(1977年製作の映画)

4.5

「互いに面識のない彼らが共通の幻影(デビルズ・タワー)を持っている・・・。彼らは選ばれた人間なのだ・・・」

 ニュージャージーに住んでいた男の子は5才(あるいは6才)のある日の真夜中、父親に「い
>>続きを読む

フォーエヴァー・ヤング/時を越えた告白(1992年製作の映画)

2.0

「僕(ダニエル)が間違っていた、アリスに打ち明けろ。
 アリスに会って君(ナット)の気持ちを隠さずに全部ぶつけるんだよ。心を開いて言うんだ」

 1939年、アメリカ陸軍航空隊のテストパイロット、
>>続きを読む

吸血髑髏船(1968年製作の映画)

2.0

「お姉さん達の倖せを奪ったのはあなただったのね」


「きっこさん、この後岡田さんに服を破られ胸が露になるシーンです」(監督)
「そんな話聞いていないです!絶対に嫌です!」(きっこ)
>>続きを読む

>|